ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻】マンネリ【告白体験談】

結婚して、もう10年。子供もいるので、夫婦生活は完全に冷え切ってる。

女盛りの渡しとしては、毎日、アソコが疼いてきて、夫がいない昼間にオナニーしてるんです。

でも、男性自身が欲しくて…。

そんな話を偶然、ご近所の奥さんとしてたら、「マンネリ解消にアナルセックスでもしてみたら」なんて言うんです。

いつも綺麗にしてる上品な奥さんからアナルなんて言葉が出るのでびっくりしました。

それにいきなりアナルセックスなんかする自信もないしって思ってたら、真剣な表情で説明してくれたんです。

アナルセックスがどんなにいいのか、倦怠期なのに夫が激しく求めてきたかなど。

数日、悩みましたが、週末、夫に言ってみました。

すると夫は「いいのか?オレも一度やってみたかったんだ」って鼻息が荒くなってきて、もうアソコが大きくなってるみたいなんです。

夫もアナルファックは未経験だったので、奥さんから聞いた情報を夫に言って、その通りにしてもらいました。

最初は、普通にキスから始まって、胸とかアソコの愛撫。じっくり時間をかけて感じるだけ感じさせてもらいました。

心なしかいつもより愛がこもってる感じで、久しぶりということもあり、私のアソコはすごく濡れてきました。

クンニも丁寧で、膣の中まで舌を入れて、アナルも舐めてきたんです。

恥ずかしかったけど、もう大洪水になっていました。

始めるまでは抵抗があったけど、ここまで愛情をもってしてくれるならって思って、私もその気になってきました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】痴漢に感じる妻【告白体験談】

平日を利用して妻M(42歳)と旅行へ。

新幹線へ乗るべく在来線にて移動中の出来事です。

時間帯悪く結構混雑しているなか、或る駅にてさらに乗車客多く、一人二人挟んで少々離れる立ち位置となりました。

妻は背中を向ける格好となり私は後姿を見る体勢。

程なく妻がうつむいてモジモジしている様子が後姿から伺えます。

よく見ると後ろ二人前二人の年配男性4人に囲まれるなか痴漢行為にさらされている様子。

ですが、いまひとつ確信持てない状態がしばらく続きました。

しかし、その後妻がどうにか首だけ振り返り、何事も無いようにニコッと笑顔で大丈夫?と逆に私を気使うサインを口パクにて送ってきます。

 気のせいだと安心しつつ満員電車に身を委ねつつ、

更に込み合う車内で妻をチラチラと確認いたしておりました。

すると、また妻がモジモジ動いております。

どうも気に掛かり僅かな隙間に肩を入れ態勢立て直すと、

妻は4人に尻を揉まれ、上着の後ろ横から胸を鷲掴みされ、手はお互いの指を絡めるように繋がれています。

妻は天井を仰ぎ見る格好で成すがままにされています。

後姿にて表情は判りませんが完全に受け入れている事は間違いなさそうです。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】良妻寝取られ計画(まさか妻が)【告白体験談】

友人と食事をし、まだ時間もあったで行きつけの焼酎バーで飲むことにし、3人でお店に向かいました。

お店に着くと先客が1名おり、マスターと仲良くしゃべっていました。

友人2人は自分たちがコーチをしている少年野球の話で盛り上がり、私は一人浮いた形で飲んでいました。

そうしていますとマスターが声をかけてこられ、

こいつ人妻ハンターなんですよ。今も頂いた人妻の写真を見せてもらい、各人妻の評価を聞いて楽しんでいたんですけど、

一緒に聞きません?

こう持ちかけてきました。私も面白そうだと思い、話を聴き始めました。

その男は32才で髪を茶髪にし、一見ホストっぽいおしゃれな格好をした、長身の男です。

人妻ばかりをターゲットにし、毎日のようにSEXを楽しんでいると話、携帯に収めたハメ撮りや、顔を自分の手で隠した

全裸の人妻の写真を順番に画面に出しては、説明をしてくれました。

僕は出会い系とかは利用せず、本当に街角で声をかけ、人妻を堕とすんですよ。

いかにも清楚で、真面目な人妻が僕に心を許し、ベットインした時の優越感はたまりませんね。

だからこんな人がまさか!

て感じの人妻さんを見ると、堕としたくなるんですよ。

そう話、自慢げに携帯を見せていました。確かに映っている女性は真面目そうな人ばかりでした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月27日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【人妻】妻の再就職Ⅴ【告白体験談】

3枚目のDVDを入れたのは、深夜1時を回っていました。

気になる私は、時間を忘れDVDをセットしました。

映像は、社長室でした。

妻は、社長が出勤すると直ぐに近づき、社長の元に膝まづきフェラをしていました。

チンポがギンギンになると、妻は机に手を付き社長にバックから入れられていました。

抜き終えると、社長は妻のマンコにローターをセットし、パンティを履かせていました。

仕事中も、社長は何かとローターのスイッチを入れ妻の動きを見て楽しんでいました。

来客が来ると、妻はコーヒーを出しお客さんの後ろ側に立っていました。

お客さんからは、見えない位置で社長が合図すると妻はスカートを捲り上げたり、胸を

露出させたりしていました。何も知らないお客は、社長と話を進めていました。

お客が帰ると直ぐに、妻は社長からバック攻撃を受け、中に出された精液が太股をタラ~っと垂れ落ちていました。

トイレで、拭き取った妻、一日中社長の玩具として働いている光景は、もう私の知る妻では

ありませんでした。もちろんビデオを見ている私ですら、妻を見ていると言うより、アダルトビデオを見ている

感覚でしたから・・・。

3枚目は、こんな感じで昼の妻が映し出され、残業時間も同じ様な事をされ続けている妻でした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月27日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】妻と20年来の友達【告白体験談】

私52才、妻46才の夫婦です。

友達の政雄さんとは以前、同じ職場で一緒に働いていました。お互い20年来の友達ですが、どうやら妻は織田ゆうじ似の政雄さんが自宅に遊びに来ると意識しているのが解りました。

政雄さんも結婚はしています。

そして妻の生保の顧客でもあります。

政雄さんには昔から本当、綺麗な嫁さんで羨ましいよ!って言われていました。正直、私も自慢の女房です。

割と長身でスタイルが良く特に脚が綺麗なんですよ!

妻と付き合い始めて初めて関係した時でした。アルコールが好きな妻は食事の際に飲んだアルコールで酔ってしまいホテルに入り、そのまま関係してしまいました。セックスの真っ只中、妻の中で動き足フェチの私は興奮して妻の脚から爪先裏まで触っていました。私も妻も久し振りだったせいか凄く興奮していました。酔っていたのもあり妻の様子を伺う為、悪戯に態と両足指に鼻を当て深く動いてやったのです。

当然の事ながら妻は大興奮。

恐らく妻も足指舐めは私が初めてだったみたいで足を強く引き逃がしました。

綺麗な顔に似合わず爪先は蒸れ濃厚な匂いがしていました。私も妻も大興奮してしまい妻は悲鳴を上げ直ぐ逝ってしまい私も久し振りの濃厚な女臭に大爆発してしまいました。

そんな訳で以来、妻もフェチ的なセックスに興奮を覚えました。

政雄さんも女臭が大好きで私と同じ足フェチなんです。

同じ趣味を持つ同士でお互いの妻の黒ストッキングを交換した事もあります。

一度、妻が他人としている所を、どうしても見てみたいと思った事があります。

もし政雄さんだったら?


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月27日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】明美を孕ませる【告白体験談】

「ウッ!クッ!出る。出る!ウッウッツ、まだ出る!ウッウッ」

ブリュブリュ〜 リュ、ブリュリュリュ〜という擬音を伴って一週間溜めた大量の精液が高速に尿道を擦過する。脳が痺れる快感だ。無垢の処女地に無責任に汚液が撒き散らされる。

「フー…明美、やっぱり初物は絞まりが違う。こんなに早くイッテしまった。たっぷりと子種を注ぎ込んでやったからな。」

「先輩、ひどい〜い」

俺はチンポをひねって残汁を絞り出し乳にかぶりつく。歯形をつけてやりたかったがやめておく。

「処女膣に精液を注ぎ込んで一生取れない臭いを染み付かせるのは生チンポで処女膜を破った男の義務だからな。ヒダヒダにぬり込んでやるからな。」亀頭で膣壁をこする。

「そんなあ〜彼、楽しみにしてたんですよ。初夜に私の初めてのものをもらって中に出すんだって。それまでは我慢するって。彼に悪いい〜」

「じゃあ、彼に言ってやろうか?明美の処女膜は俺のでかい生チンポで破ってやったって。ついでに特濃の子種を撒き散らしてやったって。」

「や、やめてください。来月結婚式なんですよ。」テニス部の後輩だった明美は来月資産家の息子と結婚するらしい。今時珍しい童貞処女で結婚するまでは純潔を守ってたらしい。(天然記念物か、お前ら…)

「先輩、早く抜いて下さい。早く洗わないと赤ちゃんできちゃう〜」明美は半べそだ。

「うん?何を抜いてほしいんだ?」

「せ、先輩のそれ…」

「ちゃんと言わないと抜かないぞ。明美のオメコから子種を撒き散らしたチンポを抜いて下さいって。」

「そ、そんな恥ずかしいこと言えない〜」

「早く言わないと子種が奥に染み込むぞ。早く言ってみろ。」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】夫は知らない私の裏の身体【告白体験談】

私は5歳になる息子の母。(28歳、千代)

夫と結婚して6年目を迎えます。出会いは合コンでした。

夫は、とても地味で大人しく合コンなんてとても似合わない感じの人でした。

もちろん、友人達に騙される様に来たんだと直ぐに分かりました。

私も夫の事は言えない位大人しく、よく”YES”マンと言われ様に断れない性格でした。

その日も友人に誘われ、嫌だったんですが断れず・・・。

夫を見て直ぐに、自分と似た人だと分かりました。

ただ一つ違うのは、私は好まれる顔立ちと男モテする体つきだった事です。

イヤイヤ参加している合コンも、気づくと男の人が周りに大勢いるんです。

特に面白い話をする訳でもないのに、男の人が近づいて来て話かけて来ます。

でも、皆私の体をジロジロ見る人が多く、体目当てだと直ぐに分かります。

夫は違いました。近づいて話しかけると顔を真っ赤にして・・・母性が疼いたと言うか・・・。

話しも盛り上がり夫が私より11歳も年上の32歳だと知りました。

でも、年の差を感じさせない癒しと言うか?大人と言うか?

連絡先を交換し、1年の交際の上結婚しました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年6月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】彼女と私が別れた理由【告白体験談】

今から5年程前、私は可愛い彼女と別れた。

当時、私は22歳でまだ駆け出しの社会人でした。

大学の時に知り合ったか彼女(里香/20歳)と付き合っていました。

大学でも結構モテていた彼女だったが、サークルで一緒になり意気投合し付き合う事になったのだ。

付き合いだして半年、私は就職も決まり車を購入し初めてのデート。

ちょっと無理をして海沿いのコテージを予約した。

海が目の前に広がる綺麗なコテージ。

全ての部屋には露天風呂(小さいが)があり、自由に入る事が出来た。

私達も、部屋に入ると直ぐに風呂に入った。

風呂から上がり、夕食を済ませると砂浜を散歩していた。

気持ちも盛り上がり、人目を気にする事無くキスをしていた。

(たぶん誰も居なかったと思う)

何だか、ムラムラした私は、彼女の胸を揉み下半身に手を伸ばすと、流石に彼女も抵抗してきた。

”部屋に戻ろう!”と言われ、もう一度キスをすると部屋に戻った。

帰り道、誰かに付けられている感じはしていたが、気のせいだと思う事にした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||

2014年6月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】変態夫婦?【告白体験談】

私の性癖は、娘(5歳)が寝たのを確認し可愛いぷりぷり割れ目に勃起したペニスをおしつけ射精することです。舐めてヌルヌルにし娘の可愛い寝顔を見ながら割れ目にぶっかけます。その行為を嫁に見てもらいながら射精します。はじめはめちゃくちゃ怒られましたが今は呆れ、嫌とはいいながら見てくれます。そして、割れ目にぶっかけた精子を嫁に舐めて飲んでもらい、ペニスを綺麗にしてもらうと夫婦のセックスのはじまりです。

実の娘にこんなことをしているという思いが夫婦の営みを激しくさせます。でもやめられません、娘の割れ目は最高です。今夜も自分の娘で射精します。

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月25日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】嫁の通勤パンチラ【告白体験談】

結婚して嫁の勤務している会社近くにアパートを借りた。

嫁は会社までチャリで5分。俺は会社まで車で30分。

嫁は勤務先まで近くなったからと家から制服姿でママチャリで出る。

毎朝アパートを出る時間は一緒。

俺は、毎朝アパートを出て直ぐ国道の交差点の信号で必ず引っ掛かるのだが、嫁も同じくその交差点の横断歩道で引っ掛かる事が多い。

嫁は私が停まっている目の前の横断歩道をチャリで右から左へとゆっくり横切っていく。

嫁は膝上5cmくらいまでの丈のタイト気味なスカート姿。

これがまたチャリにまたがると、スカートはもっと短くなってしまうようで、太ももまで露出している。

俺は、チャリを漕ぐそのスカートから伸びたストッキング越しの脚に信号待ちしながらいつも見とれてしまう。

同じく、ふと隣りに停まっている車を見ると、運転している男もウチの嫁を眺めている。

逆に、嫁が信号待ちしていることも良くある。

ホームセンターで激安売りしていたママチャリを嫁に買ってあげたのだが、実際乗ってみると車輪のサイズが大きく、小柄な嫁にとっては大きいようだ。サドルを一番下の位置にしても両足のつま先が地面に着く程度。これがスカート姿で乗るといろんな意味で結構危ない。

嫁は、チャリにまたがりながら、左足を地面、右足をペダルという格好で信号待ちしている。

嫁も意識しているようで、上手に両足を内股にして下着が見られないように停まっている。

またその格好が、下着までは見えなくても、左脚の太ももがかなり大胆に露出しており、たぶん交差点で信号待ちしているほとんどの男達の注目を集めているんだと思う。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月25日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ