ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【中出し】彼氏と別れて後悔してる様子だった後輩を元気づけるためにデートに誘った【告白体験談】

めがねやろうさん(20代)からの投稿

—-

高校三年ぐらいの時の話です。

受験を控えたある日ある後輩から連絡が来ました。

どうやら彼氏が出来たらしいんですが、彼氏がヤりたいとうるさいようで対応に困ってて、かねてより相談を受けてました。

その子は中3なので俺的にも少し早いだろうって感じだったんですけど、あくまで俺個人の意見なのでその子の意見も少し聞いてましたが、やはりその子も彼氏とはヤりたくない反応でした。

結果的に彼氏とは断ち切ったらしいんですが、少し後悔してたので何に後悔してるのか後日聞きました。

すると返ってきた答えが

「私やっぱりエッチすればよかった」

だったので俺は

「だったらヤればよかったのに」

なんて呑気な答えを返しました。

でも後輩はそうじゃなかったらしいです。

俺も色んな子としてるわけだし、後輩もそのことは知っていたのでヤリチンである俺に処女を奪われてからしたかったとの事だったのです。(この話はヤったあとに聞かされました)

後輩も後悔気味で少し病んでいたので、(その時は)慰安目的で後輩をデートに誘いました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【フェラ・クンニ】社員旅行中に後輩と腕を組んでるところを彼女に見られてた【告白体験談】

篤さん(20代)からの投稿

—-

前回の話:岩盤浴で隣のカップルがヤリ始めたと思ったら元カノだった

以前投稿させていただきました、篤です。

今回の話は・・・社員旅行(忘年会)に行った話です。

僕の働いている会社では、年に1回福利厚生の企画として社員旅行(1泊2日)+忘年会がある。

年に1回しか企画されないこと、また、労を労う為に費用は会社負担+社長、役員負担で開催され参加する職員はすべて無料。

準備、企画もその年の新人職員が行うため何もしなくてよいという気楽さがある何気に楽しい企画で、ほぼ全社員が参加するイベントである。

ちなみに僕と綾子が復縁したことは会社の人たちには内緒である(騒がれたり、からかわれるのが嫌な為)10時会社集合各自荷物を持って集合。

今回、嫉妬の相手になったのが「華ちゃん(仮名)」。

【華ちゃん情報】

身長・・・150㎝くらい(自称155㎝)。かわいい系で少し天然が入る。

芸能人で言うと足立○華似。

胸のサイズはCかDかな?(ここは不明)

帰国子女のためか、ボディータッチが多い。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月20日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【おっぱい】同じ高校の可愛い後輩女子の風呂場を覗いたら衝撃的な光景を目撃した【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺が高校3年の時の話。

ある夏の日、学校で悪友と3人でこんな会話になった。

友達A「おい、さっき由紀のパンツ見えたぜ!黒の水玉だったわ!今晩のオカズにするわ!」

笑友達B「てかあいつブラ透け透けだよな。ブラも水玉だったから上下お揃いだな」

由紀は俺たちのクラスメートでクラスの中でもダントツに可愛い女子である。

俺「マジで?俺なんか昨日2年の愛美ちゃんのパンツ階段の下から見えたぜ!白だったわ!」

愛美ちゃんは1つ学年が下で俺たち3人のお気に入りの可愛い女子である。

友達B「てかお前らヌルいな。俺なんてこの前、3組の唯ちゃんの着替え見ちゃったぜ!」

友達Aと俺「着替え!?何処で?」

友達B「唯ちゃん家俺ん家の近くにあるんだけど、この前通りかかって何気に家の中見たら部屋で着替えてたんだよ」

俺「裸見たのか!?」

友達B「ちょうど帰ってきて制服脱いでたわ。ブラジャー姿しか見えなかったけどな」

友達A「そんな見えやすい部屋にいるのか?ちょっと案内しろよ!」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年1月19日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【中出し】【レイプ】賭け麻雀に負けた友人の彼女を3人で輪姦して中出し【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

オレには中学の頃からヤンチャしてた仲間がいた。

その内の1人のアツシは、強面ながらイケメンでモテるやつだったが高校には行かずに893になっていた。

俺たちが23歳の時、俺を含めたいつもの仲間4人で徹夜の麻雀をやることになった。

しかし、みんなアパート住みなので深夜の麻雀は明らかに住民から苦情が殺到するケースである。

そんな時、アツシの彼女の亡くなった祖父が住んでいた家がもう空き家になっているとのことで、そこを貸してもらえるということになった。

当時、アツシは実は彼女を二股で付き合っていたことを聞かされていた。

本命は風俗で働く歳上の女で、いわゆるヒモとしてる女。

そしてもう1人の彼女が今回家を貸してくれる方の彼女。

この子は何故かごく普通なコで、歳は21歳、中学時代の後輩だから俺たちも顔くらいは知っていた。

顔もごく普通だったが、中学時代から好きだったらしいアツシにベタ惚れしてきたのをいいことに、アツシは本命がいるにも関わらず付き合っていたようだ。

ある日、アツシに

「何でお前彼女いるのにあんな普通な女とも付き合ってるんだよ?バレたらヤバいんじゃねえの?」

と聞いたらアツシは


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】巨乳の大人しい後輩とコタツの中でエッチなことした話【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

大学時代、サークルのやつらと先輩の部屋で飲んでた時の話。

メンバーは女が3人と、俺を含めて男が2人だった。

部屋の主の美人な先輩、大人しい系の女、巨乳の後輩、俺の結構仲のいい友達、それに俺。

みんな相当飲んでて、寒い季節だったから全員コタツに入って結構密着してた。

で、俺の隣にいたのが巨乳の後輩、夏美。

こいつが小柄な割に尻とか結構いやらしい感じに肉がついてて、色白でなかなか可愛いんだ。

胸はEカップとか言ってた。

皆でビデオ見たりしながら普通に喋って飲んでたけど、たまに夏美と脚が触れ合ったり谷間が見えたりして、正直俺はちょっと興奮していた。

飲んでる内に話題はなんとなくエロい方向に向かっていった。

経験豊富らしい先輩と俺ら男2人が主導権を握ってて、清楚系の由佳子と後輩の夏美に話を振って、恥ずかしがるのを楽しんだり。

胸のサイズの話とかしてる内はまだ良かったんだけど、オナニー話とか初体験話とかになってくると女の子2人はもう顔真っ赤。

もう酔ってきてテンションもバカになってるから、女の子が恥ずかしそうにしてるのが楽しくてしょうがない。

由佳子は大人しそうな顔してやる事はやってるらしいけど、夏美はどうも本当に経験がないらしかった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【初体験】会社の後輩に「エッチしたいですか?」って言われて筆下ろししてもらった話【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

後輩とは仕事の関係で一緒に行動する事が多かったんだけど、女慣れしていない俺が面白かったみたいで、

「彼女出来た事あるんですか?」

から始まり、

「キスは?」

最終的に

「童貞ですか?」

とか根掘り葉掘り聞かれた。

車で移動する時には、シフトを握ってたらその上に手を置いてきたり、

「ほっぺにならキスしてもいいですよw」

って言われたりして遊ばれてた。

それで、

「一緒に寝てみますか?」

みたいな感じになってラブホへ。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年1月5日 | SEX告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【フェラ・クンニ】忘年会の後に彼女が同僚と後輩に寝取られていた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

オレは今の職場に異動で来てから、職場で出会った彼女と付き合い始めた。

オレが言うのもなんだが、結構可愛いと思う。

昨年の28日の仕事納めの後、職場の忘年会があった。

オレの職場は60人くらいの部署で、みんなほぼ強制参加。

座る席はいつも会場でくじを引いて決める。

その時は昨年の新入社員で新卒の女の子がオレの隣に座った。

この子もなかなか可愛い子で、正直オレは「ラッキー」と思った。

オレはその子とばかり喋っていた。

後で聞いたが、彼女はそれを見てかなりムカついていたらしい。

途中、メールが彼女から来ていたが無視してた。

彼女はその忘年会後の2次会には行かず、オレと2人でどこかへ行きたいらしかった。

しかし、オレは2次会へ行きたかった。

酒を飲むのも久しぶりだったし、他の人とも話をしたかったから。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年12月27日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【中出し】学校で人気のある彼女とのエッチ後に母親とエッチ【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

あれはまだ私が高校生の時でした。

部活は非常に充実していて楽しい日々を過ごしていたのですが、女子部員の中で結構可愛くて、学校でも人気のある子に告白されたんです。

嬉しかったですね。

一応私も多少はモテていたのですが、結局その子と付き合う事になってしまったんです。

その子は1コ年下の春奈と言って、なかなかの美人でした。

基本的に私が通っていた高校は大学までエスカレーターで進学出来るため、みんな受験もないから結構気楽に過ごしていて、高校最後の夏休みに夏祭りに行って、その日は友達の家に泊まりに行くと嘘をついて、花火の後、私も花火を打ち上げたわけですが、春奈の処女をいただきました。

ホテルに入ると、お互い汗をかいていたんで別々にシャワーを浴び、春奈がシャワーを浴びている時にエロビデオを見ていたんですがかなり興奮してしまい、春奈がシャワーから上がってくると速攻でベットに押し倒してエッチが始まりました。

春奈のおっぱいは大きくはないのですが、美人はやっぱりおっぱいも綺麗で、私のアソコは既に準備万端。

でも、あんまり経験がなかったので(実際入れるのは初めて)、一生懸命におっぱいを舐めて、初めてクリトリスを舐めたりしながら、いよいよ挿入です。

自分では焦らずにエッチをしたつもりでしたが結構荒っぽく、でもペニスを挿入する時は春奈も少し痛がっていたので、とにかくゆっくりと挿入させた。

ペニスを全部挿入した時の感動と征服感は最高でした。

だって学校で人気のある女子校生を独り占めだからね。世の中で成功者となった気分でした。

そして2回目からは春奈もだいぶ慣れてきたのか、痛がらずにスムーズに挿入して騎乗位やバックやら色々試したんですが、美人と言われる子は、セックスの時も美人ですね。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月2日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】サークル内でめっちゃ巨乳の後輩のおっぱいを一晩中揉みしだいてた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

大学生当時の話。

俺は2年生になってて、3年生が幹部のサークルなので適当にサークル行ったり後輩と遊んだりフラフラと参加していた。

ちなみにテニスサークル。

そんな中、1年生のAが途中からサークルに入ってきた。

Aの友達の話では、高校生の頃からずっと付き合ってきた彼氏と最近喧嘩ばかりするようになって時間をもてあまし始めたみたいで、友達が見かねてサークルに誘ったらしい。

このぐらいの年齢の子って、彼氏べったりで青春潰したりするもんだ。

で、入ってからしばらく一緒にサークルに参加して話をするうちに、何だかかなり仲の良い先輩後輩の仲になっていった。

俺の同期が

「Aって○○(俺)の事好きだよな~」

と何の気無しに聞くと

「なーんとなく好きなんですよねー」

とさらっと答えるぐらい仲良かった。

しかし、当時の俺には大学1年の頃からずっと彼女がいて、サークル内でも周知の事実だったため、後輩の女の子達からはさらっと


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【フェラ・クンニ】【近親相姦】姉が好き過ぎて夜中に姉の部屋に忍び込んで犯そうとした【告白体験談】

タカシさん(10代)からの投稿

—-

小さい頃から三つ上の姉はボクの憧れだった。

小学生の頃からクラシックバレエをやっていた姉は脚がすらりと長く、子供の目にも優雅な物腰で、長い黒髪はずっと伸ばしていて腰まであった。

年が三つ離れていると、ボクがわがままを言ってもいつも姉が折れてくれて喧嘩にはならず、ボクは母親以上に姉になついていて大好きだった。

人よりは体格に恵まれてスポーツは元々得意だったボクだが勉強は苦手だったので、面倒見のいい姉はいつも自分の宿題をさっさと片付けるとボクの勉強を見てくれて、毎日家庭教師がついてくれているようなものだった。

姉のお蔭で苦手な勉強も人並みにはできるようになって、一応進学校と呼ばれる高校に合格できたとき、周りは喜んで誉めてくれたが、ボクは全て姉のお蔭だと素直に思っていた。

同じ年に大学に合格した姉にそのことを言うと、姉はボクに勉強を教えたことで自分も基礎の復習ができたので大学に入れたのだとただ笑っていた。

小さいころから、ボクが悪さをしても姉がボクを叱ることはなかったが、とても悲しそうな表情を見せるのが常だった。

その度にボクの胸はキュッと締め付けられて、姉を悲しませることは二度とするまいと心に誓うのだった。

姉のお蔭で少しはまともな人間になれたとも言えるし、姉の所為で人の道を外れた獣になってしまったとも言える気がする。

そんな訳で、昔からボクはいつも姉と一緒で、どこにでもついて行くので、親には

「姉の金魚のフンだ」

などと言ってからかわれたが、ボクの中では姉と一緒でないとなんだか落ち着かなかった。

姉が大学生になっても姉はボクを誘ってくれて、連れ立って出かけることは多かった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月1日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ