ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【高校生】家が貧乏な私の新しいバイト【告白体験談】

私はミズキ(仮名)某高校に通う17歳です。

正直私の家は貧乏です。

父が出世しない事や兄弟が多い事が原因だと思います。私は四人兄弟の上から二番目で次女(下二人は男)です。

本題に入りますが、私は最近体で小遣いを稼ぎしようと考え、相手をさがすとすぐターゲットを見付けました。

中学から一緒でクラスメートの男子が居ます。彼は和人と言い、彼の父親は大きな会社の社長をしてます。そう、彼はお金持ちです。でも彼はモテません。体格は少し小さめでオタクっぽい見た目で無口な事が原因だと思います。

そのため彼にはあまり友達も居なくて女子も近付こうとしません。

ので、和人を相手にする事を決めました。

私は放課後、和人の後をつけて行きました。しばらく歩き同級生達に見つかる心配がないと思われる所で私は和人に駆け寄り

「和人~あのさぁ~あんたん家遊びに行ってイイ?」「な、なんで?」

「暇だしいいじゃん」

私は無理矢理家に入れて貰いました。和人は挙動不審の動きでした。私は家の広さに驚きながら和人の部屋に通されました。和人は一人っ子で母親も父親の会社の役員で家には和人と私しかいません。

私はしばらく中学時代の話しや和人に質問してみました。なんとなく話しの流れから和人は童貞と解りました。

和人はトイレに行きました。私は机の引き出しを物色しました。一番下の大きな引き出しを開けるといやらしい本やビデオやDVDがありました。私はイケる!と思い和人が戻って来るのを待ちました。

和人は部屋に入ると私が机の引き出しを開けてる事に気付き慌てて引き出しを戻し顔を真っ赤にして

「やめろよ!勝手に人部屋を荒らすなよ。」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2017年12月22日 | SEX告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

【おっぱい】親友(オナニーの手伝い)【告白体験談】

君江のバージンを貰ってから5日ほど経ちました。絵里と連絡するのは戸惑いもあり自分からもしなかった。絵里からも何もなかった。

僕達は中学の卒業式を迎えた。中学時代は一番変化があった時でした。

チン毛が生えた。皮も剥けた。オナニーを覚えた。DVDで初めて女性のオマンコやエッチな行為を見た。実際に2人ものオマンコを直に見て、触って、舐めて、指を入れて、オチンチンを入れた。オチンチンを触ってもらって舐めてもらい口内射精までし飲んでもらった。中出しもした。

なんと言っても2人のバージンを貰ったことが一番でしょう。今、思うとすごい事だと思いました。卒業式、久々に絵里の姿を見た気がした。君江の姿もありました。二人とも最後のセーラー服姿なんだなぁ~と思いました。卒業式が終わり女子の半分は泣いて絵里も君江も泣いていました。

A、B、C、Dとしゃべっていると絵里と君江がやってきました。君江だけが違う学校に行ってしまい、しかも全寮制なのでなかなか会うことも出来ないと、みんなで別れを惜しみました。

5日ほど前に君江とセックスしたのが嘘のようだった。君江も僕も普段と変わりませんでした。

どちらかと言うと絵里の方がなんとなく僕を避けているように感じました。

みんなで君江とツーショットで写真を撮った。僕との時だけ君江が腕を組んできて皆に茶化されたのを覚えています。

解散の時、君江と絵里は泣きながら別れを惜しんでいました。今日は卒業式ということもあり、みんな家で何かあるらしく見事に各自の家に散っていきました。

僕の家でも母は仕事を休み夜はお祝いすると言っていました。

夜に家で卒業のお祝いをしてもらいご馳走を食べて、部屋でのんびりしていると母親が来て「絵里ちゃん来てるよ。早く降りてきなさい」僕は急いで階段を駆け下りました。

玄関に絵里が立っていました。夜にうちに来るのは初めてだったので驚きました。

「話をしたくて・・・」と絵里が言うので部屋に行くことにしました。

話とは君江とセックスした日のことでした。あの日、実は絵里は戻ってきたそうです。部屋の前来ましたが僕と君江がまだセックスの最中だったらしく、しばらく部屋の前で座って待っていたが急に涙が出てきて、そこに居るのが辛くなり家に帰ってしまったそうです。

自分の気持ちがわからないと言い、しばらく僕とは2人だけでは会わないようにする。僕の家にも来ないようにすると言いました。高校生活が始まり、運よくA、B、C、Dと僕は同じクラスになりました。絵里とは違うクラスでした。絵里とは、たまに学校ではみんなと一緒に前のように話します。ブレザー姿の絵里は一段と可愛く、少し大人に見えました。絵里はもてるようでいつも周りには男が寄ってきていました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【M男】家庭教師先のJKに調教された僕2 【告白体験談】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:M男の告白体験談

【浮気・不倫】ウェディングプランナー「抵抗してもするんでしょ?」 【告白体験談】

式場回りをしていて某ホテルウエディングの式場へ足を運んだ。

プランナーのLさんは色白ですごくタイプの子だった。



式をしたあと、夜に良い部屋に泊まれるのがウリだとLさんは言っていた。

CMもやっているのでその印象を書いたりアンケートに答える。



Lさんは白の薄いブラウスを着ているのだがサイズが少し大きく、アンケートの

説明で前にかがむと隙間から中のブラが見えそうになるので目線がそっちに行ってしまう。

横に式場を一緒に回っている真理がいるので気づかれないように見る。 

 

ガーデン挙式もやっていて、通路から外で他の人がやってるのを見せてくれたが、

前に立っているLさんの横幅のあるオシリばかりコッソリ見ていた。



「ガーデンウェディングいいですよね、私もいいトシなんで両親から早くしろと

言われてて。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||

2015年4月29日 | SEX告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【中出し】援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

前回の話:援交で付き合っていたJKが、最後だからと自宅を訪ねてきた

4月になり、援交で付き合っていた天使すぎるJK(結菜)は専門学校へ通うため東京へと行ってしまった。

しかし、結菜によく似た妹の綾菜が結菜の通っていた高校に入学したということが気になってしょうがない毎日が続いていた。

とはいえ、せっかく職場に復帰できた身の俺は今は名誉挽回の為にも仕事に全力を尽くそうと頑張っていた。

通勤電車に乗っている時、綾菜と知り合いになるにはどうすればいいか色々考えてみた。

高校1年生の女の子にこんな年上の男が普通に声をかけても知り合いになれる可能性は低い・・・。

そうなるとやはり「金」で釣るしか方法はないのか?

でも、結菜の時はたまたまその金を求めている時だったからああいう展開にはなったが、そうでなければ門前払いだ。

とにかく焦らず、まずは知り合いになることが大事だと考えた。

俺は姉の結菜のことはできれば内緒にしておきたかったが、妹に接近するにはやはり姉の知り合いであることを伝えるのが怪しまれないし、知り合いになれるきっかけになると思っていた。

そんなある日の夜、結菜から電話がかかってきた。

結菜「こんばんは」

俺「やあ、元気でやってる?東京はどう?」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年3月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【寝取られ】女子大生の彼女に不良高校生の相手をさせた 続3編【告白体験談】

前編は以下のとおり



いつも彼女にフェラチオさせてた人のいないでかい公園の

駐車場に移動する事に決定。



運転席:俺、助手席:彼女

後部座席:金髪、DQN(長身),DQN(体育会系)

後部座席床:DQN(いじられキャラっぽいやつ)の状態で移動



金髪が「すげーこの子おっぱいやわらけえぞ。」

とかはしゃいでて



DQN(長身)が

「あの、俺らも触っていいんすか?」




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||

2015年2月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【寝取られ】女子大生の彼女に不良高校生の相手をさせた 続続編【告白体験談】

前編は以下のとおり



彼女の肩抱いて

「いいじゃん見せてやろうぜ。見たいだろ?」

「見たいっす。」



「無理!絶っっっ対に無理だって!」

「じゃあブラだけ。」



「それも無理!知ってるくせに!」

「何が?」



「ちょっと~」

完全に上目遣いでウルウル状態。




このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||

2015年2月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【おっぱい】諸事情で長い間ノーブラでいたんだけど色んな男子に服の上から胸をよく揉まれてた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

私の話でよければ、2つほど。

まず1つ目です。

小6の頃から胸が膨らみ始めたんですが、多分Bはあったと思います。

それでもブラは着けてませんでした。

隣の席のK君はそんな私の胸に興味深々だったみたいで、休み時間や先生の目を盗んで事あるごとに人差し指で私の乳首をピンポイントにツンツンしてきました。

周りの男子達も

「あいつ触ってるよ!」

といった具合に雰囲気が変わり、私は乳首を弄られてくすぐったいような、変な気分になりました。

しかし、私は本当に根からの引っ込み思案で内気で、何も言わないようにしてました。

そのうち、他の男子にもかわかわれながらツンツンされるようになり、放課後男子3人にニヤニヤされながらおっぱいを30分ぐらいツンツンされました。

乳首ばかり狙ってきて、次第に乳首が立ってきてしまい、男子達はニヤニヤ盛り上がりながら人差し指で乳首をさすってきたり爪で欠くように弄られ、その頃には私も変な気分になってた事を覚えてます。

もう1つは17歳の頃、胸はEからFの間になり、内気な性格や家庭的な事情もあってブラ欲しいとは言い出せず、実はノーブラでした。

Eカップでノーブラブレザーの女子高生なんていなかったと思います・・・。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月1日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【中出し】【援交】電車で天使のような可愛いJKに一目惚れして、ある日勇気を出して告白した【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺は30歳になるサラリーマン。

見た目はごく普通だが若く見られることが多く、25歳と言っても全然違和感はない。

会社を転勤になった俺は、今まで電車で向かっていた方向とはまったく逆方向の支店へと通勤することになった。

今まで乗っていた電車は市街地方面に向かう電車だったため、朝の通勤通学ラッシュはいつも大変だった。

しかし、今度乗るようになった電車は田舎に向かって行くのでいつも乗客は多くなく、通勤が楽になる分だけ助かった。

ある日の朝、俺はいつものように電車の先頭車両に乗り込んだ。

先頭車両には、部活の試合なのかジャージを着た高校生集団がわんさかいたので、空いてる席があるか後ろの車両へと移動をした。

田舎方面には会社などはほとんどないが、3つ先の駅近くには高校が3つあるため、通勤より通学をする学生が多かったのである。

田舎の電車なので車両は3両しかない。

一番後ろの車両まで行くと席が空いていたので座ることにした。

ふと、向かい側に座っているJKを見た時、俺は学生時代にしか味わったことのないようなトキメキを感じていた。

小さい顔に大きな瞳、黒髪は前髪を揃えていてハーフツインのサラサラヘアー、紺のブレザーにチェックのミニスカート細いふくらはぎに最近流行りのちょっと短い紺のソックス、そしてローファーを履いている。

まさに天使に見えた、1000年に1度の逸材と言われたあの某アイドルに似ていた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】【レイプ】幼い容姿をした同級生を脅し、ヤンキー仲間達と輪姦して中出ししてやった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺は頭が悪く、勉強が嫌いだったので高校は地域でも一番バカが集まる高校へ入学した。

頭の悪い高校には大概ヤンキーか単純に頭の悪いやつ、女もヤンキーかギャル、そして頭の悪い女が集まる。

そして入学してしばらくすると大体仲間のグループが決まってくるのだが、やはり似た者同士が必然と集まるようになった。

俺もどちらかといえばヤンキー気質なところがあったので、大体クラスのワルと群れてる事が多かった。

そして俺たちが高校3年生になった時の事だ。

同じクラスの女子に菜月という女がいた。

この女は身長145センチくらいしかない痩せ型、まあ顔はどちらかと言えば可愛い顔つきで、とても高校生とは思えない、まるで小学生のような風貌だった。

菜月はあまり明るい方ではなく、勉強もできなくてとにかく鈍臭い。

そんな性格が、クラスのギャル系女子からは凄くウザがられていた。

そんな菜月は度々クラスの女子からイジメを受けているようだった。

俺は当時まったく興味がなかったから別になんとも思っていなかったのだが、ある日仲間との会話で信じられない噂を聞いた。

「おい、あの菜月が援交したらしいぞ?」

「は?マジで言ってんの?あんなお子ちゃまがか?」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談
1 / 2112345...1020...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ