ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び6 【告白体験談】

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』

麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。

客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。



夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。

『来て……』

麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。





早見は、自らの唾液と、麻由香の秘密の蜜で濡れそぼった膣口に、暴発しそうなほどいきり立った淫棒を押し当てた。一瞬、避妊のことが頭をよぎるが、それよりも、このオンナを孕ませたい……。そんな、雄としての本能が上回ってしまった。



早見は、そのまま自らの淫棒を押し込んでいく。すぐに、驚くほど濡れそぼった熱い膣肉が彼のモノを包み込んでいく。早見は、その複雑にうねるように絡みつく肉の感触に、腰が抜けそうだった。



そして、麻由香はググッと膣肉を押し広げてその太すぎる淫棒が分け入ってきた瞬間、夫のことを考えた。

(あなた……ゴメンなさい……)


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【風俗】童貞を捨てる為ソープに行ってみたが・・・ 【告白体験談】

0035名無しさん@ピンキー



昨日川崎の堀の内て所の店に行きました。

一週間くらいずっとHPに張り付いて(それこそ1日5時間くらい)やっと入る子を見つけた。#160;

Yちゃんというおっぱいの大きな子。(おっぱい星人ですから。)

電話で予約を入れようかと思ったが勇気が湧かず当日に。

その子が12時から出勤って書いてあったので9時頃に着いて店の前で待ってました。(興奮して夜も眠れず早くに家を出てしまいました。)

1時間くらい経ったころ、そこの店のおじさんに「うちの店かい?」と聞かれ「はひぃぃ!」と答えました。(心臓飛び出るかと思った。)

「指名はある?」と聞かれ「Yさんです!」と答えると待合室に案内してくれました。

そこで1時間半くらい待ったころ、先程のおじさんから声がかかりました。

待合室から出て部屋は3階との事でエレベーターまで向かいます。





0036名無しさん@ピンキー




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||

2015年6月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

【外国人】【海外で本当にあったエロい話】安宿で外人とS○X 【告白体験談】

ミャンマーを旅行した時の話。





ミャンマーのゲストハウスに到着したが



空いているシングルルームが



ハリーポッターで最初にハリーが住んでいる部屋みたいな場所だったので



従業員に「どうにかならないか」と相談していた。







すると




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||

2015年6月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

【浮気・不倫】42歳の人妻とタダマン体験談 【告白体験談】

人妻好きの友人から教えてもらった癒し妻新空間というサイトがあるんだが

このサイトに掲示板があって色んな投稿がされている中で

タダマン出来る人妻がいないか呼びかけた。



俺は26歳なんだが若いから相手にされないと思っていたら

10分後には何人かの人妻からコメントがあった。



その中で気になったのは42歳の専業主婦の唯さん。



1番興味があったのはプロフィールに設定してあった写メ。



42歳って結構オバサンなイメージあったけど

イマドキの40代って思ったり若くてビックリした。



唯さんとの待ち合わせはすぐ決まった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月27日 | SEX告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【近親相姦】種付け、義妹に思いっきり中出し【告白体験談】

弟夫婦に子どもがない。

弟がどうも、無精子症らしい。



弟の嫁である義妹がどうしても子どもが欲しいらしく、

先日、弟から電話があり「協力して欲しい」とのことだった。



俺は、もう少しで30になる。



義妹は27歳、弟とは、大学の時の同級生だったらしい。

卒業と同時に弟と結婚し、専業主婦をしている。



弟は、最初は体外受精を

考えていたようだったが、



お金がないので、夫婦で話し合って、


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||

2015年6月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:近親相姦の告白体験談

【会社・職場】初パイズリは37歳 【告白体験談】

私はサラリーマンとして中間管理職というポジションで働いています。

妻と子が二人いてどこにでもあるありふれた家庭です。



私はおっぱいが好きで、妻はDカップあって満足していた。

基本的には今でも毎週セックスしています。

ある日、私の下に新人の女子社員が配属されてきました。

ポニーテールがよく似合う若い娘で顔は芸能人で言うと瀧本美○さんに近い。

背は160センチくらいで普通。

まだ初々しいリクルートスーツに胸の膨らみがボリューミーでした。



彼女が配属されてから数日、歓迎会で話をして評価を得たいのかかなり話をしてきた。



それから仕事をする上で、二人で営業に行くこともあり

帰りに呑みに行く機会が何度かあった。

当然私みたいなスケベ親父はおっぱいが気になって仕方がない。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月22日 | SEX告白体験談カテゴリー:会社・職場での告白体験談

【フェラ・クンニ】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録2 【告白体験談】

雨の日に、自転車で私のBMWに突っ込んできた芽依。まだ女子校2年だ。今時珍しいほど真っ黒な髪に、真面目そうな黒縁眼鏡をかけた彼女は、実際真面目で、私の言いなりにする事が出来た。



ただ一点、付き合い始めたばかりの彼のために、処女だけは奪わないで欲しいと懇願してきたので、私は彼女をケツ穴奴隷にすることにした。



繰り返し浣腸をされて、腸内のモノをすべて出し切った芽依。排泄する度に、涙で顔をグチャグチャにしながら絶叫していた芽依……。

『も、もう許して下さい……。見ないで……うぅ……』

若い女の子にとって、繰り返し繰り返し排泄姿を他人に見られてしまうのは、耐えがたいほどの恥ずかしさがあったと思う。



彼女は、湯船の縁に身体をもたれかからせるようにして四つん這いになっている。色気のない黒縁眼鏡と、今時ではない真っ黒で地味な髪型の彼女。その裸体は、少女と成熟した大人との中間にあるようで、くびれは少なく子供っぽいのに、胸はDカップ以上はありそうな感じだ。



私は、この何色にも染まっていない少女を、メチャメチャにして私色に染めたいと思っていた。



「彼にも見せたことない姿を、こんなおっさんに見られて、どんな気分?」

私は、わざとからかうような口調で言う。

『うぅ……。ゴメンなさい……。見られちゃったよぉ……』


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月20日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【芸能人】元、ですけどね。時効だろうから告白。 【告白体験談】

俺(沖縄在住)の友達の彼女が○○めぐるの友達で、

一昨年の秋頃、沖縄にプライベートで遊びにきていた時に一緒に遊んだことがあった。

2×2で飲んでて、途中で友達と彼女が帰ることになったんだけど、

なんとなく気があったんで、そのまま二人で酒飲んで盛り上がってた。

その後、流れるまま二人でパチンコ屋の上にあるラブホ行ってヤッた。

処女じゃなかったけど、経験は少ないって言ってた(実際何名とやったか知らんけど)。

とにかく全身敏感で感じやすいコだった。

二回戦くらいしたけど、正常位よりもバックの方がイキやすいみたいだった。



フェラは慣れていない感じだったけど、一生懸命に舐めてくれて気持ち良かった。

亀頭の部分を優しくキスしたり、竿全体を深くくわえたり…だったはず。

(酔っぱらっていたし二年前の記憶だから曖昧だけど)



体位は正上位で挿入して、途中でバックに変えたのみ(二回戦とも)。

途中休憩でシャワー浴びてる時、風呂場で立ちバックしようと試みたけど


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

【会社・職場】仕事でミスした部下の女を抱いた【告白体験談】

部下♀がミスをした。



先輩である俺と、更に上の先輩上司♂と、彼女とで

取引先に謝りに行った。



上司は嫌な奴で、

「責任はすべて彼女にあります。でも若いんで許してやってください。」

みたいな感じで彼女に責任を押し付けた(まあ、事実だけど)。



謝り終えた頃には結構な時間になったので

そのまま帰宅して良い、ということになった。



軽く飯でもってことで3人で軽く食べて飲んだ。

その後、上司は帰った。




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|

2015年6月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:会社・職場での告白体験談

【寝取られ】清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく 【告白体験談】

妻のミクが、清楚な白のブラウスを着て、目隠しをされた状態でベッドの中央に女の子座りをしている。

熱を感じるくらいに明るい照明で全身を照らされているミクは、目隠しからはみ出ている部分が白飛び寸前なくらいになっていて、いつもよりも美肌に見える。



そして、そのベッドを囲むように、ブリーフ一枚だけの男達が1ダースほど、ミクを見つめながら自分のブリーフの中に手を突っ込んでまさぐっている。



そして、業務用のデカいカメラを抱えた男が、ミクを真正面から撮している。カメラを持った男が、

「どう? ドキドキする?」

と、少しからかうようなニュアンスを含みながら聞く。



するとミクは、口の端を少しあげて微笑むと、

『はい。楽しみです#9825;』

と答えた……。ほんの些細なきっかけだったのに、どうしてこんな事になったのだろう? 私は椅子に縛り付けられ、猿ぐつわをされた状態であの時のことを思いだしていた。





#8212;#8212;ミクは、エプロンを着けキッチンで朝食を作っていた。ニコニコとしながら、楽しそうに朝食を作るミクを見て、私は今日も一日頑張ろうと思っていた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ