ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】美味しい思いさせて頂いてます。【告白体験談】

先日留学生のお客さんが店にきました。(国名は控えさせて頂きます。)

その子は日本に来て1年ほどになるらしく、現在はお姉さんの所で一緒に住んでいるので

すが、

友達と一緒に住もうと言うことになって部屋を探しに来ました。

初日は友達と二人で来て、いろいろ条件の話をして該当物件が無いので帰らせました。

そして数日後に電話を掛け一つだけ良い物件があるので見ようと言うことで呼び出しまし

た。

留学生なので時間に限りがあるので、夜に見に行くことになりました。

その当日は一人だけで来ました。しかも可愛い方の子だけが!!

私は喜んで、部屋を見せに行きました。時間は夜の9時。

中にはいると、当然真っ暗です。

外からのライトが入りますが、ほとんど見えません。

二人でぶつかりながら、中を探索します。

ぶつかった時に彼女の胸を触りました。

その胸の大きいこと!!聞くとなんとFカップだそうです。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月15日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】お盆成人式飲み会【告白体験談】

夜の飲み会で高校時代、片想いだったC子の隣に座り

昔話で盛り上がりつつガンガン飲ませた。

自称酒豪と名乗るだけあり、相当飲んでたC子だが

とうとう酔っ払ってしまい俺と話してるが既に呂律が回ってない。

トイレと行って席を立ったC子を追いかける様に部屋を出た俺は

廊下で追いつくと、肩に手をまわしトイレに行きたいC子を半ば

強引にトイレ横の非常階段に連れ出した。

階段に崩れる様に座ったC子は壁にもたれ掛かりボーっとしている。

横に座った俺は適当な話を並べながら、体を密着させC子の反応を

見ながら肩に手を回し抱き寄せると・・・俺にもたれ掛かって来た!

更に俺は喋り続けながら右手でC子の汗ばんだ髪の毛を直してあげ

そのまま右手をC子のミニスカ越しに太腿の上に置いた〜

C子の肩に回した左手で、C子の耳たぶを摩りながら右手で内腿を

さすり徐々に股間へ近づけて行った。

耳たぶ摩りに擽ったそうにピクッ×2反応しながらも


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月5日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【笑える】ふふふ【告白体験談】

僕が初めて一人で美容室に行ったときのこと。中学までおじちゃんが切ってくれる

床屋で済ませていたので、女性が切る美容室に行くのはかなり恥ずかしかった。

それまでに一回行ったことがあるのだが、床屋のおじちゃんはずっと始終無言で

接してくれて楽〜な姿勢で切ってもらえるが、美容室の女性となるとこれは

もうペチャクチャお喋りが止まないぐらい話題を振ってくる。

何を話せばいいのか分からず、母と行ったときずっと凍ったようにカチンコチンのまま

「はい、そ、そうですよね(引き攣った笑い)」の繰り返しで済ませていた。

それ以来もう美容室なんて行くもんかと決めた。



 だけど悲劇は訪れた。

ある日母親から変態みたいに髪が伸びてるから散髪行ってきなさいと言われ、

3000円渡された。

 3000円を握り締め、自転車でだるそうにウィリーしながらいつもの床屋に向かった。

だがいつもの床屋は2週間前ぐらいに潰れていたのを思い出し、あと近くには

あの恐ろしい美容室しかないことに気付いた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||

2014年7月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:笑える告白体験談

【おっぱい】マンションのベランダでオナニーしてる外人を目撃した【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

近くのマンションに住むヨーロピアンの生態をお知らせします。

僕は自衛隊の基地の近くに住む大学生です。

夜間訓練だとかで夜中でもジェット戦闘機が飛ぶので、僕の受験を考慮した両親が新築の高層マンションを購入して住むようになって、はや5年になります。

両親が無理してくれたお陰で、高校も大学も第一志望校に入れました。

防音設備が充実した最新の設計で建てられたマンションのお陰なんでしょうけど、勉強も捗りましたし、高い所から遠くを眺めるのも気持ち良かったし、数kmも離れた所に打ち上がる花火も遮るもの無く見えるしで申し分無かったんです。

大学に入ったばかりの年頃ですから何を目当てにと言うことも無く、ベランダから景色を眺めていました。

僕の住んでるマンションは16階建てで、僕のいる階は15階で角部屋。

東側と南側にベランダがL字型にある部屋です。景色を眺めるには良い環境でした。

その日は土曜日でした。

僕のマンションの東側のベランダから街並みを眺めていると、ここから数km離れた所にある6階建てマンションのベランダに派手なひらひらした服を着たショートカットの女性がいました。

僕の所のベランダからは目視では判らない距離ですが、もしかしたらラッキーな場面に遭遇するかも・・・という期待もあって、スポーツや競馬を見るための倍率10倍の小型の双眼鏡と中学生の時に買って貰った望遠鏡を用意していましたので、すぐに双眼鏡で確かめた次第です。

外国人だからか年齢など不明です。若いように思うのですが割りとイッてるかも知れません。

外国人の年齢は全く判りませんが「綺麗だな」と思いました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【友達】ある鬼の記録 ゆりの場合【告白体験談】





俺はそれでもしばらくは息を潜めた。

美緒の家が空き家になったのを確かめてから1週間も、だ。

そして、思ったより俺の楽しみは続けられそうだと思ったとき、少し落ち着いて考えてみた。

まず第一に、家で犯ったのはヤバすぎた。もっと心置きなくできる場所でじっくりいたぶってやりたい。

第二に、まちがっても「訴えよう」なんて気を起こされずに済むように弱みを握る必要がある。

そのためにポラロイドカメラを使うことにした。

こいつでやばい写真を撮ってそいつを添えて送り返せば、だんまりを決め込んでくれる親も多いだろう。

第三に、やはりひとところに居場所を定めてその周辺で事を起こし続けるよりは、散発的に事を起こしたほうが尻尾はつかまれにくいと考えた。

俺はなけなしの退職金をはたいて中古のワゴン車タイプのキャンピングカーを買い、ソファベッド以外の設備を取り外し、がっちりと防音処理をした。

住み慣れたボロアパートを引き払い、かなり豪華な「ホームレス」生活を始めた。

ただ少女を襲うためだけに、残り少ない人生を使うことに決めた。(こんな生活してちゃ長生きはできないだろうから)

俺はあてもなく、「ガールハント」の旅を始めた。

2番目のカモは、も少し小さめのほうがいいな、と思っていた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月12日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻】写メール【告白体験談】

あまり思い出したくない嫌な思い出ですが、同時にものすごく興奮する自分がそこにいました。

気持ちの整理も付いてきたのでお話します。

私は結婚5年目の35歳です。

ある日同僚数人と飲んでいるときお互いの妻の話題になりました。

内容はとてもくだらなく、週何回セックスするとか、結婚する前の男性経験の数などでした。

妻は29歳で私とは職場結婚、当然みんなとも顔見知りです。

皆互いの妻の男性遍歴を話し始めましたが、私の番になり、「特に聞いた事がないから知らないぞ」と答えました。

同僚たちはこれで納得しませんでした。

「なんだよ、俺達のカミさんに恥じかかせて、お前はそうやって気取っているのか?」

などと絡み始める始末です。

皆酒が入っているせいか、普段はどうでもいいようなことに突っかかってきます。

最後には私が妻と結婚したのが悪いと言い出す奴もいました。

「じゃあ・・こうしないか?」

くどく絡んでくるもう一人の同僚を制してTがこう切り出しました。

「な・・なんだよ」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月12日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】修学旅行で、女子3人と【告白体験談】

高校の頃、修学旅行で広島・京都に行った。

1日目は広島見学。

原爆ドームなどを見てホテルに行った。

男子は6階で女子は7階。先生達は4階だったので、簡単に女子の部屋に行けた。

みんな携帯を持っていっていたので、ホテルでメールしてたら、

女子達が「あたしらの部屋であそぼ」って言ってきた。

時間は2時半。俺と同じ部屋の男子は全員寝ていた。

さっそく女子の部屋へ行く。廊下は静まっていて、みんな寝ているみたいだった。



女子の部屋の前についてインターホンを押すとすぐにドアが開いた。

その部屋には亜美、奈都妃、千秋の3人がいた。

みんなかわいくて、男子にも人気のあるほうだ。

お風呂に入ったばかりなのか、みんな髪が濡れていて妙に色っぽかった。

俺が一人で来た事にはみんな何も言わなかった。

メールの雰囲気も「一人で来てね」みたいな感じだった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】公園でおしっこ【告白体験談】

今日も何時もの公園にいきました。

平日の昼間の公園は誰も居なく静まりかえっていました。

ベンチに座りオナニーをしましたが何か物足りませんでした。そこで、ショーツに手を掛けベンチに座ったままで脱ぎました。「私、今ノーパンよ、見て」っと心で叫びながら、少し股を大きく開いてクリを撫でました。でも、周りに人影はなく誰も私に気付いてくれません。私はここで全裸になろうと思いました。

全裸になってオナニーをしたら、誰かが、いや皆が見てくれる。私のスケベな姿を、オナニーをしている姿を。そう考えるだけでクリは敏感になり、マンコに指を入れるといやらしいお汁がいっぱい出てきて、お尻を伝いベンチまで流れ出しました。

私は回りを見渡して、まずスカートに手を掛けました。足が振るえだし心臓の鼓動が全身に伝わり、もの凄い罪悪感と緊張で振るえは全身に広がりました。そしてホックを外しファスナーを下ろし、ベンチに座ったままでスカートを脱ぎました。恥ずかしさや緊張で身体が動きませんでしたが、ゆっくりと指をマンコの中にいれると、またおびただしい量のお汁が出てきました。

こんなところでオナニーをして、それも下半身裸で、何か反社会的な罪悪感、それに誰かに襲われたら、そんな恐怖感、色んな思いが頭をよぎり周りをきょろきょろしましたが人の気配は無く、そこし安心感が出てきて、マンコに入れた指を更に深く入れると、もの凄い快感が全身を襲いました。そして、もう片方の手をティーシャツの中に入れおっぱいを揉みました。私は、全身にを走る快感では更なる刺激を求め、ティーシャツの裾を両手で持ち上げ、ためらい無く一気に脱ぎました。

私は全裸。公園のベンチで一糸纏わぬ姿。今度はもの凄い恥ずかしさと興奮で、我を忘れてオッパイを揉み、そしてマンコに指を深く入れかき回しました。マンコに指を4本入れ親指でクリを撫で回していると「あっ、あっ、い、い、いく~」息が止まり全身が硬直しいってしましました。そして、止めて息をスーっと吐くとマンコに入れた手に生暖かい感触が・・・

全身の硬直から解放されると、今度は関を切った様うに、オシッコが流れ出しました。

失禁です。「あっ、オシッコが出てる。止めなきゃ。だめ、恥ずかしい。」

そう思っても、興奮の余韻で頭はボーっとしており、流れ出すオシッコがとても心地良く感じられ、またマンコに指を深く入れてしまいました。

少し休むと、とても恥ずかしくなりあわてて服を持ってトイレに駆け込みました。

公園で全裸は凄く興奮しました。

SEX告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月3日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】きょうこの自分を壊すオナニー【告白体験談】

これは、限界まで挑戦したい人向けの方法です。

ちょっと危ない方法なので実際するときは注意してね。

ちなみに私はもうしたくありませんから(爆)

用意するのは、荷造り用の紐、タオル、ガムテープ、バイブ。

バイブをあそこに入れて、抜けないように下着で固定させて、

さらにG−パンを上からはく。

そして、バイブが抜けないために、ガムテープでぐるぐる巻きか

ベルト通しのところには、紐をぐるぐる巻きつけてG−パンを

しっかり固定する。コントローラはもちろんズボンからだしく。

ここからがポイントで、正座状態で、各足ずつ足首から太もも

にかけてガムテープを両足にまいて固定し、足が伸びないようにする。

さらに、両足をガムテープでまいて、足が開かないようにする。

ちょっと試したい人はここで、電源入れてみて。

悶えようにも足が固定されてあまり身もだえできないから(^^;)

んで、さらに限界を求める人、超Mな人は両手首にタオル巻いて


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月3日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】最高の3P(2)【告白体験談】

 ガウンを脱いだ私に,「あ〜あ・・・」という顔を向けていたSが再度私の股間

に視線を向けたとき,ギョッとした表情に変わりました。

 浴室での状態とは異なり,ペニスは18cm前後のサイズに勃起しており,かつ

太さは4cm程と先ほどの状態とは比べられないような状態になっていました。

 私のペニスは普段は縮こまっていますが,性的に興奮するとサイズが大幅に変わ

るほどに勃起するのです。

 そのことを私はチャットで敢えて伝えていませんでした。

 で,そそり立ったペニスを揺らせながらSに近づくと,あまりの大きさにSが後

ずさりします。今までKと同じくらいのサイズの男性としか経験がなかったので,

流石に少したじろいたようでした。

 私は彼女にのしかかり,バストを再度K以上にねちっこく愛撫しました。舌だけ

でなく10本の指を全部使って,指先で全身を撫で回すのです。

 全身を隈なくマッサージするように愛撫するうちに,性感帯を一つ,また一つと

見つけては刺激し,それだけでSは悶えました。

 さらに股間に顔を埋めて,アソコを広げて舐め回すと,


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||

2014年7月2日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ