ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【高校生】女の子って難しい【告白体験談】

俺大4、姉22才の社会人、妹今年から大1+2人姉「あーん!疲れたー!」

俺「お疲れさん!

姉「こっちきて!×2」

俺「はいはい!」

姉「ギュー」

俺「・・・姉さん?」

姉「なーにー♪?」

俺「なんでさー?いっつも抱きつくの?」

姉「んー・・疲れたからかなー?」

俺「疲れたなら寝ればいいんじゃないの?」

姉「えー!!?いや?」

俺「嫌じゃないけど・・」

姉「俺はずっと私のヒーローだもんね♪なんかこうしてたら落ち着くんだー」

俺「まぁ、今更やしええけど。」姉さんは清楚で綺麗で昔からモテてたからいろいろと事があってボディーガードしてました。

彼氏はすぐできても何故かいつも俺頼りで長続きしません。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||

2017年12月23日 | SEX告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

【高校生】パンティ一枚だけで暇してるとアピールしてきたギャル【告白体験談】

まいちゃんとは、1ヶ月くらい前から何回かメールをもらう仲でした。 一番最初のメールは、

「年は21才でアパレル関係に勤めているギャル系の女の子です。お話できたらうれしいです。」

といったよくある類のメールでした。今回のお相手は以前から、僕のほうも、最初は今日あった出来事なんかをメールでやり取りする程度でしたが、回数を重ねるごとにだんだんエッチな内容が増えてきました。「まいは今、パンティ一枚で寝てまーす」とか、

「ひとりエッチしちゃおうかなぁー」とかいった内容です。で知り合ってと言うもの、

そんなメールをもらった時には、僕もノリノリになり、

「もう一枚脱いでみよっか」とか「脱いだら写メ送って」

なんて感じで応戦してました(笑)。

その時は、おっぱいのドアップの写メールをゲットすることができました。そんな感じのまいちゃんでしたので、初めて会う時はいろんな意味でかなり期待していました。 待ち合わせ場所に着いてから10分位してまいちゃんとご対面。 

携帯メールの写真ではベールがかかっていて、ある程度の自分の中でイメージは作っていましたが、いい意味で期待を裏切られた感じでした。

なんかこう、同い年なんだけど経験豊富な知り合いの女の子とイタすような独特の雰囲気がありましたね。すぐに居酒屋にご飯を食べにいったんですが、1時間ぐらいでまいちゃんは酔ってしまい、早くもイチャイチャ気分。 どちらからともなく、ホテルへと流れていきました。 部屋に通されると他愛も無い会話もそこそこに、まいちゃんのほうからキスを求められました。 積極的に舌を絡ませて来ては、ツンツン突っついて来たり、僕も嬉しくなってその舌を根こそぎ吸い引っ張ったり。。。 とってもキスが好きなようです。 と、ここまではお互い座りながらの愛撫ごっこだったのですが、そろそろまいちゃんの全てを見たくなり、立ちながらのキスへ移行しました。 というのも、寝かせてしまうと服を脱がす際にある程度、女の子に協力してもらわないといけなくなるからです。

その反面、立ちながらだとキャミ・ブラ・パンティはある程度外してあげれば、後は引力が味方してくれますから非常に楽ですよね。

結構こうして脱がすこと、僕多いです(笑)。立ったまままいちゃんのアソコを探索すると、まだ潤いはそこそこでしたがクリを弄り始めるとおつゆが溢れてきます。 

僕が「クリとアナはどっちがキモチいい?」と聞くと、とっても艶っぽい声で「どっちも・・・」と答えが返ってきます。

嬉しいじゃありませんか!

まいちゃんも立っているのが苦痛になってきたみたいなのでお互いベットに横たわり、次のプレイに突入しました。こういうこともあろうかと、家を出る前に風呂に入ってきていますので即座に僕自身を差し出し、いいこいいこしてもらうことにしました。 まいちゃんに仁王立ちフェラにて殿様気分を味わいながらのテクを体験しましたが、やはりウマイ!


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2017年12月22日 | SEX告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

【フェラ・クンニ】イジメをしてる最中にギャルがフェラしてきた話【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高2の時の話。

当時そこそこのいじめっ子だった俺はターゲットにしていた光男によく根性焼きなどをしていました。

そんなある日の事、いつも通り放課後に光男を呼び出してシャーペンで腕に刺青をしていると女の子のコギャル集団5人がきた。

「何してんのぉ?私達も混ぜてー」

と言って混ざってきた。

俺は光男にズボンとパンツを脱がせ、フルチンにさせたところに皮をかぶっていたチンコに輪ゴムで詮をさせた。

そのまま待っておしっこが出る時にどんな風になるかを見て笑おうと思っていた。

コギャル集団はみんな格好こそ超ミニでパンツ見せ放題みたいな格好をしていたが、みんな奥手でそれぞれキスか手こきくらいしかしたことはなかったらしいので、みんな興味津々で見ていました。

そのうち光男はなかなか可愛いコギャル集団に見られているので興奮したのか勃起していた。

コギャル集団の1人がゴム手袋をして、イク寸前まで手こきして休ませ、またテコキするという、男からしたらいっそ殺してくれともいう遊びをしていると、周りにエッチな雰囲気が流れ、俺の周りにいたコギャル4人が俺のモノを代わる代わる撫で回してきました。

その中にフェラの経験が無い子が2人いたので、既にフェラ経験のある2人がお手本と言って俺のモノに同時にむしゃぶりつきました。

俺はたまらず、可愛い方がしゃぶっている時にイッてしまい、F経験のない子達が

「キャー!ちっちゃくなったー!」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月2日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【笑える】文学コギャル【告白体験談】

137:仕様書無しさん:2008/12/20(土)18:26

2008-12-05文学コギャル



電車のなかでコギャル同士が話しているのを聞いていた。



コギャルA「あんたって馬鹿そうに見えるよね」



コギャルB「そーそー、見かけで損してるって、ゆうかー」



コギャルA「何か特技あるんだっけ?」



コギャルB「文学とかチョー得意だよ。何でも知ってるって、ゆうかー」



コギャルA「シェイクスピアのマクベスはどんな話?」




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||

2014年10月27日 | SEX告白体験談カテゴリー:笑える告白体験談

【友達】最高!【告白体験談】

最高!投稿者:マサル投稿日:1月1日(月) 1時13分04秒

僕が中学2年の時のことです。近くのプールに友達と遊びに行きました。遊びに行

くと言っても女の子のお尻を触るためでしたが・・・。何時間かたって、友達が飲

み物を買いに行きました。その間も僕は痴漢行為をしていました。同年代の女の子

を狙うのがあきたので、今度はコギャルを狙いました。そのコギャルはビキニを着

ていて、お尻はかなり食い込んでいました。潜水しながら近づいてお尻を鷲掴みに

したその時!そのコギャルが気付いて僕の手を掴みました。しまった!!そう思っ

た時、そのコギャルは「触りたいなら触らせてあげようか?」と言いました。僕は

突然のことで驚きながらもしっかりうなずきました。そのコギャルは友達と二人で

来ていました。僕たちは三人でトイレに行きました。三人で一つの個室に入りまし

た。何をするのかとドキドキしていたら、いきなり一人が僕の海パンを下ろしてち

んちんをつかんでしごき始めました。もう一人は抱きついてキスをしてきました。

そして「君は何がしたかったの?」と聞いてきました。僕が困って黙っていると、

「正直に言えばエッチなことさせてあげるよ」と言ってきたので、僕は正直に答え

ました。するとちんちんをしごいていた一人がフェラを始めました。初めての経験


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年10月11日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】自慢の妻が 【告白体験談】

<>978名前:名無しさん@引く手あまた[sage]投稿日:2014/08/31(日)20:00:47.55ID:f1R5h+2L0[4/9]<>

私は33歳の社内SEです。

関東の農機具会社に転職したばかりです。

妻は今年で28歳になり大手企業の受付をしていましたが2年前に私と結婚し退職しました。

自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。

私はこれまでは世界的IT企業でエリートとして認められてきましたが、社内SEに転職してからは

なぜか営業の方々のカバン持ちとして

トラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。

この新しい会社で認められようと必死で働いていますが

優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、

また営業の方がたに認められようと卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。

年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。

また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、

結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||

2014年9月2日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【フェラ・クンニ】エロガキと徹夜でヤリ放題【告白体験談】

数年前の冬の話、仕事の帰り、深夜1時頃、赤信号で停車すると、茶髪の女が横断歩道の前に立っていた。

タレントの夏川純タイプの可愛い子で、股下5センチくらいの少しかがんだだけでパンツ丸見えになりそうな超ミニスカートだった。

こいつは引っかけられるかなと思って、「もう遅いのにこんな所で何やってんの?」と声をかけた。

女は怪訝そうな顔をしてこっちを見たが、「暇だからどっか連れてって」と言って、車に乗り込んできた。

見るからにヤリたくてしょうがなさそうだった。

車を走らせながら、「何でこんな時間にあんなところにいたの?」って聞いたら、親とケンカして家出して兄貴のマンションに居候しているそうで、兄貴の彼女が遊びに来たので気を利かせて出てきた、ということだった。

年を聞いたら驚いたことに○学3年生だと言っていた。

○3には見えないなぁと思いながら、「どこに行きたい?」って聞いたら、女は「そんなの決まってるでしょ(笑)」とか言いながら、右手を股間に置いてきやがった。

「これは話が早い」と思って、試しに「直接チンボに触ってみてよ」って言ったら、エロガキはチャックを下ろしてチンボを握ってくれた。

女が「わあ~!太~い!」とか言うので、調子こいて「チンボしゃぶってくれる?」って聞いたら、何の躊躇も無くチンボを咥えてくれた。

あっという間にチンボはフルボッキした。

エロガキはビンビンにおっ立ったデカマラを見て、「すっごい!こんなの初めて!」とか言ってビビッていた。

「どう?このチンボ、マンコに入れてみない?」って聞いたら、「うん…」とうなずいた。

俺はそのまま夏川純似の美少女にチンボをしゃぶらせながら車を走らせて、最寄りのラブホに入った。

パネルで部屋を選ぶ時もコートで隠していたが、俺はチンボ丸出しのままだった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【浮気・不倫】娘とのSEX【告白体験談】

娘は1×歳 最近SEXをするようになりました。

最近では、もう触るだけで濡れてくるので、娘のマンコにスムーズに挿入できます。

この事は、妻も承知しており、積極的に娘にSEXの予備知識を教えていました。

こうして家の中では、いつでも娘を抱くことができます。

先日も夫婦の寝室に娘を呼んで、3人でSEXをしました。

妻の前では、娘とする時にはコンドーム付けて、絶対妊娠をしない様に、今は偽装しています。

一方、妻には妊娠しない様にピルを飲ませ続けて、『やっぱり生は気持ちがいいよ!』と何回も逝ってもらいます。

しかし、もう数年したら長年の夢をを実行する予定です。

それは、娘に対して中出しを続けて、私の精で孕ませる事です。

もちろん、女の子が生まれるように願って、出精します。

もし上手くいけば、20年後には生まれてきた女の子(娘?孫?)も抱く事が出来るでしょう。

そして、この子も孕ます事が出来れば、親子3代に渡って自分の子を産ませる事が出来ます。

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年5月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【フェラ・クンニ】カラオケで。【告白体験談】

転職する前の話を書かせて頂きます。

当時、その辺に普通にあるような地元密着型の塾で講師をやっていた(22歳)のですが、ひょんなことから高校2年生の子から告白を受け、いけないと思いつつもギャル系のエロい雰囲気・体型(Dカップ)に惹かれてしまい付き合うことにしました。

制服姿のギャルと二人で歩いているのは何か後ろめたい気持ちを持ちつつも、ブラが透けているシャツや今にも見えそうな位短いスカートに目がいっては、「一応彼女な訳だし…」と、生唾を飲み込む思いでした、、

そして、付き合って2ヶ月位した金曜の22時頃に地元カラオケに行った時も彼女は制服でした。本来なら時間的に止められてもおかしくないところなんですが、個人経営のマイナーなそのお店は適当で、何事もなく朝までのフリータイムで入れました。

最初の数時間はお互い普通に歌っていたのですが、徐々にネタ切れになり、気付けばソファーで抱き合ってキスをし始めてました。

照明をかなり暗くしていたこともあってか、キスを何度かしてる間に徐々に制服姿に興奮してきている自分がおり、キスをしながらシャツの上から胸を揉み…脚を触り…スカートの中に手を入れていくと、予想外に彼女は自ら足をゆっくり開きました。

17にしてすでにそれなりの経験してきてるな…と思いながらも、パンツの上から上下に触ると、「ンッ…」と声にならない声を出すようになり、しばらくその状態で攻めてました。

そして、うっすら濡れてきた頃にパンツの中に手をいれると、彼女はすでにヌルヌルの状態になっており、自然と興奮が高まりました、、

店員やお客さんがたまに通りがかる度に多少ドキドキしながらも、手を休めることなく動かし続け、彼女の息使いは徐々に荒くなり、最初はハァハァ…息を殺していたものの、徐々に「アッ…アッ…」と声を出すようになり、その小さかった声が「アッ…やばい…エロいよ…」とはっきり聞き取れる位の大きさになり、気付けば「もうイッちゃう…イッちゃう…」と連呼しながらイッてしまいました。

「イッちゃったじゃんか…」と少しふくれた感じになってる姿にかわいさを覚えていると、彼女は徐に僕のジーパンの上に手を置いて上下に擦り始めました、、

急にエロい行動に出た彼女に少し驚きつつも、確実に気持ちよくなっている自分もいて、「生殺し状態だな…」と本音を漏らすと、チャックを降ろしながら「ベルト邪魔だから外して」と言ってきました。

僕は「まさかココで脱ぐのか…」と思いながらも、手はしっかりベルトを外しており、ボタンも自ら外していました。

すると、彼女は高校生とは思えない慣れた手つきでトランクスの中から僕の半勃ちになったものを取り出し、ゆっくり手コキを始めました、、

カラオケで生徒に手コキをされているという事実に背徳感を抱きつつ、通りがかる店員・お客さんに見られたらやばいと思いつつも、その状況に興奮している自分も確実にいて、「もっと激しくして欲しい…」「唾を垂らして欲しい…」とMっ気も覚えていました。

しかし、彼女はゆっくりしたリズムで手コキを黙々と続け、スピードを速めてくる様子もなかったので、「ちょっと口でしてくれる?」と促すと、「うん、いいよ」と言いながら顔を近づけ、カリを舌でペロペロ舐め始めました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年5月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【友達】やまもとひろみ【告白体験談】

投稿者:やまもとひろみ

日 付:2001/9/14 14時37分

E-Mail:

内 容:

はじめまして26歳の主婦です。

不倫の彼がいます。

堅い家庭環境で生活して親が決めた婚約者と結婚して・・・

結婚前のSEXなんて汚いもの、結婚後のSEXは子孫を作る神聖なものとまじめに思っていた私にとって、初めてイクことを教えられて、気づかずに一生を過ごしたかもしれない内に秘めていた淫乱性を引き出してくれた彼を私は好きになってしまいました。

彼の勤める保険会社のセールスレディーをしながら主人にばれないように露出やSMプレーや野外調教をするという我慢できない性癖があります。

普通のHじゃ生きていけないんです。

多くの男の人の前でおしっこしたりオナニーしたり、とにかく恥ずかしい事をいっぱい見てもらいたいんです。男の人の前でHなことをしてはずかしい自分をさらすのが快感なんです。

お仕事に行く前に彼の指示で着替えます。きょうは乳首のすぐ上のところから股下5センチまでのワンピースにブルーのパンツです。全部アダルトショップの通販で揃えたものです。

濃い化粧をして首に鎖を二重に巻いた姿がきょうのひろみです。

会社周りが担当なんですけど、わざと胸を見せたりパンツ見せたり、電車の中で揺れに任せて倒れる振りして男の人の股間を触ったり・・・見られるのが嬉しい。

女子高生のかっこうして、下着を着けないで自転車で露出するのも最近の好きな行動です。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ