ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【近親相姦】妖艶な叔母と 【告白体験談】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも

言えない時のことである。

私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。

しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。



男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、

問題も多かった。

金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。



両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ

たらしい。

母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。



それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ

ることが出来た。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月18日 | SEX告白体験談カテゴリー:近親相姦の告白体験談

【フェラ・クンニ】スロットで爆発して20万近くになったから高級ソープに行った【告白体験談】

岩手県/名無しさん(20代)からの投稿

—-

スロットで爆発し20万近くになり、高級ソープに行きました。

若い子がいる店で、南明奈ちゃん似の子がついた。

スレンダーな子でローションで滑らせながらサービス。

「アッキーナに似てるね」

「嬉しい!」

そう言って笑顔になり、ローションで滑らせながら息子をスリスリ。

丁寧にフェラもしてもらい、素股でも滑らせながらマッサージ。

当然の流れで挿入だが、

「ゴム着けたよ?」

と笑顔で被せて花弁に挿入。

「あんっ!気持ちいい!」

と声を上げる姿とキッチリは締め付ける花弁に興奮。

19歳のすべすべぬるぬるボディは抱き心地抜群でした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年11月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【おっぱい】【母娘丼】大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した【告白体験談】

東京都/トモさん(20代)からの投稿

—-

叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。

叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。

都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。

大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。

まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでいて胸の大きな叔母が大好きだった。

自分の容姿が標準以下であることに気づいていなかった頃、そんなボクは結婚したばかりの叔母に纏わりついて

「一緒にお風呂に入りたい」

とせがんでみたり、叔母の腰に抱きついてみたりしては叔父に冷ややかな目を向けられていたのが子供心にも分かっていたのだけれど、叔母は嫌がりもせずにボクをお風呂に入れてくれていた。

大きなおっぱいで、色白の叔母は子供の目から見ても本当に綺麗だった。

一緒に湯船に浸かりながら無邪気なふりをして叔母のおっぱいに触ったり、背中から抱きついてみせたりした。

極めつきには、黒い草むらを目の当たりにした時には股間が何だかもぞもぞしていた。

しばらくして従妹が産まれて、それからも10年くらいは近所に住んでいた叔父一家だったが、その後、叔父の仕事の関係でボクの田舎とは別の地方に引っ越してしまった。

叔母に会えなくなったのは残念だったけど、ボクはボクで大学に入ってから実家から足が遠のいて田舎に戻ることも滅多になかったので、それからはすっかり疎遠になってしまった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【ゲイ・ホモ】セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた3 【告白体験談】

女とのセックスに飽きて、アナニーを始めた俺。セフレの人妻にアナルを責めてもらって、完全にメスの快感を知ってしまった……。



セフレの加奈子とは、相変わらず責めたり責められたりの関係を続けている。幼稚園の子供と、旦那がいる加奈子。家族をとても大切にしているくせに、俺の巨根に狂いまくっている姿を見ると、女って怖いと思ってしまう。



俺は、加奈子を寝取る快感と、男の娘として加奈子に犯される快感に目覚めてしまって以来、性欲がヤバいことになっていた。エロ動画やテキスト系のサイトを見ては、毎日抜くのが日課になってしまった。加奈子や他のセフレともほぼ毎日セックスしているので、本当に猿みたいだ。



加奈子を責めるときは、体験談系のサイトの”NTR使える寝取られサイト”で読んだプレイを試し、俺が責めてもらうときには”エッチな体験談や萌えた体験談ブログ”に書いてあった男の娘モノのような感じで、言葉責めもしてもらいながらアナルをガン突きしてもらったりしている。



今日も、昼間に加奈子の家に宅急便のフリをして上がり込み、バックで生ハメしていた。

いつものように夫婦の寝室で、結婚式の時の写真の前で生でハメていると、

『パパぁ! ごめんなさいぃっ! カズ君のチンポ生で入れてるよぉ! ンヒィッ! ンアッ! アッ! アッ! パパのじゃ、届かないとこにあたるぅッ!』

加奈子は、その幼く見える顔を歪めて、あえぎ続けている。昼間の自宅で、他の男とセックスをしながら、こんな大きな声出して平気かな? と、いつも心配になるw

「ほら、旦那のとどっちが好きなんだ」

『カズ君! このおチンポが好きぃっ! これじゃなきゃイケないぃっ! あっ! あぁん! イクっ! パパ、イッちゃうぅっ! み、見ないでッ! イッちゃうッ! 浮気チンポでイクっ!!』

加奈子は泣きそうな声で叫びながら、結婚式の時の写真を伏せようとする。タキシードを着た旦那の横で、ウエディングドレス姿の加奈子が笑っている。童顔で、真面目そうと言うか清純そうな加奈子が、優しげな微笑みを浮かべる写真は、とても良い写真だと思う。でも、俺は写真を伏せようとする加奈子の手を掴み、さらに突き上げる。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月13日 | SEX告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

【寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた完 【告白体験談】

僕にとっては完璧で、ルックスも性格も100点満点と思っていた嫁の美月。山本美月そっくりの、日本人離れした美しすぎるルックスは、僕ではとても釣り合いが取れないと思うほどでした。



そして、偶然知り合った美月の元カレ前田さん。僕のつまらない好奇心と、嫉妬心、虚栄心で、2人を引き合わせてしまいました。



あっという間に、以前の熱量を取り戻してしまった2人。その上、美月は気持ちを秘めていただけで、ずっと前田さんの事を想い続けていたことがわかってしまいました……。





僕は、美月から別れを切り出されることを覚悟しました。



でも美月は、僕と前田さんとの間で揺れ動く気持ちに、とんでもないケリの付け方を選びました。

受精しやすい3日間、毎日前田さんと子作りをして、妊娠したら僕の元から離れ、前田さんと一緒になる……妊娠しなかったら、今まで通り僕と暮らす。



人生を、そんなギャンブルみたいなことに任せるなんて、どうかしていると思います。でも、それくらいしなければ決められないという事なのかもしれません。






このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月12日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【学校】隣の空き家に若妻が越してきたらしく、ベランダでパンチラが見れた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺の実家のベランダから見えるアパートがあるんだけど、立地上そのアパートの2階の端の部屋からは俺の家のベランダと隣の家の窓しか見えない構造になっている。

その隣の家は今空家になっていて、そのアパートからは俺の家のベランダしか覗かれるという点において警戒するところはない。

俺が実家に住んでる時は長い間男が住んでいて注目してはいなかったが、この前帰省した時にちょうどベランダの真下にある風呂に入って小窓を開けた時のこと。

そのアパートには女が引越ししてきていたみたいで、ベランダで洗濯物を干している姿が目に入った。

その時はあまり気にしなかったんだけど、次の日昼に風呂に入って窓を開けたらまた女が洗濯物を干していた。

昨日はズボンだったけど、今日はバーバリーっぽいフレアのスカートで干してるもんだから下から隣の2階のベランダを見ている俺の目にはチラチラと白い下着が目に入って絶好のパンチラスポットになった。

もちろん見つからないように一発抜いたけどね。

その日、パチンコにでも行こうと俺は駅に向かったら駅で

「O君?」

と俺に声を掛けてくる人がいた。

見たら、中学の時の同級生のI子だった。

「めっちゃ久しぶりやん!私な、結婚してこのへんに引っ越してたんよぉ」

と10年ぶりに喋るI子の格好はさっきベランダで洗濯しているのと同じ。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月10日 | SEX告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【フェラ・クンニ】同じガソリンスタンドで働いていたギャルで人妻のM【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

今から4年前の話。

当時おれはとあるガソリンスタンドの社員として働いていた。

バイトの面接でやってきたMは俗に言うギャルで、胸は小さいが足がとてもキレイだった。

無類のギャル好きで脚フェチのおれにはどストライクだった。

まあ結婚してて子持ちだって聞いてたから、最初は特に意識してなかったんだ。最初は・・・。

主婦だったMは週1,2回の出勤だったからあまり絡みはなかったけど、休憩がかぶった時にはよく話してたりしてた。

おれの夜勤の時にはわざわざ子供を親に預けて差し入れなんかも持って来てくれた。

そーゆー事されるとこっちも意識してしまうもんで。

ある出勤が被った日、休憩室とは離れたところに従業員のロッカールームがあったんだけど、そこではじめてキスをした。

中学生みたいにキスだけでギンギンに勃ってた。

それから何回か密会を重ねて夜中に会う時があった。

その時は向こうの家に行ったんだ。

旦那は夜勤、子供は実家に預けたみたいで家にはおれら2人と犬が1匹。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月10日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【友達】夫は知らない私の2重生活【告白体験談】

私には夫に言えない隠し事があります。

夫は45歳で、食品会社の営業課長と言う事もあり海外出張も多く、家を空ける事が多いんです。

43歳で、課長に昇進すると夫の生活はガラリと変化し始め、会社の日は帰りが23時を過ぎる事が多く、

休日もほとんどありません。夫婦の会話も減り、夜の営みも無くなりました。私は32歳、やりたい盛りで欲求不満でした。

夫とは13歳差の夫婦。私は父を早くに亡くし、その影響か?年上の男性でないと魅力を感じないんです。

元上司の夫に憧れ、私から言い寄って結婚しました。

初めは、夫の帰りも早く夕食も一緒でしたし、夜の営みも週2回程あり満足していました。

休日も毎回2人でいろんな所に出掛け、本当に幸せでした。

(当時、夫が子供嫌いだったので子作りも諦めたんです)そんな生活も、課長昇進と共に崩れ始めたんです。ある日、私は買い物で時間を潰そうと歩いて駅に向かっていました。

何を買おうか?特に目的も無く、虚しさでいっぱいになっている時、公園が見えました。

砂場やブランコには小さな子供達とその母親が楽しそうに遊んでいたんです。

そんな光景を見ていると、1人で居る自分がとても寂しく感じて来て、更に奥にある池の方へ歩いて行きました。

長椅子に座ってボーっと池を眺めている時、池で洗い物をする一人の男性を見かけたんです。

汚れた服装で、髪もボサボサ、ホームレスだと直ぐに分かりました。

年は50代でしょうか?彼を見ている内に何だか父親がカブって来て、凄く可愛そうに見えました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年11月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【恋人】俺は自分のチンポを処理して 【告白体験談】

博多には放生会(ほうじょうや)というお祭りがある。

かなりの賑わいで、沢山の人・人・人

その中で偶然にも、数年前にエッチした人妻を見かけた。



その人妻は、自分の事を『じゅり』と言っていた。

本名ではないと思っていたが、本人曰く本名だと…

あまりにも聞かない名前の為、逆にそれが印象強かった。



『じゅり』との出会いは、とあるサイトでだった。

旦那と喧嘩して、むしゃくしゃして、何となくサイトに登録したところに、

俺からのドライブに誘うメールが来たので返事をくれたらしい。



待ち合わせ場所は、ユメタ○ンと言うショッピングセンター。

俺は車に乗り込み、その後もメールをしながら車を走らせた。

そんなに遠い場所じゃなさそうだったので「30分もすれば、着くよ。」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||

2014年11月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:恋人との告白体験談

【浮気・不倫】この間人妻と割り切ってきた 【告白体験談】

先日、人妻不倫密会クラブで出会った人妻のOLとホテルへ。



まだ20代後半で援だったがかなりの美人だった。



最初は普通にHしたが、そのあと手だけ縛らせてもらい、再びゆっくり愛撫…



まんぐり返しの体勢にして指を出し入れしてやるとこらえきれないような高い声をもらす。



だいぶ濡れたところで小瓶を取り出して見せ、「これ、媚薬だよ…」と中身を指に塗って目の前に差し出すと「やだやだ…!」と身をよじって逃げようとする。



が、手を縛られてまんぐり返しの体勢、しっかり押さえ込むといくら暴れても動けない。指にたっぷり塗ってまんこに差し込むと「やっ…やあっ…」と言いながらもかなり感じてる。何度も指に塗っては奥の壁をこするように塗り付けてやるとそれだけで身体がビクンビクン跳ね、愛液が溢れて来た。



そのままイカせようかと思ったが考え直し、指を抜いて放置。「5分くらいで身体中敏感になるから」と告げ、そのままテレビでAVを見始めると女が半泣きで「ひどいよ…」と責めてきた。無視してAVを見ながらチラチラ観察していると…縛られたままの女が、足をもじもじさせ、身体をくねらせ始めた。



乳首も今まで見たことないくらいピンと立って、腰も突き出すように浮いてる。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||

2014年11月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ