ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【浮気・不倫】地元で知り合いに遭わないかドキドキしながら他人と・・・【告白体験談】

【浮気・不倫】彼女のお姉さんに誘惑されてから目を盗んで家の中でSEXする様になった【告白体験談】

【寝取られ】某Y県の混浴露天風呂で彼氏が寝てる間に浮気で中出し【告白体験談】

738:えっちな18禁さん

某Y県にある、彼氏と前から行きたいねぇって話してた混浴の露天風呂に行った時のお話です。

一緒に居た人に、その地方の地酒を勧められて、旅の恥は掻き捨てと遠慮無く頂きました。

それから暫くすると、彼氏が突然眠いと言い出し、湯船の横にタオルを敷いて寝てしまいました。

【寝取られ】某Y県の混浴露天風呂で彼氏が寝てる間に浮気で中出し【告白体験談】1

このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年4月18日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【浮気・不倫】彼氏とセックスレスだった頃、バイト先のN君と仲良くなった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

22歳の頃、私は彼氏とセックスレスで欲求不満でした。

そんな時、バイト先の友人たちと遊ぶことが増え、中でもN君とは話もノリも合い、お互いに好意的でした。

あるとき、二人で飲みに行ったあと彼の家に行きました。

N君はマンションにご両親と一緒に暮らしていて、深夜でしたし、玄関からすぐの彼の部屋にこっそりとお邪魔しました。

ひとしきり飲んでしゃべって楽しんだあと、電気を消し、布団を一組敷いて彼が先に寝、隣に私が寝られるように場所を空けてくれました。

私はエッチな気分ではなく、修学旅行のようなワクワクとした不思議な感覚でした。

何よりも眠気が強く、一瞬夢を見かけました。

すると突然、N君が、

「寝れるかよっ・・・」

と言って私に覆い被さってきました。

密着はせず、彼は腕を突っ張ったまま、興奮した表情で私を見つめています。

「・・・・・・・・・・・・いい・・・?」

私はもう流れに身を任せる決意をしました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||

2015年3月7日 | SEX告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【フェラ・クンニ】割り切りで会った独身女が最高だった【告白体験談】

鳥取県/名無しさん(40代)からの投稿

—-

去年の夏頃の話です。

私は40才代で、嫁と子供がいる普通のオッサンです。

仕事でストレスが溜まり、ひょんな事から某出会い系サイトで遊んでみたくなりました。

普通の出会いは面倒くさいので、割り切り専門で探すと、いるわいるわ。

目的は決まっているので、話は早い。

条件が合えば待ち合わせ場所に行き、車でホテルに。

最初はかなりビビっていましたが、何回かすると慣れてきました。

ほとんどがセミプロみたいなもんで、中には元風俗嬢なんて方も。

お金は使いましたが、それなりに楽しんでいました。

そろそろ飽きたなーって思いながら検索していると、40才の独身女性の書き込みを発見。

あまりこの年代はいないし、条件もリーズナブルな為、会う約束をしました。

いつもとは違い、こまめにメールが来るし、返事も丁寧。

ちょっと期待して待ち合わせ場所に。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月7日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【中出し】水道屋をやってるけど元同級生のシングルマザーと再会した【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

元ヤリマンの人妻同級生と関係を持ってしまった話。

それは数ヶ月前、俺は水道屋をやってるもんでいつも通り指定された住所をカーナビにセットしお客の元へと向かった。

働いているのは地元でお客は知っている人がほとんどで、とてもやりやすい環境だった。

向かった先はとある一軒家だったのだが、そこも見たことがあるような外観だった。

「○○ですー。工事に参りました」

チャイムを鳴らしインターホンに話しかけると直ぐに女性が答えた。

「はーい!お待ちくださーい」

可愛い声で若い感じの声。

お年寄りが多い地元では珍しく俺はウキウキしていた。

しかし、玄関を開けるとそこには見たことのある顔が待っていた。

「え?!M・・・?」

「Tじゃん!」

お互い口を開けて呆然とし笑いあった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年2月20日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】新幹線乗車中、黒髪ロングの清楚な美人が隣に座った【告白体験談】

くくくさん(30代)からの投稿

—-

これは新幹線乗車中のことです。

私は地方在住の既婚の男です。

東京への出張の帰り、東京で新幹線に乗って2人掛けの窓側に腰掛けました。

そしたら隣に若くて長い黒髪が良く似合う細身の女性が乗ってきました。

乗車後、私は出張での資料を読み始め、隣の女性は居眠りを始め、最初は全く隣の女性のことなど意識してませんでした。

しかし、そのうち女性の体がこちらに傾き始め、私の右腕に彼女の左腕が触れるくらいになり、彼女の左手が膝の上から左側のシートの上に落ち、私の太腿に触れる状態になりました。

また、体も左に傾き私に少しもたれかかるようになりました。

私はそのあたりからドキドキし始め、痴漢をしようという気持ちまではありませんでしたが、私も寝たふりをしながら自分の右手をシート上に置き、手の平を上にしながら両者の小指が触れ合う状態にしました。

それでも彼女は全く起きなかったため、徐々に右手を彼女の上に重ねていき、手の平を上にした状態で、彼女の手の上に私の手が乗った状態になりました。

その時点でも彼女は無反応だったため、私も調子に乗り始めて自分の手のひらを下に向けて、互いの手の平が向かい合う状態にして、最終的には互いの指が絡め合う状態にして、久しぶりのドキドキ感を味わっていました。

しかし、突然彼女が目を覚ましました。

私もびっくりして手をどかして

「すいません、居眠りをしていたらこんな状態になってしまいました」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年2月1日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】以前同じ職場で働いていた女性から飲みに誘われた【告白体験談】

東京都/アベッチさん(40代)からの投稿

—-

昔の職場での話。

販売業をしていた時に退職した女性から連絡があった。

彼女の現職の同僚(年上女性)からうちの品を頼まれたらしく、商品を安く買えるか聞かれた。

在庫は無いが、週末に入ってから社員割引で構わないと返事をしておいた。

その週末金曜日に電話があり、

「今日仕事上がりで買いに行くけど、閉店間際になるからそのまま飲みに行かない?」

と誘われた。

閉店後に指定した店で合流し、終電近くまで飲んでいた。(後輩を連れて行って2対2にしておいた)

帰りの電車は途中のターミナルまで4人一緒だが、そこからは元同僚女性と後輩はJR、俺と彼女は私鉄になるのでそこで別れた。

それからしばらく2人で歩いていると、冷静にお礼を言われ、手を握ってきて、

「あと少し飲みに行きたい。時間はないけどお願いします」

と言われ、そのまま最寄りの居酒屋に駆け込んだ。

彼女(以後ケイさん)は酒が強いので、普段は我慢して外では飲まないと決めていたが、


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月12日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【おっぱい】援交が初めてという、巨乳のヤンキーちっくな若妻【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

昨日すぐに会える女を探そうと、いつも使ってる出会い系を見てみました。

パチンコで5万勝ったので、少し気分が大きくなってたんだと思います。

いつも以上に念入りに探して募集も掛け、ある人妻にメールを送ってみました。

『目とかは隠していいから、ある程度分かる写メを送ってくれませんか?』

と。

しばらくメールの返信が無かったから、写メはダメな人なんだろうなって思ってたんです。

他の子を探そうかと思っていた頃、やっと返信がありました。

「写メはダメなので・・・」

という内容かと思ったら、ちゃんと写メを送ってきてくれていました。

本文には

『寝起きのまんまだったから少し着替えたりしてました』

と可愛い内容も。

写メを見てみると、い~じゃ~ん!と思いました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月10日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【中出し】【お勧め】綺麗な顔立ちをしたA子と、社内倉庫で蛍光灯を探していたら【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

A子と初めて会ったのは今から5年前、転勤で着任した事務所だった。

A子は柴咲コウを少しだけぽっちゃりさせた感じの綺麗な顔立ちだった。

何より驚いたのは、脚が綺麗な事だった。

制服のスカートから覗いている太ももは適度に肉付きがよく、ふくらはぎから足首にかけてきゅっと締まっており、脚のモデルとして十分やっていけるのでは?と思うくらいだった。

A子は私の隣の課に配属されており、入社3年目の年に成人式を迎えたばかりだった。

私とはひと回り以上歳が離れていたが、最初から妙にウマが合い、そのうちに事務所でよく会話を交わす様になった。

当時、パソコンは1人1台の環境ではなく、事務所フロアの一区画に何台か置いてあり、課を問わずパソを使いたい人がそのコーナーに移動してパソコンを使うシステムだった。

私はそこでA子と隣り合わせになり、パソコンを打ちながら色々な話をした。

3年前に結婚した妻の事、2歳になったばかりの子供の事。

A子には同じ歳の彼がいて、彼女自身は結婚願望が強く早く結婚したいのだが、彼が若くてまだその気はないこと。

最近彼を説得して自分の親に会わせたが、それがきっかけでちょっと気まずくなってしまった事など、取り留めのない話を続けていた。

会って数ヶ月しか経っていないのに随分以前からの知り合いだった様に。

しかしその時点では性的な対象としては見ておらず、歳の離れた兄妹の様にお互い感じていたと思う。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月2日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談
1 / 2312345...1020...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ