ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【高校生】誰もいない教室で友だちとロッカーや机の中を漁ってたらクラスの女子のスマホを見つけた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺は高校時代ある生物系の研究部に所属していた。

その時にやっていた研究は、必ず1日1回決められた時間にデータを取らなければならず、その日も日曜だというのに学校に登校していた。

もう1人の仲の良い部員とともに、とっととデータ取りを終わらせてすぐに帰ろうとした。

誰もいない校舎を歩いていると、友人が

「あ、オレ教室にちょっと荷物取りに行ってくるわ」

と言うので、とりあえず一緒に教室へ行くことにした。

誰もいない教室で、友人は何やら自分の物ではないロッカーを物色し始めたのだ。

俺「おい、おまえ何やってるんだよ」

友人「たまにロッカーとか漁ってるといいもん出てくるんだよ」

俺「バカ、やめとけよ。バレたら問題になるぞ」

すると友人はあるロッカーからジャージを取り出し、

「おい、亜美のジャージだぜ。匂い嗅いでみるか?」

と言ってきた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

【学校】高校の頃、クラスの好きな人に膝カックンを決めたら酷い目に遭った【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高校2年生の時、クラスで男女問わずに流行ったイタズラがあった。

膝カックンだ。

相手の膝の裏に向かって自分の膝を突き出し、バランスを崩させる。

子供の頃は、こんな単純なイタズラが意外と楽しいもんだ。

俺はやられる事は多々あったけど、自分から他人に仕掛けた事はなかった。

しかし、試してみたいと密かに思っている相手が1人いた。

同じクラスの小柄な読書好きな女の子、Tさんだ。

当時俺は、Tさんに淡い恋心を抱いていた。

休み時間に読書に耽っている時のメガネをかけた横顔が、とても知的で可愛かったのだ。

大人しくて落ち着いた、控えめな性格も俺のタイプだった。

Tさんは膝カックンされた時、果たしてどんな反応をするんだろうか?

これだけブームになってるんだから、誰か1人くらいはTさんに膝カックンをする奴がいるだろう。

そう考えていたけど、残念な事にTさんが膝カックンのターゲットにされる事は一度もなかった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年1月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【フェラ・クンニ】チンコを同級生に見せたいという欲求のせいで面倒なことになった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

『ちんこを見せたい。それも同級生に』

それが始まりだった。

露出癖に気づいた俺は、高校内での露出法を考えた。

偶然を装う以外に方法はない考え抜いて、ある方法に至った。

うちの高校では体操着に着替える時、女子は更衣室、男子は教室で着替える事になっていた。

多くの男子は女子がまだ教室に残っていても平気で着替えるし、女子も気にしない。

そこが狙い目だった。

ある体育の授業前、俺の横の席にいる美里に見せる事にした。

ぺんぎんのような体だが、愛嬌のある娘だった。

その娘が床にある鞄から体育着を取り出す時に、俺は制服のズボンを脱いだ。

美里が顔を上げるタイミングを見計らってハーフパンツを穿くように足を上げる。

トランクの隙間からちんこを覗かせたのだ。

美里はびっくりしたように視線を下げた。そして下げた目線をゆるゆると上げ、俺の股間をもう一度見た。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年12月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【学校】担任の女教師とクラスの優等生が教室で変なことをしてた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

中学生の頃はよくお世話になったオナネタの1つなんだけど、最近ふと思い出したので書かせてもらいます。

オレが小4の時、昼休みの教室で担任の女教師とクラスの優等生の女の子が2人で楽しそうに話しているのを見かけた。

もうすぐ夏休みでみんな少し浮かれていて、そんな雰囲気が何だか楽しかったのを覚えている。

女教師は教室前窓側にある自分の机に座っていて、女の子はその横でニコニコしながら前後にゆらゆらとリズムをとって揺れるように動いていた。

すらりと背の高い子で大人っぽく、涼しい切れ長の目と肩までのびるストレートヘアが印象的な子だった。

担任は綺麗な人だったがちょっと気の強い感じで、当時のオレらには取っ付きにくかった。

優等生の女の子はそんな事気にもしないようで、他の皆とは違って普段からよく先生と話をしていた。

今から思えば、2人はよく似ていたんだと思う。

ただ今日は何だか様子が違うようで、女の子がいつになくはしゃいでいるように見えた。

「どうかしたの?」

駆け寄って話し掛けてみたが、2人から返事はなかった。

女の子は迷惑そうな素振りを見せた後、ゆっくりと身体の動きを止めた。

オレが来た事が気に入らないらしい。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年11月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【フェラ・クンニ】【生挿入】ストライクだった教育実習生と授業をサボって教室で【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高校の時、大学から教育実習生が来た。

笑顔が可愛らしいく、黒髪のセミロングが良く似合っている人だった。

個人的にど真ん中ストライクだったので、初めて見た時ドキドキしたのを覚えている。

彼女は私が好きだった世界史の担当だったので、授業が嬉しくてたまらなかった。

とりあえずきっかけを作るために積極的に質問しにいったりしていると、廊下で出会ったら相手から喋りかけてもらえるぐらいに仲良くなった。

ちなみに私は遅刻癖があり、嫌いな教科がある日は昼からなんて事はしょっちゅうだった。

その日も1・2時間目にかったるい授業があり、3時間目の休み時間から登校した。

いつも通り教務課の先生のお小言を聞き流して教室に向かう。

ドアを開けるとクラスメイトは誰もいなくて、先生がぽつんと座っている。

突然の展開に驚いたのは言うまでもない。

「せんせぇ~おはようございます~」

「あら、社長出勤とはいい御身分ですこと」

「そんなん言わんとってよ~せんせぇは何でここにいるん?」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年11月13日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【中出し】運動会が終わった後に彼女と体操服のままエッチした【告白体験談】

山形県/田中パズルさん(10代)からの投稿

—-

あれは俺が中3の時、当時付き合っていた彼女との思い出のセックス。

俺には当時付き合っていた彼女がいて、名前は彩。

Fカップの巨乳で気が強く、八重歯が可愛い自慢の彼女だった。

そんな彼女との馴れ初めはまた後日話すとして、俺が中3の時、学校で運動会があった。

残念ながら彼女とは別の組で、彼女は赤組俺が白組だった。

運動会中は組が違うので、あまり話せず。

ぶっちゃけ、彼女と一緒じゃないという点ではつまんなかった。

しかし、男子で盛り上がる種目は楽しかったし、何より汗で女子の下着が透けて見えたりして男子には最高のイベントだったりしたので、なんやかんや俺もテンション高かった。

昼休憩では親と一緒に食べるなどしたため彩とは全然話せないだろうなと思っていた。

弁当を食べてると急にトイレに行きたくなり、走ってトイレに行くと、なぜか彩がいてちょっとふくれっ面していた。

俺「なんでここいんの?男子トイレだぜ?笑それにふくれっ面しちゃって何怒ってんだよー」

彩「さっきの種目で美由紀のこと見てたでしょ?それに下着の色で盛り上がってんの知ってんだからね(怒)」

ふくれっ面で嫉妬してる彩がものすごく可愛くて、口では謝りながらもめちゃくちゃ興奮してた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月22日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【学校】可愛いけど異常なくらい執着心が強い子から告白された【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

今から半年くらい前かな。

俺が高校3年の時、同級生の那美から告られた。

オレはもうすぐ就職決まってたし、セフレも何人かいて付き合うとか全然考えなかったしそんな気もなかった。

その事を那美に言うと、どうも1年の頃から好きだったみたいで、卒業前にどうしても付き合ったまま卒業したいとかなんとか。

友達からも、那美は異常なくらい執着心強いからキッパリ断れって言われてたのもあって、面倒くさいのも嫌だから少し考えると言ってうまく振る作戦を考えた。

その間も那美から色々連絡がきて、学校とかだと振るのもすごく面倒くさくなりそうだからとりあえず俺の部屋で話をすることにした。

土曜日、俺の部屋に来た那美は何を勘違いしたか凄くウキウキな感じ。

しかも服装も黄色のピッチりとしたTシャツにデニムといったかなり普通の服装。

顔は化粧してなくても可愛いし、スタイルも悪くないのになんか残念だなぁって感じもした。

とりあえず部屋の椅子に座らせてキッパリと

「オレは付き合うとか考えてないしセフレもいる。卒業まで遊ぶつもりだから」

と言うと

「俺くんは遊びてもいい。迷惑はかけないし邪魔にもならないから彼女にして」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【中出し】学校内の教室でサッカーコーチとまぐわっていた妻【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

その日は土曜日で、私は家に居た。

妻は午後から子供のサッカー教室の手伝いで子供達と学校に出掛けてた。

私は1人で家に居るのも暇なので、散歩がてら子供のサッカーでも見に行こうかと家を出た。

学校に着くと、子供達はグランド一杯に広がってボールを蹴っていた。

私はブラブラと奥さん達の集まっている方に行ったが、そこに妻の姿は無かった。

「あの、ウチの女房来てませんか?」

「あらっ、さっきまで一緒に居たのに。ねえっ?」

1人の奥さんが隣に居た奥さんに聞いた。

すると隣の奥さんは顔をしかめ、しぃーっと口に指を当てて、ダメという風に顔を横に振った。

最初の奥さんもしまった、という顔をして、急にオドオドした様子になった。

「あ、あの、そう、おトイレにでも行ったのかしら・・・ねぇ・・・」

周りの奥さん方の雰囲気が急に気まずいものに変わった。

「あ、あの、何かご用事でしたら、探してきましょうか?」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】ヤンキーな女先輩たちに男を教えるよう命令された話【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

今から30年以上も前の話です。

僕(当時を思い出し「僕」と表現させていただきます)が高校2年生だった時の「童貞卒業」と、スケバンのリーダー的な存在だった鷲山先輩の処女をいただいた時の話をします。

高校名は出しませんし、登場人物も全て仮名とさせていただきます。

僕が通っていた高校は、一学年400名を超える生徒がいました。

『普通科7クラス+家政科2クラスの9クラス』×3学年という構成になります。

1年生の時は単に「普通科7クラス」ですが、進路希望や学力考査を経て、2年生からは「理数系過程2クラス+文系過程5クラス」という構成に変わります。

家政科2クラスは募集自体が女子生徒のみで、入学した時からクラス替えも無く、そのままのメンバーが進級して行きます。

僕は半分スポーツ特待生みたいな立場で入学していましたので、高校受験・合格発表を経て、中学卒業の時点から「自主的に」春季練習会に参加していましたので、入学式以降も当たり前のように早朝練習から参加して授業を受け、放課後の本練習に流れ込むというのが日常でした。

ですから、部活動の繋がりとクラスメートを除いては殆どの生徒とは話もしません(出来ません)でした。

電車通学していましたので、同じ乗り降りする駅が同じで、運動部の先輩の同級生だったという細い繋がりで知り合った1年先輩の裕美さんと通学の電車の中で話せるのを唯一の楽しみにしていました。

裕美先輩は小柄だけど、明るくて笑顔が絶えない女子で僕は惹かれていきました。

僕の童貞は裕美先輩に捧げたかったのですが、そうはなりませんでした。

通っていた高校は「文武両道」を掲げる歴史のある高校でした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【フェラ・クンニ】いきなり同級生の子からディープキスの練習がしたいって言われた【告白体験談】

小学校5年生の時、いきなり女子からディープキスの練習がしたいと言われた。

なぜかは分からなかったけど、俺も同意した。

放課後の音楽準備室、大太鼓の陰に隠れて舌を絡めあった。

だんだんその子の吐息が荒くなってきて…俺も何だか股間が熱くなってきた。

音楽会で使う赤絨毯のロールを広げてその子を横にさせた。

俺は上から舌を絡めながらその子の上着を捲り上げ、スカートごとパンツをずらした。

なんか真っ赤な絨毯と半裸のその子とのコントラストに物凄く興奮して、もう股間は痛いぐらいに膨れ上がってた…。

キスを辞めたらその子は凄く呼吸が荒くなってた。

もう無我夢中で未発達の胸を触っったりクリクリしたり…その子は不規則な呼吸で苦しそうだった。

今にして思えば、感じてたんだろうな。

もうその子はされるがままになってて、両手で足を開いたら縦線が露わになった。

でも、よく見ると細い産毛がちょっと生えてて、縦線からピンク色の肉みたいなのが小さくはみ出してた。

訳も分かんないままピンクの肉を舐めた…少ししょっぱいような味がした。

その子は凄く呼吸が荒くて途中、ビクッビクッみたいになってた。

どれぐらい舐めたかな?


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年4月9日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談
1 / 3123

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ