ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【露出】運とタイミング 【告白体験談】


カテゴリー:露出の告白体験談
tag:


投稿者:恭子◆vA7figsdCM



GWの前半が4連休になったので、帰省してきました。

もちろん、実家で家族とのんびりすごすのが目的なのですが・・・

でも近頃では、帰省することにもうひとつの楽しみを見出してしまっている自分がいます。



私には、他人には言えない自分だけの秘密があります。

誰かに覗かれながら、人知れずに恥ずかしい感情に身を焦がす・・・

その快感に包まれるときの興奮の味を知っているのです。



私は、東京に住んでいます。

でも東京は、どこでも人が多すぎて・・・

なかなかそういうチャンスをみつけることができません。

ずるいけど・・・リスクを冒す勇気はないのです。

いつからか、そういうシチュエーションを探すことが実家に帰省するときの目的のひとつになりつつありました。






実家に戻ったその翌日には、もう『その場所』に行くつもりでいました。

ずっと心の中にあったのです。

昨年の夏に訪れた渓流沿いの露天温泉・・・

私はあのときの出来事をずっと忘れられずにいました。

1月にも帰省したのですが、そのときは雪道を運転していく自信がなくて、行くのを諦めてしまったのです。



ひととおり荷物を準備した私は、実家の車を借りて出発していました。

まだ午前中の早い時間です。

目的地は隣県ですし、遠いですからぐずぐずしていられません。

春のうららかな陽射しの中、穏やかな気分で運転していました。

天気も良くて、絶好の温泉日和です。

ドライブ自体が楽しい感じでした。



道も完璧に憶えています。

いちどコンビニに寄ったぐらいで、休憩をはさむこともなく運転を続けていました。



山道のカーブをくねくね走ります。

あるキャンプ場の近くを通過しました。

ようやく目的地が近づいてきます。

国道の途中から、目立たないわき道へと入っていきました。

車を走らせながら、懐かしさがよみがえってきます。

この辺りは、私にとっていろいろと思い出深い場所でした。

ハンドルを切って、目的地の温泉へと進んでいきます。



舗装されていない山道を走らせていくと、古びた温泉旅館が見えてきます。

1軒・・・2軒・・・

いくつかの旅館の前を通りすぎて、道路わきの駐車場に車を入れました。



(着いた。。。)

荷物をまとめました。

スポーツサンダルに履き替えます。

(なつかしい)

前回来たときから、まだ1年も経っていないのに・・・

なんだか大昔のことのように感じます。

GWだというのに、相変わらず人の気配のない鄙びた温泉地でした。

トートバッグを持って車から降り立ちます。



陽射しは暖かだけど、空気はまだ冷たい・・・

そんな陽気でした。

目指す公共(?)露天風呂へと続く歩道は、この駐車場の奥にあります。

すでに誰かの白い車が1台停まっていました。

それは、『たぶん先客がいる』ということを意味しています。



頭の中でイメージを思い浮かべていました。

私は、いわゆる変態さん(?)のように大っぴらに見せつけたいのではありません。

むしろ、相手にそういう女だと思われるのは絶対に嫌でした。

この顔・・・細身のこのスタイル・・・

外見の容姿にだけは、多少なりとも自信のある私です。

男の人にこっそりと覗かれる被害者のふりをして・・・

人知れず、心の中で恥ずかしさを味わいたいのです。



山の清々しい空気を思いっきり吸い込みました。

そして大きく口から吐きます。

緊張しそうになっている自分を奮い立たせました。

(よしっ)

期待に胸を膨らませながら、森の歩道へと足を向けたとき・・・



(あっ?)

ちょうどその歩道から、戻って来た人たちが現れました。

大学生ぐらいに見えるカップルです。



お互いになんとなく、

「こんにちは」

「こんにちは」

軽く挨拶を交わしてすれ違います。



私は振り返っていました。

すれ違ったふたりの背中に声をかけます。

「あの・・・○○湯って、こっちで合ってますか?」

初めてここに来たふうを装って、歩道を指さしました。

「そうですよ」

男の子のほうが、笑顔で答えてくれます。

仲のよさそうなカップルでした。

私が、

「混んでました?」

にこやかに聞くと、

「いや、僕たちだけでしたから・・・もう誰もいないと思いますよ」

親切に教えてくれます。



ふたりにお礼を言って、小道に入りました。

そしてすぐに立ち止まります。

その場で、耳を澄ませていました。



しばらくしてエンジン音が響いてきます。

車が走り去っていくのが聞こえました。

もういちど駐車場を確認します。

さっきの白い1台はいなくなっていました。

私の車だけが、ぽつんと取り残されています。



(やっぱり、あのカップルの車だったんだ)

ちょっとだけ複雑な心境でした。

いま露天風呂まで行っても私だけですから、望むようなチャンスはないということです。

でも、それもある程度は想定していたことでした。

もともと私も、それなりに長期戦(?)の覚悟は持って来ています。

そのために、早い時間から家を出発したのですから。



森の歩道を、ひとり歩いていきます。

片側は崖のように切り立っていました。

下を覗きこむと、木々のあいだに川の流れが見えています。

(なつかしいなぁ)

近づくにつれ、どんどんテンションがあがってくる自分を感じました。

そのうち、朽ちた表示板が見えてきます。

『○○湯→』

歩道の横から、下へと降りていく階段道が伸びていました。



崖をまわりこむように下っていく、急こう配の階段道です。

足元に注意しながら、一歩一歩足を進めていきます。

開けた視界の下に、男湯の岩風呂が見えてきました。

誰もいない無人の岩風呂を、上からひととおり見渡します。

そして、いちばん下まで降りきりました。



渓流沿いに設けられた、細長い露天温泉です。

女湯に行くためには、男湯のスペースの中を通っていくかたちになります。

いちばん奥の木戸が女湯の入り口でした。

男湯の中を突っ切るように、そちらへと歩いていきます。

「ガタッ」

木戸を開けて、石垣を折り返します。

懐かしい露天の女湯が、私を待ち受けていました。

(ああ。。。)

何もかもが以前と同じです。



無人の岩風呂を前にして、私はスカートを下ろしました。

乾いた小岩の上に、脱いだ服を次々に重ねていきます。

(いい気持ち)

大自然の中で一糸まとわぬ姿になることの開放感がありました。

全裸になった私は・・・

手おけでかけ湯をしてから、湯だまりに入りました。



(ふーっ)

熱いお湯が、何時間も運転してきた私のからだを癒してくれます。

(気持ちいい。。。)

こちら側の女湯のお風呂は、湯船というほどの立派なものではありません。

狭いスペースの真ん中に、小さな湯だまりがあるだけです。

それでも、私は格別な思いでした。

またここに戻ってきたのです。

この、恥ずかしい記憶でいっぱいの場所に。



お湯につかりながら、ひとりチャンスを待ちました。

けっこう熱いお湯なので、長湯はできません。

ときどき湯だまりから出ては、

左右に立てられた目隠しのすだれ・・・

露天スペースのはじっこの、コンクリート部分・・・

懐かしさ半分で、周りを眺めていました。

このはじっこのコンクリートの側面は、そのまま護岸(?)のようになっています。

高さは1m半ぐらいでしょうか。

身を乗り出して、下を見てみました。

護岸に沿って、川べりの土台(?)が男湯まで繋がっています。

(懐かしいな)

この『すだれ』の隙間から見知らぬおじさんに覗かれたときのことを、昨日のことのように思い出していました。



トートの中には、あのとき使ったデジカメも持ってきています。

同じようなシチュエーションで、またあの興奮をまた味わえれば最高でした。

今日も、上手くいくでしょうか。

期待に胸がふくらみます。

(誰にも迷惑かけるわけじゃない)

その思いが、私を穏やかな気持ちでいさせてくれました。

いけないことをしようと目論んでいるのに、罪悪感はありません。

むしろ、

(覗くことになる男の人は喜ぶんだろうな)

(はだかの私を目にできて、どきどきするんだろうな。。。)

まだ見も知らぬ相手の心情を想像して、わくわくしていました。



数分おきに入口の木戸から男湯の様子を窺ってみますが・・・

誰かが訪れてくる気配は一向にありません。



(ふうー)

それにしても、いい景色です。

目の前を流れている川の水は、透明に澄み切っています。

(冷たそう)

護岸の下に降りる気にはなれませんが、眺めているぶんには最高でした。

ときどき吹いてくるそよ風は、まだ幾分か冷気を含んでいますが・・・

のぼせたからだには、それも清々しいぐらいです。



(いいなぁ、ここの温泉は)

私のよこしまな気持ちは別にしても、ここは本当に秘湯という気がします。

こうしてお湯につかっていると、日頃の嫌なことなどすべて忘れてしまいそうでした。

お湯から出るたびに、木戸に近寄って男湯の様子を覗いてみます。

もう30分以上、そんなことを繰り返していました。

すでに11時をまわっているはずですが・・・

いくら待っていても、山奥のこの露天温泉を訪ねてくる人は誰もいません。

待ちぼうけの気分でいろいろ考えていました。

(時間が早すぎた?)

(さすがに、ここはマイナーすぎる?)

地元の人が来るとすれば、やはり午後でしょうか。



だんだんと緊張感を失っていました。

経験上、私にはわかっていることがあります。

こういうことの『タイミング』というのは、自分でどうにかできるものではありません。

いくら自分がその気になっても、『運』がなければそれまでなのです。



考えてみれば、こんなにいい温泉で『貸切』の状態でした。

(これほどの自然の中で、わたしひとりだけ)

しかも全裸でいるのです。

(期待してきたのとは違うけど)

ひとりで何をしようと、誰にも邪魔されることはありません。



一度そんなふうに思うと、もう魔法にかかったようなものでした。

いたずら心(?)が出てきます。

(だいじょうぶ)

(誰もいない)



こういうサイトに、こうやって体験談を投稿するぐらいですから・・・

私のことを蓮っ葉な女だと思っている方も多いかもしれません。

でも、私・・・普段は本当にまともな生活をしてるんです。

実際に私のことを知る人は・・・

私に対して、たぶん真面目で控えめなイメージしか持っていないことでしょう。



スポーツサンダルを履きました。

だいじょうぶ・・・

(誰もいないときぐらい。。。)

他人から思われている自分のイメージを裏切ってやりたくなります。

(私だって本当は。。。)

羽目をはずすことだってできるんだから・・・

もういちど、周りに誰もいないことを確認します。



岩場に手をかけました。

足場を確かめながら・・・

はだかのまま、ひょいひょいと2mぐらいよじ登ってみます。

そして振り返ってみました。

大した高さではないのに、見える景色が全然ちがうような感じがします。



足場に踏ん張った両脚が全開でした。

真っ裸のまま、右手を股のあいだに持っていきます。

(私だって)

大切な部分をなぞりました。

外見は、どこからどう見たって『おしとやか』なはずの私・・・

あそこを触りながら、恥じらいもなくお尻をくねらせてみせます。

(この私の、こんな姿・・・)

もし会社の男性たちが覗き見たなら、きっと衝撃を受けることでしょう。

(どう?・・・どう?・・わたしのこの格好・・・)

指先をクリにあてがいました。

彼らの顔を思い浮かべながら、オナニーの真似事をしてみせます。



見下ろせば、清流のせせらぎ・・・

ときどき森の木々が風にざわめいています。

(私ひとりしか、いない。。。)

理性という束縛から意識がかけ離れていく感覚を、爽快にすら感じていました。

頭のどこかでは、

(この感覚、あぶない)

そう理解していながらも、

(少しだけなら)

無意識に気持ちが大きくなっていきます。



(どうせ誰も見てない。。。)

もっと何か、大胆に振る舞ってみたくなりました。

怪我しないように気をつけながら、そっと岩場から降ります。



木戸のところに行きました。

男湯の様子を窺います。

・・・相変わらず、誰もいません。

「ガタッ」

戸を開けました。

男湯に足を踏み入れます。

どきどきどき・・・

その瞬間から、心臓が爆発しそうに鼓動していました。

身につけているのは、足に履いているサンダルだけ・・・

もうここは男湯のスペースです。

(誰か来たら・・・いま誰か来たら・・・)

どうせ来るわけないとわかっていても、重圧に息が苦しくなってきます。



まるで、モデルがランウェイウォークするみたいに・・・

気取った足取りで、ずんずん歩いていきます。

階段道の下まで歩き切った私は・・・

澄ました顔のまま、真っ裸でポーズしてみせました。

くるっとターンして、もと来たほうへと戻っていきます。



(だめ)

すごい緊張感でした。

振り返りながら、後ろの階段道を見上げます。

(もうだめ)

とても平常心を保てません。

いま、もしあそこから人が降りてきたら・・・

そう思うと、いてもたってもいられなくなります。

(もうだめ、もうだめ)

最後は駆け出していました。

木戸をくぐって、女湯に逃げ込みます。



どきどきどきどき・・・

思わずその場にしゃがみこみます。

「はあ、はあ、はあ、」

どきどきどきどき・・・

自分の胸を押さえていました。

鼻で呼吸ができなくなるほどの『はらはら感』に、興奮を抑えられません。

(もういちど)

鼓動が落ち着いてくるのを、じっと待ちます。

(もういちどだけ)



立ち上がりました。

木戸の隙間から、男湯の向こう・・・階段道に人の姿がないことを確かめます。

どうしてこんなことにわくわくしているのか、自分でもわかりませんでした。

この『はらはら感』への欲求を絶ち切ることができません。

さっきまでは、あれほど『早く誰か来ないかな』と待ち望んでいた私だったのに・・・

今度は、

(お願い、誰も来ないで)

そう願っている私がいます。



再び、男湯へと踏み入りました。

誰もいない男湯で、私だけのファッションショーです。

昔テレビで観たコレクションの様子を思い出しながら・・・

そのモデル気分になりきって、まっすぐに歩いていきます。

(私が着てるのは透明のドレス。。。)

世界中が注目しています。

誰もいない観客たちの前でポーズをとりました。

ありもしないフラッシュの嵐を想像しながら、全裸のままターンしてみせます。



こんな場所で、こんなことしてる私・・・



誰が見たって『馬鹿』そのものですが、それが楽しくてなりません。

プレッシャーに心臓が破裂しそうになりながらも、すっかり昂ぶっていました。

階段道を見上げますが、そこに人の姿はありません。

(いまのうち。。。)

今度は、あそこから颯爽と降りてくる自分を想像します。

(誰もいない今のうちに)



崖沿いの階段道を駆け上がっていました。

(自分がこんなにも大胆になれている)

そのこと自体に興奮してきます。

こんなの、本当の私じゃありません。

誰にも知られてはいけない馬鹿な私になれています。

異様に高揚しながら、

「はあ、はあ、はあ」

もう崖を半分近くまで上がってきていました。

見下ろせば、男湯スペースが一望できるところまで来ています。

(私いま、ここにいる!)

心の中で、叫びたい気分でした。

(こんな格好で、ここにいるよ!)

パンツもはかずに全裸でここまで来たことの興奮が、私を昂ぶらせます。



急こう配の階段道を、

「はあ、はあ、はあ」

さらに上がっていきます。

ここまで来たら・・・

「はあ、はあ、はあ」

森の歩道が見えるところまで行ってみるつもりでした。

あの朽ちた表示板の前で・・・

大胆にポージングしてみせる自分の姿を想像してしまいます。

「はあ、はあ、はあ」

(もうすぐだ)

あと少しで、森の歩道に出ることができる・・・

最後の数段を駆け上がろうとした、その瞬間・・・



「あれ看板か?」

「なんか、すげーな」



(うそ!!!)

耳に飛び込んできた男性の声に、心臓が飛び出しそうになりました。



頭の中が真っ白になりかけて・・・

(えっ?えっ?・・えっ?)

次の瞬間には、もと来た階段道を駆け下りていました。

(うそうそうそ)

人が来てる・・・それもひとりじゃありません。

(そんな・・・そんな・・・)

まさに鉢合わせする『寸前』のところでした。

必死に階段道を駆け下りますが、

(だめだ!・・・もうだめ)

どう考えたって、女湯まで間に合うはずがありません。

(みつかっちゃう)

パニックになりすぎて、足がもつれそうでした。

(間に合わない!)



もう選択肢がありません。

とっさの判断でした。

崖沿いの階段道・・・

まわりこみながら下りる唯一の大岩・・・

その岩の陰にしゃがみこんでいました。



なるべくからだを小さくして、縮こまります。

「はあ、はあ、はあ」

あまりの出来事に、恐怖で背中が攣りそうでした。

もしあと10秒タイミングがずれていたら・・・

私は全裸であの人たちの前に飛び出していたに違いありません。

「はあ、はあ、は・・」

荒くなった呼吸を無理やり押し殺します。



「わー、すげーな」

「かしきりやんかー」



恐怖という以外の言葉がみつかりませんでした。

生きた心地がしないとは、このことです。

全裸の私がうずくまる岩のすぐ横を、男の人がひとり・・・

「はやく行こーぜ」

そしてもうひとり・・・

「景色いいわー」

それこそ手を伸ばせば届きそうな距離で、通り過ぎていきます。

本当に、『ひょい』とこっちの岩陰を覗きこまれればアウトな近さでした。

(お願い。。。お願い。。。)

あまりの恐怖に、腰ががくがく震えてきます。

(お願い。。。ほんとうにお願い。。。)



彼らは、眼下に開けた露天の景色に目を奪われているようでした。

うずくまっている私に気づくことなく、そのまま階段道を下りていきます。



私は、震えながら息をひそめていました。

本当に紙一重のところだったとしか表現のしようがありません。

下っていくふたりの後ろ姿を見送りながら・・・

もう、ほとんど腰が抜けたような状態です。

ここに本当のことを書こうかどうか迷いましたが、書きます。

私はしゃがみこんだまま、

「じょ・・・じょわっ・・・」

失禁していました。

本当に怖かったのです。

自分の意思とは関係なく、

「じゃー、じょわー」

おしっこを漏らしていました。



からだに力が入りません。

しばらくそのまま放心していました。

ふたりが男湯に降り立つ様子が見えています。

彼らは学生でしょうか。

20歳すぎぐらいの印象でした。

何を話しているのかまでは遠くて聞き取れませんが・・・

あっという間に服を脱いで、楽しそうにお湯につかっています。



(馬鹿だ)

涙がぼろぼろあふれてきます。

私はなんてことをしてしまったのか・・・

とりあえず、みつからなかったのは良かったものの、

(こんな格好で)

これではもう、身動きもとれません。

(馬鹿すぎる)



現実を突きつけられたまま、途方にくれていました。

どうすればいいのか自分でもわかりません。

生涯、これほどのピンチに陥ったことがあったでしょうか。

(もう二度としない)

(もう一生、羽目をはずしたりしないから)

だから助けて。

さっきまでの、浮かれていた自分が恨めしくてなりません。



とにかく、もしみつかったら取り返しがつきません。

このままここに隠れているしかありませんでした。

彼らが帰るまでじっと待って、やり過ごすほかありません。



岩場の陰にうずくまったまま・・・

男の子たちが温泉を満喫しているのを、じっと眺めていました。

自分で漏らしたおしっこのにおいが立ち込めています。

みじめでした。

からだも冷えて、だんだん震えてきます。

こうしているうちにも、

(もし他にも次々に人が来てしまったら・・・)

どんどんそんな不安が募ってきました。



(早く帰って)

いったいどのぐらいの時間、そうやっていたでしょうか。

不安と心細さに泣きそうになりながら、寒さに震えていました。

(早く、いなくなって)

(お願い、帰って)

それなのに・・・



湯船から出たひとりが、よたよたと奥のほうへと歩いていきます。

私は、はらはらしながらその様子を眺めていました。

悪い予感がしてきます。



『茶髪』のその男の子は、女湯への木戸に顔をくっつけていました。

向こう側を覗こうとしているのがわかります。

後ろを振り返って、

「・・〇△×・・・□×△・・」

もうひとりの『おデブ』な男の子に何か言っているようでした。

いま女湯には誰もいないのに・・・

彼らはそれを知りません。

『おデブ』も、木戸の周りに近づいていきます。



ふたりとも、なんとかして中を覗こうとしています。

私にはわかっていました。

木戸のすぐ向こう側には、石垣のような部分があります。

ですから、あの位置から覗いたところで中の女湯が見えるわけではありません。



心の中で、不安の黒い雲がどんどん広がっていきます。

さっきの悪い予感が的中しようとしているのを感じていました。



(ああ、やめて)

『茶髪』が、そっと木戸を開けています。

そして、ひとり女湯に忍びこんでいくのが見えました。

(まずい)

(まずいよ)



中には誰もいません。

彼らも、それがわかったのでしょう。

『茶髪』に招き寄せられたように・・・

『おデブ』も木戸の中へと入っていきます。

(だめ、だめ、)

(どうしよう)

上から眺めながら、もう死にそうに絶望的な気持ちでした。

私のトートバッグ・・・お財布、車のキー、脱いだ服・・・

ぜんぶあそこに置きっぱなしです。

もし、持っていかれてしまったら・・・



思わず岩陰から飛び出していました。

いまこの瞬間を逃せば・・・

(本当に取り返しがつかなくなる)

階段道を、死にもの狂いで駆け下ります。

(まだ・・・まだ出てこないで)

どきどきどき・・・

心臓が爆発しそうでした。

ふたりの姿は、まだ木戸の向こうに消えたままです。

(イヤぁお願い)

一気に階段道を下っていました。

(まだ出てこないで)

全裸のまま、男湯まで降り立ちます。

(お願い。。。お願い。。。)

そのまま横切るように突っ切りました。

どきどきどき・・・

はじっこのコンクリート部分に手をつきます。

からだを反転させながら、

(間に合った)

護岸の下に降りていました。



頭を低くして護岸の陰に隠れます。

「はあ、はあ、はあ、はあ・・・」

思わずしゃがみこんでいました。

完全に息が切れています。



なんとかみつからずに、ここまで来られました。

(なんとかなる)

光が見えてきた気がして、希望がわいてきます。

休んでいる暇はありませんでした。

荷物を漁られる前に、

(戻らないと)

護岸の下で頭を低くしたまま・・・

川べりの土台を、女湯へと這っていきます。



必死でした。

対岸は森です。

見ている人など、いるはずもありません。

そう自分に言い聞かせて、這いつくばるように川べりを伝っていきます。

(なんとかしないと)

言い訳を思い浮かべます。

どう振る舞えばいいのでしょう。

考えがまとまりません。



ついに、女湯のそばまで辿りつきました。

「はあ、はあ、は・・」

気配を殺して、耳を澄ませます。



「・・・やんか」

「おまえの・・□△○・・×・・」

彼らの声が聞こえてきています。



どきどきどき・・・

みつからないように、岩とすだれとの境目から・・・

そっと女湯の様子を窺いました。



(あっ。。。)

見たくない現実がそこにありました。

「・・・んやろか?」

「そんなはずねーじゃん」



『おデブ』が、私のトートの中を探っています。

(勝手にさわらないで!)

怒りたい気持ちをぐっとこらえます。

(あああ。。。)

『茶髪』の手には、私の下着がありました。

さっき脱いだ私のショーツを広げて、

(ばか!やめてよ)

内側をジロジロと眺めています。



やはり、ふたりとも大学生ぐらいの感じでした。

別に見たいわけではないですが・・・

ふたりの『おち○ちん』が、まる見えです。



(どうしよう)

信じがたい状況でした。

まさかの展開に、どんどん危機感を煽られます。

(どうしよう)

(どうしよう)

荷物だけあって、持ち主の姿がない・・・

彼らも、さすがに怪訝な顔をしていました。

きょろきょろと周りを見渡すその表情が、私を追い詰めます。



『茶髪』が、私のパンツを自分の『おち○ちん』にかぶせていました。

ぐるぐるなすりつけながら、おどけたように『おデブ』に見せつけています。

「はははは」

ふたりしてげらげら笑いながら・・・

『おデブ』は、私のストッキングを手に取っていました。

鼻に押し付けて、においを嗅いでいます。



(どうしよう。。。)



このまま荷物を持っていかれたら、もうおしまいです。

そう思うと、いてもたってもいられません。

(追い払うしかない)

とりあえず、私はもうここに戻ってきています。

あの子たちに、さっきまでの奇行(?)を知られたわけではありません。



覚悟を決めていました。

女湯にいま『忍び込んできている』のは、彼らのほうです。

私は、ちょっと涼みに護岸の下に降りていただけ・・・

そう考えれば、こっちに非はありません。

(だいじょうぶ)

(なんとかなる)

悪いのは向こうなんだから・・・



相手は私より年下です。

強気でいくしかないと思いました。



川べりの土台で身をかがめていた私は、

どきどきどき・・・

首だけを、そっと護岸の上まで出しました。

どきどきどき・・・

まだふたりとも私には気づいていません。



(やるしかない)

大きく息を吸って、

「ちょっとあんたたち!」

「人の荷物に何やってんのよ!」

いきなり怒鳴るように叱りつけました。



ふたりとも『びくっ』と固まって、こっちを向きました。

突然のことに仰天したようです。

呆然としたまま・・・

護岸の下から顔だけを出している私に、目を丸くしています。



「こっちは女湯でしょ!」

「なに入って来てんの!!」



私の剣幕に驚いた『おデブ』が、

「うわ」

慌てて木戸の向こうへと逃げていきます。



『茶髪』も、ばつの悪そうな表情を浮かべて・・・

何度も私のほうを振り返りながら、ようやく木戸の向こうへと帰っていきます。

「ガタタッ、ガタン」

戸を閉める音がしました。



岩場の向こう側から、ふたりの声が聞こえてきました。

「やっべぇ、あせったー」

「いるやんかー○△□・・・」

「あははは・・はは・・・は・・・・」

次第に声が遠ざかっていきます。



(よかった。。。)

その場にへたりこみそうになっている自分がいました。

(助かった)

ほっと胸をなでおろしながらも、もう立っているのがやっとです。

コンクリートに手をつきました。

冷え切ったからだが、もうガチガチです。

護岸のでっぱりに足を引っ掛けました。

勢いをつけて女湯に這い上がります。



「ざばっ」

そのまま、湯だまりに飛び込んでいました。

(熱い。。。)

お湯のぬくもりが全身にしみわたります。



(助かった)

なんとか戻って来られた今のこの状況が、まるで夢のようでした。

一時はどうなるものかと思いましたが、

(よかった。。。)

ほっとして、なんだか放心してしまいそうです。

(助かったんだ)

まさに、九死に一生を得たような気持ちでした。

もし途中でみつかりでもしたなら・・・

あのふたりの雰囲気からして、どうなっていたか想像もつきません。

そう思うと、安ど感を覚えずにいられませんでした。

同時に、

(馬鹿だった)

自己嫌悪の塊のようになっている私がいました。

『露出』だとか、『いけない自分にわくわく』だとか・・・

(くだらない)

そんなことに、うつつを抜かしていた私・・・

(もうしない)

(二度としない)

危ない橋を渡るのは、もう懲り懲りです。



お湯につかったまま、凍えたからだがほぐれてくるのを待ちました。

(本当によかった)

窮地を脱したという安心感と・・・

(危なかった)

いまだに抜けきらない絶望感の余韻・・・

相反する感情が半々で、くつろぐことなどできません。

(はやく帰りたい)

もう、その一心でした。



お湯の熱さに、おでこが汗ばんできました。

からだも温まっています。

(帰ろう)

もうここに来ることも、二度とないでしょう。

「ざば」

お湯からあがりました。

(はやく帰ろう)

トートの中からスポーツタオルを出します。

手早く全身を拭きました。



(ない・・・)

パンツとストッキングがありません。

さっき、あのまま彼らに持っていかれてしまったのです。

(もう、いい)

車に戻れば、念のため持ってきた予備の服がひととおりあります。

それに、あんなふうにいたずらされた下着なんて・・・

どうせ身につける気になんかなれません。



ブラをつけて、ニットを着ます。

下半身は・・・そのままスカートをはきました。

ひざ丈のフレアですが、

(だいじょうぶ)

とりあえず、中が見えることはありません。

早くこの場を去りたい・・・

それこそが最優先でした。



トートの中を確認します。

なくなったものもありません。

荷物は、ぜんぶ無事です。



多少のプレッシャーがありました。

帰るためには・・・

彼らがいる男湯スペースを通り抜けていかなければなりません。

「ふーっ」

深呼吸しました。

(だいじょうぶ)

私は悪くありません。

(悪くないんだから)

自分にそう言い聞かせて、

「ふーっ」

大きく息を吐きます。

「ガタッ」

木戸を開けました。



湯船につかっていたふたりが、同時に私のほうを見ました。

どちらとも目を合わせたくありません。

うつむいたまま男湯スペースに踏み出します。



ふたりが、何やら頷き合っているのが目に入ってしまいました。

その瞬間から嫌な予感しかしてきません。

『茶髪』が、湯船の中から立ち上がっています。

(関わりたくない)

(来ないで)

私は、もう帰りたいのです。

早足で男湯スペースを進みました。



こっちに近づいてきた『茶髪』が、

「あの・・・さっきは、すみませんでした」

殊勝な口ぶりで話しかけてきます。

私が無視しようとすると、

「ちゃんと謝らせてください」

行く手を阻むように、前に立ちふさがろうとしてきました。



「さっきは、本当にすみませんでした」

「もう、帰っちゃうんすか?」



神妙な顔つきで謝ってくる彼の『お○んちん』が、まる見えでした。

「ちょっと・・・」

私が困ったように目をそむけると・・・

湯船の中の『おデブ』が、向こうでニヤニヤしています。

無性に腹が立ちました。

要するに、私はからかわれているのです。

(こっちが女ひとりだからって)

人を馬鹿にしてると思いました。



(関わっちゃいけない)

「どいてください」

あくまでも無視しようとすると、

「そんな怒んないでくださいよぉ」

行こうとする前へ前へと『茶髪』が回りこんできて、

「怒った顔が、かわいすぎるんですけどぉ」

おちゃらけながら私を足留めさせようとします。



あからさまに『ムッ』としてみせる私に、

「待って待って」

「ごめん、パンツも返さなくっちゃあ」

まったく悪びれる様子がありません。

「てことはあれぇ?今は?」

その白々しい声のトーンに、内心『びくっ』としました。

ニヤニヤしながら、

「はいてないのぉ?」



このときの悔しさは、いまでも忘れることができません。

すべて一瞬のことでした。



『茶髪』の横をすり抜けようとしたときには・・・

(えっ)

もうスカートの裾をつかまれていました。

あっと思う間もなく、

「きゃ・・」

後ろから『バッ』とめくられてしまいます。



「きゃあっ!!」

慌てて前を押さえました。

必死にスカートを直そうとしますが、

「きゃっ」

どさくさな感じで、お尻を撫でまわされます。

「イヤっ、痴漢!」

「ふざけないでよっ!」

あまりのことに、なにがなんだかわかりませんでした。

焦って振り払おうにも、

(ちょっと!)

スカートをめくられたまま、離してくれません。

(イヤっ)

『茶髪』の手のひらが、私のあそこを鷲づかみにして、

「きゃあ!」

大切なところをぐにゅぐにゅ揉みまわしました。

「イヤあ!変態!!」

押しのけるように『茶髪』を突き飛ばします。



(最低・・・最低・・・)

こんなことってあるでしょうか。

トートバッグを抱きかかえて階段道を駆け上がります。

(なんでわたしが)

(こんなめに)

さすがに、『茶髪』も追いかけてまでは来ませんでした。

階段道の中ほどまで上がったところで息をつきます。



振り返ると・・・

はるか下から、ふたりがこっちを見上げています。

へらへらとせせら笑うような表情が見て取れました。

(なによ・・・最低!)

文句の一つも言ってやりたいところですが、ショックで口が開きません。

憤りをのみこんで、残りの階段道を駆け上がりました。



森の歩道を、駐車場へと戻っていきます。

痴漢されたという悔しさと、みじめな気持ちで胸がいっぱいです。

(私が何をしたっていうの)

もちろん・・・

あの子たちが来る前に私がしていたことは、咎められても仕方のないことかもしれません。

でも、それとこれとは話が別でした。

私の軽率なあの行動を、彼らに知られていたわけではないのですから。

(あの子たちにしてみれば)

自分たちを怒鳴りつけてきた女・・・

その相手にあんな悪ふざけしたのですから、さぞや胸が『すっ』としたことでしょう。

(きっといまごろ。。。)

得意げになっているだろう『茶髪』の顔が、目に浮かんできます。



ふざけないでよ・・・

(運が悪かった)

そう思うしかありません。

いえ・・・

あの程度で済んだのですから、むしろ運が良かったのかもしれません。

悔しさもみじめさも、私自身で噛みしめるしかありませんでした。



駐車場には大型のオートバイが2台停まっていました。

きっと彼らのものでしょう。



自分の車に乗り込みました。

念のため持ってきていた着替え用のショーツを、バッグから出します。

運転席に腰かけたまま、はきました。

ストッキングの予備はありません。



車をスタートさせながらも、

(最低・・・最低・・・)

無理矢理さわられたときの『茶髪』の手のひらの感触・・・

まだそのまま残っているかのような感覚があります。

(二度と、こんなところ来ない)

ミラー越しに遠ざかっていく駐車場をみつめながら、自己嫌悪でいっぱいでした。



(PS)

長くなりましたので、一度ここで切ります。

時間ができれば、このあとの続きも書くつもりでいますが・・・

忙しくなってしまうので、それがいつになるかはわかりません。

そのときは、この同じレスの中に入れるつもりです。

長文にお付き合いくださって、ありがとうございました。



SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

カテゴリ:露出の告白体験談の記事一覧(新着順)

【露出】運とタイミング 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


エッチなSEX告白体験談 前後のページナビ!

2015年3月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:露出の告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ