ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻】「単棹独穴②‥承諾ⅠⅡ」【告白体験談】

 女性が 男性からのプロポーズを承諾する迄には、どんな 心の働きがあるのでしょうか?。〝自分が 申し込まれたら…〟と 考えても、なかなか 察しにくい処があります。(続く)

 (承前)男の側の気持ちも 単に〝好きだから…〟だけでは申し込め無い、色々な 要素があります。直接にはやはり 〝この女(ひと)と ズッと一緒に居たい、そして 抱き締めたい〟と云う直接的な気持ちですが、その後の「長い 一緒の暮らし」を考えると やはりそれだけでは済ま無いのです。多少は折り合うにしても どうしてもお互いの、独身時代の性向を確かめ、今後の新生活のデザインが 〝何とかなる〟見通しが欲しくなります。

 だから 私も女房にプロポーズするまでには、いろいろと躊躇い 思い巡らすことがありました。特に彼女は 親友の妹だったので、もし断られて 親しい以上に好きだった彼と疎遠になるのもイヤだし、〝イエスと云って貰えない 可能性があるなら、プロポーズは 止めよう〟とも思いました。大体それまで 結婚など頭に無かったのに、〝オレも 結婚を考えるか…〟と 思い始めたのは、遠隔地に勤めて居た彼の処に 遊びに行ったとき、ふと見た机上の手紙で 彼が女性と付き合って居ることを知ったからでした。急に彼との距離が遠くなり やがてはお互いに…と云う現実が 突き付けられたのです。

 当時私は留守見舞いと称して 彼のお母さんと妹や弟の居る実家を時々訪問し、その経緯を含めて 頻繁に彼へ手紙を出します。実家では弟は留守勝ちでしたが お二人が気持ち良く歓待し呉れ、特に妹には 〝結婚するなら こんな人が良いナ…〟と、ふと 思ったりもしました。私が彼の処で結婚を意識したのは そんな頃でした。彼とはお互いにノン気の仲で 彼が女性と付き合うのも当然ですが、判ってはいても それを知るとショックで涙が出ました。そしてその日以降 私は自分の気持ちを抑え、彼への関心を逸らして 〝自分も やがて結婚しなくては…〟と、気持ちは一挙に 彼の妹に集中します。

 その内に彼女とは 映画や芝居に一緒に行くようになり、ある日帰りに都電のホームで 肩が触れ合い、彼女が瞬間に激しく緊張したことで 彼女との「男女の関係」を強く意識します。そうなると 不思議なもので、今まで近くに据わり 触っても平気だったのが、少し 距離を置いて据わるようになります。家は親父が早くに死んでお袋と二人暮しでしたが、もし結婚すれば 同居するので、隅田川の花火の晩に彼女を呼び お袋に逢わせたりもしました。お袋は仮住まいの倉庫の二階で アイスクリームを舐めながら一緒に花火を見物し、彼女とも2時間ほど話して 「いい娘じゃないか…」と好感触でした。

 そんなある日私は 彼女の家に遊びに行って、夕飯を ご馳走になります。その日は弟も居て 食事の後で話をしていたときでした。彼女が何気無く 「昨日の夜 〇〇さん(私のこと)が来た夢を見たワ…」と云います。これを聞いて私は 〝〆た!… 夜夢に出てくるほど潜在意識に這入りこんで居るなら、プロポーズしても まず断わられはしいだろう…〟と確信したのです。彼女となら 話も合うし趣味も一緒で、家事は云うこと無くこなすし お袋とも充分に折り合えると思いました。話の順序は お袋の諒承を貰って、彼女に告白し もしOKなら彼に直接報告して、彼のお母さんの お許しを貰う段取りです。

 まず お袋に話すと、私が一人っ子で 兄弟も居無いことから、〝良い娘さんだし 親友の妹ならお前も心強いだろう…〟と 二つ返事です。それではと いよいよ彼女へのプロポーズです。私が休みの週日に お母さんと弟の居無そうな昼間に彼女に電話すると、「一人で淋しい処だから どうぞ…」云います。嬉しくなって 肚で〝今 淋しく無くして上げるからね…〟と独りごちながら訪問します。家に着き坐ると 始めはいつもの世間話ですが気が焦ります。家族が居無い内に 肝心のプロポーズの返事を貰わなければなりません。やがて暫く躊躇ったあと 「今日は 話があるんだけど…」と 切り出します。(Ⅱへ 続く)

【同穴 : 承諾Ⅱ】

 (Ⅰより 承前)「なぁに…」「貴女… 今好きな人居るの?…」 「‥‥‥ 居無いわ…なぜ?」「良かったら ボクと結婚して呉れない?…」、彼女は眼を伏せ 真っ赤になり黙って居ます。 ‥‥‥。

 *以下の記事へは 間違って訪問した未成年者はもちろん、Sex描写に嫌悪を感じる方は お這入りにならないで下さい。

 「ドォ… ダメ?…」、やがて彼女は顔を上げ 私の眼を見て、小さな声で 「ハィ…」と云って呉れました。「有り難う!…」と 思わず両手を差し出すと、前に坐っていた彼女は 私の胸に飛び込んで来ました。私が夢中で両手で肩を抱くと 彼女は両膝を私の右に揃え、上体を私の胸に合わせ 頸を左側にに両手で私の脇の下を抱いて呉れます。私はもう 溜まりません。自分の頸を左に捻じ曲げると 頬摺りをして唇を探ります。

 見ると彼女は眼を瞑り目尻に涙を溜め 私の胸にしがみ付いて居ます。私は右手を肩から外し 彼女の頭を持って彼女の顔を私の方へねじ向けます。私も初めてで どうしたら良いのか判ら無いので、とにかく ソット唇を合わせます。柔らかい 唇です。首を横に小さく振って 唇を擦るようにすると、彼女は 身体を固くしてしがみ付きます。頭のどこかに 〝キスは 吸うもの…〟と云う思いがあったので吸ってみますが、彼女は身体を固くするだけで 反応はありません。もっと強く唇を合わせてみようと 力を込めるとガチッと歯がぶつかります。これでは仕方ないと思い切って 彼女の唇に舌を差し込みます。

 合わせた唇に中を舌で探り 彼女の閉じている歯を舌でねじ開けるようにすると、彼女は僅かに歯を開き 私の舌が彼女の舌に触れます。〝コレダ!〟と思い その舌を思い切り吸うと、彼女の舌が 私の口にベロッと這入って来ます。柔らかい 温かな舌でした。私はそれに舌を絡め ネットリとしゃぶっると、彼女もイイ気持ちらしく 身体を堅くして突っ張ったまま、舌は私に任せて しゃぶらせます。あんなに身を守って閉じ 緊張して居た彼女が、今私の腕で眼を瞑り べロリと舌を弛めて任せ切っています。それを見たら 私も堪りません。ペニスは突っ張って勃ち切り 私の膝の彼女の尻の下で脈打ちます。

 お互いの胸を合わせて揉むようにすると 私の胸に彼女の乳房が当たります。抱き合ったまま唇を離し 「ネェ…今度は 貴女がしゃぶって…」と云うと、彼女は小さく頷き 私と唇を合わせて私の舌を吸い込みます。私が舌の力を抜いて 好きなようにしゃぶらせると、彼女は普段の淑やかさに似ず 私の舌を頬張って自分の舌を縦横に絡ませます。その内二人の口の周りは お互いの涎でズルズルになりました。舌を絡めて その涎だらけの口の周りをヌルヌルと擦り合わせると、何とも自堕落な 〝お互いに 汚しあっている!〟 自虐的な快感があります。その内… ふと気付くと2時間が経って居ました。

 キスは始め 〝ナンダこんなものか… ちっとも美味しくないじゃ無いか〟と思いました。しかし 2時間も舌を絡めあっていると、生まれて始めての 女性の顔が目の前に迫って、それだけでも ドキドキするのに、これも始めての 舌の絡め合いですから、その一体感は 宙に浮かぶようです。動悸は収まって来ましたが ペニスは勃って 彼女には云えませんが、もう先端は カウパー汁でヌラヌラ濡れて来て居ます。しかし彼女と この後の段取りも話し合わなければなりません。「ありがとう… 後の話だけど…」「えぇ…」 「まず 彼の処へ行って話して、それから お母さんにお願いに来るから…」「ハイ…」‥。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月18日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】撮影会に興奮する妻【告白体験談】

私の高校時代からの友人(明)は、写真屋の息子です。

明とは学生時代からの仲良しで、就職した後もちょくちょく会う仲でした。

でも、ここ最近仕事が忙しのと私も結婚した事で会う機会がめっきり減ったんです。

そんな時、会社の旅行写真の焼き増しを依頼され、私は明に頼む事にしました。

明の家に行くと、昔と全く変わぬ店構え!何だか懐かしくなりました。

店のカウンターに座る明に声を掛けると、笑顔で出迎えてくれたんです。明:久々だなぁ!全然顔出さないから、心配してたんだぞ!

私:ごめんごめん!仕事忙しくってさぁ、しかも結婚しただろ、中々自由が無くて・・・

明:そうだったなぁ、奥さん元気か?子供はまだなのか?

私:ん~まだ出来ないよ!そっちは結婚しないのか?

明:俺は、独身満喫してるんだ!結婚はまだいいかなぁ! で今日はどうした?

私:そうそう、写真焼き増し頼むよ。会社の旅行の写真なんだ!

明:悪ぃなぁ!気を使って俺の所来るなんて・・・

私:まぁ気にするなって!

明:そうだ、今度久々に飲みに行こうぜ!

私:そうだなそんな感じで、私は久々に明と飲む事になったんです。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月18日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】年賀状がきっかけで・・・【告白体験談】

正月はテレビ番組もどこも似通った内容でほとほと退屈になる。

妻と二人コタツに入りながらみかんをつまみ、酒を飲みつつ、届けられた年賀状の束に目をやる。

おおよそ、百通ほどの束を自分宛と妻宛に分けてみるが、ほぼ五分五分で、今年は勝ったの負けたのと

つまらぬ勝負にも決着が付かないような緩い昼下がりだった。

何気なく妻宛の年賀状を見ているうちに何のコメントも無い家族たちの写った年賀状が目に入った。

「なにこれ?ノーコメント?」、そう言いながら妻にその年賀状を差し出した。

一瞬ではあったが、妻がなんとも表現しがたい表情になったので、気になってしまい、聞いてみた。

「あなた、聞いて気分悪くしない?」とほろ酔い気味の妻が、やや艶っぽい笑みを浮かべたので直感的に

「関係」の有った男だなと感ずいた。

「結婚して10年以上だぜ、いまさら過去の男の事を聞いても腹は立てないよ。」

「じゃあ、話すね・・・」

やはり、妻の大学時代の彼氏だった。

「彼氏ってことは、当然セックスしたんだろ?」

「当然よ、お互いセックスに興味大有りの頃だったから。」

「何年くらい付き合ったの?」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月18日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】妻と友人のキス【告白体験談】

私・45歳、妻の和美・42歳の夫婦です。

私は以前から寝取られ願望を持っていました。

妻の説得も長期に渡って行っては来ましたが、

妻が首を縦に振るには到らず…

妻の認識の中にそう言った、

「寝取られ」というプレイがあるというのを理解させる所までしかいきませんでした。

きっとこれから先も、私が現実に妻を寝取られる体験はできないだろうな…

と半ば諦めながらこのサイトを覗く日々でした。

ところが、世の中何がどう転がるかわからないもので、

意外とあっさり、妻と他人のセックスを目にする事が出来てしまいました。

先週土曜日の事です。

自治体の夏祭りがありました。妻と二人、浴衣を着て出掛ける事に。

そこで私の友人、島田の家族と落ち合いました。

島田は中学からの友人で、家族ぐるみの付き合いをしています。

我が家はまだ子供がおらず、子供好きな妻は島田の子供達を大変可愛がっていました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】泥酔した夜【告白体験談】

私の秘密を、ばらしちゃいます。

旦那とは、定期的にセックスは、してるけど、子作りの為のセックスだから、新婚当初の熱い感じは、無くなって、事務的なセックスに終始してます。

ある日、旦那が、二泊三日の社員旅行で外泊した。

独身の女友達3人と飲み会をしました。私はお酒が弱くマイペースに飲んでたんですが、若い男性から声をかけられて、

可愛いだの、スタイル良いだのと、おだてられて、

旦那からは、発せられないセリフについ嬉しくなってピッチか上がり、泥酔しました。

帰り道が同じ3人の男性と、私はtaxiに乗り込みましたが、寝ちゃいました。

目を覚ましたら、裸で挿入されて、中に射精する瞬間でした。次々と男性が私に挿入し、中に果てて、

朝、完全に目を覚まして、だるい体を持ち上げると、3人どころか、8人の男性が折り重なり、雑魚寝してる。こんなに相手したのかと、改めて考えました。

重い腰をあげて、破れた服を、手で押さえて、taxiで帰宅中、中から、ザーメンがしみだして、パンツはおろかスカートまで濡れて、座席を汚してしまったわ。帰宅して、直ぐにシャワーを浴びて下腹に力を入れると、ボトボトと、ザーメンが漏れだしました。

不思議と、屈辱感も旦那への罪悪感もなくて、気だるい体が心地良かったわ。

翌日、女友達に話を聞くと、茶を濁すので、私程では無いにしろ、何かは、起きてると思った。

ある日、スーパーで、男性に声をかけられて、動画を見せられました。恍惚な表情で、顔射を受けて、お掃除フェラしながらマンコを突かれて両手で、チンポをしごいてる姿、

男性は、決まり文句で、誘ってきた。

私は思い切って、ずっと考えてた。事を男性に告げた。素面で複数に、ヤられたいって、男性は、願ってもないと、言いました。但し、夜は、旦那の手前、無理だから、昼に私の家でと、頼みました。 最初は、4人しか集まりませんでしたが、さいこうで、セックスで、意識が飛ぶのをはじめて経験しました。週2ペースで、集まってますこの前なんて、15人に輪姦、それもアナルと口とマンコで、3周もザーメンを受けきり。次の集まりでは、調教師ってあだ名の男性が傘下するって今から、濡れ濡れだわ。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】妻が無理やり…【告白体験談】

八代美香…36歳。A型。身長160センチ B84、W60、H87

妻の性格は一言で言えば、おっとり型

いつも優しく微笑んでいる事から“モナリ ザ”というあだ名を子供達から付けられている。

趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント

特技は、ピアノと書道、そして昔取った 杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。

これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。

夫婦仲は普通でしたが、最近、妻が私の求めを拒むようになって来たのです。

疲れているから…と布団を被って申し訳なさそうにやんわりと拒まれては私も怒る訳にもいかず、何度か肩透かしの目に遭っていたのでした。

浮気などしている素振りもないし、オナニーで満足している訳でもないだろうが、いずれにしても私にすれば不満だった。

そんなある日東京にいる友人から一通の手紙が届いた。

その友人は地元にいた頃は無二の親友だった男だから久しぶりの連絡に喜び勇 んで封を開けた。

その手紙には信じられない内容が書かれていた。

『ご無沙汰しております。

実は私今アダルトビデオを製作しているビーナスという会社の取締役を引き受ける事に致しました。

業界の事は不案内ですが引き受けたからには誠心誠意努力していく所存であります。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】嫁と一緒に帰宅したら空き巣が【告白体験談】

とある日曜日、俺と嫁が昼食を外で食べて家に帰ったら

様子がどこかおかしい。

廊下に土足の足跡がペタペタあった。

玄関で俺と嫁は顔を見合わせた。

「お前は外に出て警察に連絡して、そのまま待ってろ」

嫁にはそう言って、俺はそのまま玄関から中に入った。

今考えれば、俺も外に出て警察来るまで待ってればよかったんだろうな

でも、今まで一日200円のお小遣いで我慢して、

タバコも止めてコツコツ貯めたマイホーム資金の預金通帳なんかが心配になって、

すぐにでも財産の無事を確認せずにはいられなかったんだ。

頭に血を上らせながら部屋に上がって、

通帳が隠してあるタンスを開けたらとりあえず通帳は無事。

ふー、よかったよかった(;´Д`)

これが無事なら、あとはもう小さな問題だよ

すっかり気分がホッとした俺は、


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】教師と教え子の禁断関係 1-1【告白体験談】

「転勤」突然の事でした。

教職に就いて6年を迎えようとしている30歳の女性です。

街場の学校を2校経て、今回が3校目でした。

しかも、今住んでいる所から随分離れた田舎の中学校。

通うには遠すぎました。

去年の春、結婚したばかりの新婚夫婦に突然の別居生活。

教師を辞めるべきか?悩みましたが、新居を購入した事もあり泣く泣く行く事を決意しました。全校生徒40人程の小さな中学校。

辺りは山と川に囲まれ、小さな集落が幾つかある田舎でした。

私は、学校近くの古びた長屋を安く借り、そこで住む事に。

その当時、「田舎の学校だから生徒も皆素直で大人しい」と思い込んでいたんです。初出勤の日、歩いて学校に向かうと中学生らしい生徒と会い”おはよう”と声を掛けました。

頬を赤らめた男子生徒が”あ・お・おはようございます”と頭を下げ走って行きました。

シャイな子供だなぁ・・・何て思いながら校長室へ行ったんです。

「酒井先生ですよね!校長の佐々木です」

「今日からよろしくお願いします」

「早速だが、酒井先生には3年生を教えて貰います」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・8【告白体験談】

直樹と岡本君とで妻の誕生日を祝った翌週に〇〇商事の木下君から「飲みに行きませんか」とのお誘いがあった。

勿論、妻を貸し出す件である。

写真の女性は私の妻だと告白する決心はついていたのでOKしました。

私は愛に了解を得るため連絡ととりました。

「愛、木下君から電話があったよ。今晩、飲みに行くから・・・木下君との貸し出しプレイを打ち合わせてくる」

「あなたにお任せします。私はあなたの望む女になるわ。」

「じゃ、少し遅くなるから・・・」

私は電話を切りながら、私には妻の不安な気持ちが伝わってきます。

今まで、私と一緒に複数プレイなどは経験してきましたが、妻一人で他の男に抱かれるのは初めてです。

今まで知らなかった快感を知る事によって、淫乱な女になっていくことを期待して木下君に会いに行きました。

酒の席は居酒屋ですが個室を予約してくれていて秘密の話しをするのには好都合です。

小一時間ほど仕事の話などしましたが木下君が鞄からUSBメモリーを出して

「ここに妻の記録が入ってます、家で確認して下さい。社長が信頼してる友達がたに見てもらって結構です。私達には子供がいません、妻は仕事もしてませんのでいつでも貸し出しできますよ。社長の彼女さんとプレイする前に友達と楽しまれますか?ビデオさえ撮っていただけたら私も楽しめますから・・・」

「いや、連絡を取ってみないとわからないなぁ?それより、木下君。君に話さないといけない事があるんだ。」

「社長なんでしょう?話しって・・・」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】妻の隠し物【告白体験談】

俺が30歳、妻が29歳の時結婚。妻は4大を出て大手金融機関に勤めています。俺は地元の工務店。

結婚して7か月位経ったある日、仕事から帰った俺は探し物をしていた。整理タンスのを探していると奥の隅に小さな袋に入ったものがあった。気になった俺がそれを開けるとそこにはなんとピンク色のローターとバイブが入っていた。本当にびっくりしてしまった。俺と妻はお見合い結婚です。お付き合いをしている間の二人はキス以上の関係は持てなかった。最初に妻とキスをした時も妻はきっと初めての経験ではと思った位、うぶで恥ずかしさを満面に浮かべていた。新婚初夜の時、はっきりとそれはわかった。妻が言うのには中学、高校と女子校で、それも進学校だったので勉強だけで、男子生徒と交わる機会もほとんどなかったとのこと。

そんな妻も年頃になれば、異性に興味をもち、いつから始めたのかオナニーをしてもおかしくはない。まして29歳まで男経験もないなかで、妄想と本能から来る性的欲求を手だけでは物足りズ、どこで知ったのかローターとバイブで慰めていたことだろう。確かに妻が結婚するとき持参した妻の下着も決して派手なものなど一つもなかった。白とベージュのブラ、パンティーもビキニでなくオーソドックスないわばおばさんが穿く様なもので色も白とベージュだった。フェラをしてくれるようになったのも結婚して半年位経って、俺の要求に対して、決して上手ではなくただ口に含むだけのものだった。セックスするときも仰向けになってわずかばかり両足を開く程度だから。じっと眼を閉じて口を結んでいるだけ。俺は今でも妻がそれをいつ使っているのかも知らない。

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ