ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【中出し】職場の飲み会で彼氏持ちの若い女をセクハラしてたら【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

先日あった職場の飲み会での事です。

職場といっても全体ではなく、気心の知れた者だけに声を掛けて都合のついた者だけで行われた居酒屋での飲み会です。

20歳前後から男は30代半ばまでの5名、女は22歳から40歳ちょい過ぎくらいまでの4名が参加しました。

仕切りは30代半ばの高橋さんで、酔うと勃起すると豪語する人物。

一番若い女が由佳里、22歳。

半年近く前に元同級生と付き合い始めた遅咲きエロモード女。

今回の飲み会で弾けて有名になった女、弥生38歳。

その他大勢・・・。

場所は町内の宴会も出来る居酒屋、17時終了の会社から歩いて集合できるよう19時開始。

【歓迎高橋様ご一行】と手書きの貼り紙が鋲で留められた引き戸から入ると、一番手前の座敷に高橋さんの姿があり、居酒屋の店員と話をしていました。

「お疲れっす」

と声を掛けると

「あそこ、あそこ」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年7月22日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】ママ友達とシモネタ話をしていたらオナニーすることになって・・・【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

仲良しママ友会の活動内容についてのお話しです。

私は現在34歳で、小学5年生(10歳)の息子と、37歳の会社員(電気工事業)の夫と分譲マンションに住んでいます。

分譲マンションは頭金少々の返済プランで購入しまして、マンションだけで毎月80000円の支払いがあります。

ボーナス時(7月と1月)に加算150000円の返済はまだ30年近く続きます。

数年前からのリーマンショックの影響からか、一時期夫の仕事が激減して収入も下がり、生活も苦しくなりました。

先日来、若干の景気回復からやや右肩上がりにはなりましたが、一度下がった収入は上がる事は無く苦しさからは抜け出せません。

住んでいますマンションは、今から8年前に竣工され販売されたものでしたが、他にも新築マンションの物件は多く、分譲でしたので買い手も少なく、間取りは階によって若干の価格差はありますが、希望小売価格が3880万円だったのが売り切れずに残り、次第に価格が下がり、私たちが購入した6年前には価格が2680万円まで下がり、更に総額300万円分の各種商品券のオマケが付いていましたので、思い切って買ったのです。

私たちは売れ残り特典が嬉しく思いましたが、初めに買った方たちは面白くないらしく、私たちが入居した時から冷ややかな視線を浴びました。

「残り一戸、販売価格引き下げ、特典付き商品券300万円分!」

なんてチラシや新聞広告が出てましたしね。

それでも子供同士が仲良くなると親もそれなりに仲良くなるもので、3~4年前からは普通に接してくれました。

次第に住人の輪みたいなものが拡がり、月に1-2度、誰かのお宅で「愚痴会」みたいなものを開くようになり、楽しみになりました。

大体が、旦那さんに対する愚痴で最近はやたら「疲れた」とか「眠い」とか言うようになり、オザナリだとか、すぐ自分だけ済ませて寝ちゃうとか。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】「生中出し」に異常に執着するようになった理由【告白体験談】

25歳の時に高校を卒業したばかりの

美人でスタイルの良い女と付き合い始めた。



処女だったからエッチなことは色々といちから教え込んだが

ゴム無しNGというのが唯一の不満だった。



話は変わって、自覚はなかったが俺のチンコは大きめで

普通のゴムだとかなり締め付けられていて

挿入しても気持ち良くない。



気持ち良くないどころか長時間挿入を続けていると

痛くなってくる。



ある時、ドラッグストアでラージサイズのコンドームを

見かけたので試しに買ってみた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||

2014年7月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】女の子を酔わせてクスリ使ってレイプするヤリサーを運営してた友人【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

昔ヤリサーが流行った時期があって、今も東京でちょっと話題になってるので昔話をしよう。

俺がまだ大学生でイケイケだった時代の話だ。もう時効だしいいだろう。

大学時代某有名私大に通っていた。

俺は当初真面目に体育会で部活してたんだが、友人にイベサーに入ってる奴がいた。

イベサーっていってもソイツが立ち上げたサークルで、女の子の割合が多いのが気になった。

30人程度の中規模のサークルだったんだが女の子が20人近くいた。

色んなイベントをしてて、色んな口実での飲み会が1番の行事だったが、スポーツ系のイベントもしてた。

例えば男だとフットサルとか女の子だとテニスとか。あとは鬼ごっことかダルマさん転んだとか月2ぐらいでやってた。

案外こんな子供じみた遊びが女の子にウケて、サークルに入ってなかった俺も誘われてたまに参加した。

鬼ごっことかは案外女の子といちゃつけて楽しかった。

どさくさに紛れて女の子の胸触ったりお尻触っても笑い話で済む。女の子も半分喜んでる部分もあった。

俺はそのサークルがヤリサーとは知らず関係していた。ただの飲み会主体のサークルだと思っていた。

大学公認の正式なサークルだったので、大学から俺の部活の部室ともほとんど変わらない結構広い部室を大学から与えられていた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】【近親相姦】風呂に入ってたら妹がローション風呂の素を持ってきた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

マジ話なんだけど、先週末に俺が風呂に入ってると、もうすぐ高校を卒業する妹が乱入してきた。

もちろん裸じゃない。

「なんだよ?」

と聞くと

「ドンキで面白い入浴剤見つけたから、試しにきた」

って言う。

で、何かの小袋を開けて”中の粉を風呂に入れて掻き混ぜろ”って言うから、言われた通りに混ぜてたらなんかヤバい感触になる。

「なんだこれ?」

「キャハハハハハ、これローション風呂の素wwwww」

「バカッ!」

とりあえず妹を追い出して、こっそり楽しんでたら突然ドアが開き、全裸の妹が

「1人だとあんま楽しくないでしょ?」

って言いながら入ってきた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】露出癖がキッカケで色んな人とエッチしてる【告白体験談】

北海道/名無しさん(20代)からの投稿

—-

私は20歳の大学生。

胸はみんなからデカいと言われていてEカップです。身長は154cm。

つい最近起きていることを書きます。

私には人には言えない露出癖があります。

露出癖が始まったのは中3の時の体育のプールの授業の後、授業が少し延びて着替える時間もあまり無く、次の授業に間に合うようにブラを着けないでその上から制服を着て、その日の残りの授業を受けた時からです。

ボタンを閉め忘れた感じを装って第2ボタンを開けて授業受けました。

隣の男の子は私の乳首をずっと見ていましたが、その時私は見られることにすごい快感を得てしまいました。

私は今1人暮らしでマンションに住んでいます。

1年ほど前から深夜に全裸で柵を乗り越えて隣の人のベランダに忍び込んでオナニーをしたり、深夜に全裸で廊下に出たりして深夜を自分なりに楽しんでいます。

そして、1週間前に事件は起こりました。

いつも通りに廊下に出てオナニーをしていたら、いきなり2つ隣の部屋に住んでいる男の人が出てきました。

男の人はびっくりしていた様子でしたが、私はその見られた瞬間に頭の中が真っ白になって、どうすればいいか分からなくなってしまいました。

私はただひたすらに


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月7日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】婚活目的のシェアハウスでヤリマンと風呂場で遭遇しておっぱいが見えた【告白体験談】

北海道/名無しさん(20代)からの投稿

—-

現在、婚活シェアハウスなるものを友人が運営していて、そこのお手伝いさんとして俺(28)は呼ばれている。

婚活シェアハウスは名前の通り、一つ屋根のしたで複数の男女が暮らし家賃を払って生活し、その中から結婚相手を見つけるというものだ。

そこで暮らす人達は、日中は仕事、夕方は各自用意されたキッチンを使ったりして料理をする。

消灯時間は無くいつ寝ても騒いでも文句を言われない防音設備がされている。

そこに呼ばれない日はほとんどなく、毎日のように通っていた。

仕事内容は主に施設の掃除、ぼっちの人の助っ人(誰がフリーか誰がどんな好みかを熟知し、合いそうな人を紹介したりもした)、そして浴室の掃除。

浴室は24時間いつでも入れて、仕事が遅い人も関係なく使えるようになっている。

浴室と言っても大浴場で、温泉ではないが結構な広さやサウナルームまである豪華な浴室だ。

そのため維持費はかかるので1時間置きで男女が入れ替わる。

ある日、俺はいつものようにシェアハウスに向かい、事務所で友人と会った。

「ちょっと出掛けるから浴室掃除しておいて。もう夜遅いし、仕事帰りの子も少ないから誰もいないよ」

深夜2時だったので確認もせずに浴室の脱衣所へ向かった。

そこから掃除をしていると、服を置く籠に一人分の着替えが置いてあった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月5日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】【近親相姦】高校生の姉が風邪を引いて2日ほど学校を休んでた時の話【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

私立高校に通う2つ年上の姉が、風邪を引いて2日程学校を休んで寝ていた時の事でした。

自分は中間試験の最終日だったので半日で下校して、道草もせずに家に帰ってみると、家の一番奥の両親の寝室で寝ていた姉が、

「お腹が空いたから何か作ってくれない?」

と甘えてきました。

残り御飯をおかゆに作り替えてお盆で運んで行くと、両親の寝室はかなり温度が高くなっており、毛布と布団を掛けていた姉は寝間着の裾をパタパタさせながら「暑い暑い」と言いつつ、布団から起き上がりました。

その時僕の目は姉の太腿がチラリと見えた事をしっかりと記憶しながら、熱いおかゆを食べる姿を姉の傍らで見守っていました。

いつしか姉の額や首筋に汗が流れ始めた時に、姉が

「凄い汗が出てきたよ、下着までびっしょりになっちゃった」

と言うので、

「病人の世話をしてあげるついでに、汗を拭き取ってあげる」

と気安く返事をしました。

姉にタンスからタオルを持って来るように言われて大きなバスタオルを2枚とフェイスタオルを2枚持ち、布団の傍らに戻ると、姉は掛け布団を跳ねのけ、敷き布団に1枚のバスタオルを敷き、自分で寝巻の帯紐を解いて外し、寝間着を着たまま、バスタオルの上に仰向けに横たわりました。

僕が姉の横に座り込むと、姉は恥ずかしいからと言ってフェイスタオルで顔を隠してしまいました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】春休み中に従妹からカメラマンになってほしいとの電話があった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高校に合格し、のんびりと春休みを過ごしていた時の話。

昼下がり、家でゴロゴロしていると1本の電話があった。

それは近所に住む従姉妹(春から中3)からだった。

写真を撮ってほしいからカメラマンになってほしい、との事。

暇だったので、自転車で従妹(ジュン)の家まで走る。

ジュンは年子で同級生の姉ユミ(仮名)と、そして両親の4人家族だが、その日は1人で留守番だった。

聞けば叔父一家の新しく建てる家の完成が迫り、引っ越しも近いからその前にこの家の記録を残しておきたい、との事。

ジュンは僕に普通のカメラでは無く、8ミリビデオカメラを手渡した。クラスメイトから借りたらしい。

町営住宅の小さな建物なので家中を撮ってもすぐに終わり、最後にジュン姉妹の部屋に入った。

僕がその部屋に入るのは凄く久しぶりだったんだけど、ジュンは何故かカーテンを閉め、部屋の灯りをつける。

「しっかり撮ってね」

そう言っておもむろにブラウスを脱ぎ始めた。

僕は驚いて声を上げそうになったが、辛うじて堪えた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】父親の借金で義母と一緒に拉致され、性的な拷問を受けた【告白体験談】

東京都/和也さん(30代)からの投稿

—-

昭和が終わりに差し掛かった頃、小学5年だった俺は文字通り夜逃げをした。

親父が危険な仕事に手をだし、ヤバめの奴らに追われていたからだ。

行方を眩ました親父に代わり、俺を守り育ててくれたのは義母の雅子。

雅子は瓜実顔の古風な美女で、継母のイメージがまるで似合わない心優しい女性だった。

鎌倉の旧家の育ちで品もよく、名門の女子大を出ていた彼女が授業参観に来てくれると鼻が高かった。

大好きな義母、というより初恋の相手だった。

どういう経緯かは子供の俺はよく知らないし、書くこともできない。

だが、身を隠す必要のあった俺たちが追っ手に捕まったのは、2か所目の隠れ家アパートだった。

「和くん、急いでさっ、早く」

和也という名前の俺は、雅子から「和くん」と呼ばれていた。

甘さの残る響きだが、この時はその声が震えていた。

深夜、彼女に手を引かれながら駐車場に向かったのを覚えている。

だが、そこに待っていた数人の男たちを前に雅子は絶句し、俺を抱きすくめた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ