ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【怖い】LINEによるママ友いじめ 【告白体験談】

 栃木県の南西部に位置する佐野市の中心部から車で30分ほど行ったところに、白い鉄筋コンクリート造りの小学校の校舎がある。山が間近に迫り、田畑が広がるのどかな一帯には、昼間は子供たちの遊ぶ声が響く。児童は一学年10〜15人程度で、全校でも70人ちょっとという小学校だ。



 そんな小さな学校を揺るがす“事件”が今年の4月、立て続けに起きた。1週間の間に、在籍する児童の母親2人が相次いで自殺したのだ。発端は4月16日、小4の娘を持つA子さんが亡くなったことだった。



「A子さんが首を吊っているのを見つけたのは娘さんでした。娘さんは特殊学級に通っていて、本当にかわいらしい子。その子が自分で救急車を呼びました。だけど、A子さんの家は山の中腹にあり、道も細く、救急車が道に迷ってしまった。娘さんは泣きじゃくりながら家の下の大きな道路まで下りてきて、救急車を待っていました」(近隣住民)



「お母さんが…お母さんが…」。声にならない声で泣きじゃくりながら助けを求める幼い子供に静かな街は騒然となった。



 A子さんの葬儀には、子供が同じ学校に通うママ友のB美さんが参列していた。A子さんとB美さんはママ友の中でも、親友といえるぐらい、何でも相談できる仲だった。B美さんの知人によると、A子さんの告別式でB美さんは友人代表としてこう手紙を読んだという。



「私がAちゃんの代わりになって子供のことを守ってあげるからね」



 だが、その約束は果たされなかった。A子さんが亡くなった1週間後、B美さんも自ら命を絶ったのだ。



「B美さんは男の子3人、女の子1人の4人の母。PTAの活動にも積極的に参加する、子供好きの活発で、きれいなお母さんでした。葬儀では、娘さんがお小遣いの1000円札を握りしめて火葬場の職員に“これをあげるからお母さんを焼かないで”と泣いていました。見ていて本当につらくて、つらくて…」(前出・B美さんの知人)


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|

2015年7月20日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】【朝日新聞】「『ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』日本語版出版…準強姦致死罪などに問われた受刑者は日本に帰化した在日韓国人。彼を生んだのは日本社会そのもの」 【告白体験談】

<>1:パロスペシャル(愛媛県)@\(^o^)/:2015/06/12(金)00:15:24.69ID:jiFb4zqS0.net<>

ルーシー・ブラックマンさん事件「15年目の真実」とは



■著者に会いたい「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」

《リチャード・ロイド・パリーさん(46)》



2001年、英国人女性ルーシー・ブラックマンさんが遺体で見つかった事件。発覚当時から事件を

追い続けた英国人ジャーナリストが、手記をまとめた。当時は英インディペンデント紙の特派員。



「記事になる話」としか思わなかった。だが、世の関心が薄れても、次第に夢の中にまで事件が出てくるほど

入れ込んだ。イラク戦争の取材中も頭を離れることはなかった。「ただの犯罪の話ではない。

私がよく知る日本と英国という二つの社会が交わる物語だと思った」



初来日は16歳の時。クイズショーで優勝して得た日本旅行だった。ヨーロッパとは全く異質の文化に

魅了され、英国の大学卒業後、日本で暮らすように。事件が起きたのは、日本を「第二の家」と思い始めた


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】幽霊の掟 【告白体験談】

「痛っ」

ドンッと背中を押され僕は前のめりに崩れ落ちた。



「っと、何するんだよ!さち・・・・・・さち?」



振り返ると、そこには粉々に砕け散った植木鉢と横たわったさち。

そしてそのさちの真っ白な身体を包み込むように広がっていく真っ赤な鮮血。



「よかった。怪我ない?」

そういってさちは震える口角をゆっくりと緩めた。



「なんなんだよ!おまえ幽霊だろ!なんで幽霊のお前が血流してるんだよ」



そう、さちは僕にとりついた幽霊だった。

いつも僕の背中越しに僕をからかっては喜んでいた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ


2015年6月7日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】【北海道新聞セクハラ怪死事件】北海道新聞社員、函館支社の嘱託看護師に「愛人になれ」と体触り暴行!→看護師、自宅の火災で死亡!→女性の両親が北海道新聞男性社員2人を告訴 【告白体験談】

<>1:マカダミア★:2015/05/07(木)19:16:46.73ID:???*.net<>

北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だった女性が昨年12月の忘年会で体を触られ暴行を受けたとして、

女性の両親が7日、暴行と北海道迷惑行為防止条例違反などの容疑で、同社の男性社員2人を

北海道警函館中央署に告訴した。



告訴状によると、昨年12月8日夜から9日未明にかけて、函館市内のカラオケ店や居酒屋で女性=

当時(40)=の体を触ったり、「愛人になれ」と言いながら体を押し付けたりしたとしている。



父親によると、女性は会社に相談したが2月中旬から心身の疲労で休むようになり、2月21日に

自宅の火災で死亡した。



北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾です。会社として誠実に調査をしているところで、

今後も弁護士を交えセクハラの有無などを含めて詳しい調査を行っていきます」としている。



;


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月11日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】母との初体験 【告白体験談】

ブランド激安市場|



ブランドスーパーコピー財布



ブランドスーパーコピーバッグ、財布、時計。



人気ブランドバッグコピー財布コピー、ルイヴィトン財布激安。



ブランドスーパーコピー,ブランドスーパーコピー商品、



ブランドコピー財布、偽物バッグコピー財布コピーN級品、



ブランドスーパーコピー商品、グッチ財布コピー,ミュウミュウ財布激安。



ブランドスーパーコピー銀座、ブランドスーパーコピー財布。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ


2015年5月6日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】危険地域のテロ被害「責任は本人にある」83% 【告白体験談】

読売新聞社の全国世論調査で、

政府が渡航しないように注意を呼びかけている海外の危険な地域に行って、

テロや事件に巻き込まれた場合、「最終的な責任は本人にある」とする意見についてどう思うかを聞いたところ、

「その通りだ」が83%に上り、「そうは思わない」の11%を大きく上回った。



「その通りだ」とした人は、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件を巡る政府の対応を「適切だ」とした人の90%に達し、

適切だとは思わない人でも73%を占めた。

支持政党別にみても、自民支持層の88%、民主支持層の81%、無党派層の79%が「その通りだ」としており、「最終的には自己責任」の考え方が、広く浸透している。



 一方、海外で日本人がテロの標的となる可能性が「高まった」と思う人は81%を占め、「そうは思わない」は14%だった。




SEX告白体験談関連タグ


2015年2月9日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】調査結果 【告白体験談】

何時だったか図書館でレポート書いてたとき、

煮詰まって嫌になってきたんでぜんぜん関係ない

学部の本棚を何気に見てたのよ。



「鯖街道と琵琶湖水系」って本だったと思う。

その中の一枚の写真に折り目がついてて、右肩の余白に

「21時〜5時までの車両数:4」

「民家なし」

とかいろいろ書いてあって、そんときはなんかの調査にでも行ったのかなぁ

位にしか思ってなかったけど、バス釣りのポイント探しに使えそうだったので

借りて帰りました。

その数日後、女子大生の遺体が発見されたというニュースが流れたんだけど、

その写真の場所だったんだな。当然びっくりしたけど、それだけ。

その本も返したし、何てことないと思ってたの。




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ



2015年1月9日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】神社の小屋 【告白体験談】

これは私の少年期の体験です。

実話ですので、人名地名は一切省いて書かせていただきます。



小学校の時、よく神社で遊んでいた記憶がある。

神社は町の高台にあり、同じ敷地内に公民館や駐車場などの公共設備もあった。

私はよくそこを友人達と遊び場にしていた。

ある日、小学校からの帰り道に友人と二人で神社へいったところ、神社の建物の斜め向かい、つまり公民館の正面にプレハブで出来た家が建っていた。

いつの間に建築したのかわからなかったが、結構立派だった。

別に何の気にもならず、無視して友人と公民館の周りを駆け回っていると、突然友人が立ち止まり、プレハブの窓から誰かがこちらを見ている、と言った。

私には確認できなかったが、確かにガラス窓のカーテンの隙間が開いている。

それは私達が騒いでいたから、怒って睨み付けているのかな?と思い、その日はさっさと友人と帰った。それからしばらくは、神社には近寄らなかった。



私達は中学生になり、よく学校帰りに買い食いをするのが日課だった。

その日も友人と駄菓子屋で低料金のお菓子やラムネ等を買い、ドコで食おうか迷ってると、高台の神社を思い出し、そこへ行く事にした。

同行していた友人は私とともに神社で遊んだ事を思い出した。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ



2014年12月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】足のないビデオ 【告白体験談】

これは、去年の12月の出来事です。友人も何名かその後死んでしまいました。ここから先は危険なので、読まないほうが良いかも知れません。



僕たちは高校の仲間で富士の樹海に肝試しに逝こうかという事になり、5人でバイクに乗り12時ごろに樹海に到着しました。かなり寒くて凍えそうでしたが、緊張していたと言うのもあって何とか耐えられそうな感じでした。友人の相原が、じゃー逝って見ようか?と言い出し、デジタルビデオカメラを持って僕らは暗闇の森の中に進んでいきました僕の原チャリから300Mぐらい奥に入ったときに、ガサ、ガサと誰かがこちらに向かってくるような足音のようなものが聞こえ、僕が何か聞こえない?と言うと雄一が、つーか、かなり前からさ、俺たちの後ろから足音してんだけど・・・気のせいだと思ってたけどおまえにも聞こえる?と言い出し、少し様子を見ることにしました。相原が、動物来てんじゃねーの?と言い出しましたが足音のするほうを見ても、誰も居ないし、動物なんて絶対ありえないよなしかもなんだかくさい。水槽でザリガニが死んで、腐ったような匂いが風に乗って時々におうと思っていると、後ろ数メートルぐらいの距離でイキナリ”バチ”って鳴ったかと思うと男の声らしき”ウォォォォ”、”グロゥゥゥゥ”と言うような声が



なんだ???と思いそっちのほうを見てみるとなんか人らしき者が・・・なんか、人が居るよぉとびびって居るとスゥーと消えた出たと思うのも束の間、雄一が真っ先に逃げ出し、相原もそれに続きダッシュ後輩の遠藤、次に僕、後に送れて後輩の飯田もそれに続いてダッシュ逃げているときに思わず親父のデジカメを落としてしまった。そんなことはもうどうでもいい、只管逃げる少し開けたところで皆止まり

相原:一体今のなんだよ?

遠藤:お化けじゃないんですか?

雄一:マジで?俺見て無かったよ。なんだか声が聞こえて相原が走るから

飯田:やばいっすよ。帰りましょうよ。

僕:カメラ落とした・・・だれか、カメラ探すの手伝ってくれない?

雄一:どこらへんで落とした?

僕:逃げようとして直ぐだったから、あの変なのが出た付近だったと思う

相原:てか、やべーだろ?俺はあそこいきたくね

皆:・・・

と言うような会話が5分ぐらい続き、皆も仕方無しに、カメラを探しに戻ることにしましたさっきの、霊らしきものが見えるところまで来ると急に皆の足が遅くなり僕はカメラ無くすと親父にすげー怒られると思い。何とかカメラだけはと言う感情から一人だけ先に行くことに


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ



2014年12月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談

【怖い】きじまさん 【告白体験談】

”きじまさん”と言う、あるチームの創立メンバーの友人がいた。

この人がひき逃げによる交通事故にあったところからすべては始まりました。

リーダーを含めたメンバーが病院に駆けつけた時、「面会謝絶」の札がドアから外されたところでした。

廊下には両親がいて母親は泣き崩れていましたが、父親は息子も喜ぶだろうからと彼らを通してくれました。

病室に入った彼らが見たものは全身を包帯に巻かれた”きじまさん”が、ベッドに横たわる姿でした。

四肢がなくなっていました。両腕も両脚も切断され、しかし点滴や酸素吸入などは無く、ただ心電図のモニターが規則的な音を立てていた。

手遅れだったのです。打つ手がなかったのでした。包帯から覗いた片方の眼だけがぐるりと動いて彼らを見た。

そして低く包帯にくぐもった声がぶつぶつ何かをつぶやいた。

リーダーが耳を寄せると「俺をこんなにした犯人を捜し出してくれ…」わかった、とリーダーは答えた。

「必ず犯人を捜し出して仇を討ってやる!」直後、心電図の波形が平坦になった。

彼らは犯人探しに奔走した。しかし、しょせん素人なので犯人を見つけ捕らえる事もできずに一年が過ぎた。

”きじまさん”の一周忌がきた。彼らは墓前に集まった。

連絡をとりあったのではなく、「約束を果たせなかった」と全員が詫びるために来たのであった。

彼らは墓前に手を合わせ、中には嗚咽する者までいた。誰もが「すまん、許してくれ、成仏してくれ」と祈った。

どこからか、ぼそぼそとつぶやく声が聞こえる。背後からだった。彼らは見た。後ろの墓石に”きじまさん”が座っていた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||

2014年12月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:怖い告白体験談
1 / 15012345...102030...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ