ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【露出】デッサンモデルアルバイト【告白体験談】

結構な田舎に住んでたんだけど近所に引っ越ししてきた芸術家の子連れの夫婦がいた。

子供は女の子で中1で俺が当時中2。

あまり子供居なかったのもあり女の子と仲良くなり何度かお互いの家でゲームしたりDVD見たりした。

その子の家にはその子を書いた絵が何枚も飾ってあった。

ある時その母親からアルバイトしないかと言われ二つ返事したけど実は絵のモデルだった。

当然着衣だと思ってたが当日アトリエに行くとそこには女の子のヌードデッサンなんかも飾ってあったりして、当たり前にヌードだと言われて驚いた。

ちん毛がそこそこ生えてからは誰にも見せたこともなかったから無茶苦茶恥ずかしかったが先払いでお金貰ってて使ってしまった後で後には引けなかったな。

その母親とその知人らしい女性二人の前で脱ぐと特に目立った反応なく淡々と時間が過ぎて行ったな。

1番最初はただひたすら恥ずかしくて天井の角見てたら勃起しなかった。

でも休憩して次の時にポージングで3人の姿が見えるとさすがに勃起したよ。

勃起しだすと顔がニヤけてたけど、何も言われたりはなかった。

終わった後で少し言われたけど、その程度。

剥けてない、包茎って事は当事そんなに気にしてなかった。

それより陰毛生えてから男女問わずで初めて他人に晒した事が無茶苦茶恥ずかしかった。

その後暫くしてまた誘われたけど断ってしまって少し間が開いたけど、高校になってからバイト代一気に上げてくれて2回やったな。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||

2018年1月9日 | SEX告白体験談カテゴリー:露出の告白体験談

【乱交・王様ゲーム】近所の夫婦と夫婦交換【告白体験談】

私35歳 妻33歳 子供なし私の妻は、結婚前に2~3人の男と付き合いが有り処女ではありませんでした。セックスも、それなりのテクニックもあり夫婦生活も上手く行っています。

(2番目の彼氏にはプチSMやアナルも開発されたと妻から告白されました)この間の日曜日、妻が仲の良い近所の夫婦と、今度の土曜日に私たちの家で焼き肉パーティーをしたいと妻が言いました。私はそこの奥さんの姿を見ると、奥さんを頭の上から足の先まで食い入る様に見て

「こんな女と一発できたら幸せだな…それにあの尻たまらないな~]いつも目で犯していました。妻「あなた、聞いているの」

私「ああ~そうだね いつも奥さんにお世話になっているお礼もしなくてはね」

妻「え~何いつものて?」

私「いや いつもお前がお世話になっているからだよ」と私が言うと、

妻「OKね じゃ後で奥さんに言いに行くからね」そして、土曜日になり招待した時間にご主人と奥さんが来られました。私はご主人とは、挨拶する程度のお付き合いしかしてません。妻と奥さんは親友同士で、ショッピングとか食事によく行く仲です。妻「あなた 私と奥さんで支度するからご主人のお相手してくださいね。それとお世話になっているからお礼も言ってくださいよ」言ったので

私「いつも家内が奥さんにお世話になっています」とお礼の言葉を言いました。

すると、ご主人は、「いいえ、こちらこそ奥さんには色々とお世話になっています」と

ニャッとした顔で挨拶されました。私はその時のご主人の言った言葉が気になりましたがすぐに忘れてしまいました。その時妻が「パーティーの用意ができましたよ」と言ったので庭の方に移動しました。ご主人は「凄いご馳走ですね!家ではこんなお肉食べれませんよ」と言い椅子に座りました。私はご主人にビールを進め、2時間ぐらい世間話しをしました。妻も奥さんもビールがまわり4人で次第にHな話になり盛り上がってきた時、

ご主人が「旦那さんいい奥さんですね、いつもこんな綺麗でセクシーな奥さんを抱けるなんてうらやましいですよ」と言われました。私も「いや~旦那さんの奥さんもセクシーで魅力的で、それにあのお尻なんか最高ですよ。家内とは大違いですよ」と言いました。妻たちは「二人で何こそこそ話ししいてるの?私たちに聞かれたらまずいことなの」すると

ご主人は妻に「こんないい体の奥さんを抱ける旦那さんさんがうらやましいです」と奥さんの前で妻に言いました。すると奥さんは「あなた、どうせ私の体は奥さんと比べたら月とスッポンね」私も「どうして 奥さんの体もセクシーで私好みですよ。できたらお相手したいくらいです」

妻は「何言ってるの奥さんが困っているじゃ無いですか」

ご主人が「それじゃ 旦那さんに抱いてもらったら」

妻「ご冗談でしょう そんなこと出来るわけないでしょう…ねえ奥さん」と言いました。4人ともその場で笑いました。でも4人の頭の中の考えは同じだったと思います。それからの展開は4人の…いや私を除いた3人の筋書き通りに運んで行きました。知らぬは私だけ…


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | SEX告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【乱交・王様ゲーム】妻と2人で寝取られ旅行に出かけました【告白体験談】

初めて妻が私以外の男性に愛される一夜を経験しました。ある日、複数プレイのサイトを妻と2人で見ていました。

「自分の奥さんが目の前で他の男に抱かれるのってすごいよね」

と私が話し掛けた時、妻は食い入るように画面を見つめコメントを読んでいました。私は妻にマウスを渡し妻がどんなページに興味を引くか見ていました。

”Aさんが妻の奥深くに入れたまま、「中で出していいの?」と聞くと妻は「中に出してAさん気持ちいい、奥にいっぱい出して」と言いながらAさんにしがみついてAさんの張り詰めたペニスから注ぎ込まれる精液を気持ち良さそうに受け止めていました。”

このコメントと画像を見ながら妻は眼を潤ませていました。私がじっと妻を見ていることに気付いた妻は私に擦り寄ってきて

「すごいね、エロいね、あなたの前で他の人にされるなんて考えたら…」「お前、他の男としたいのか?」「うーん、ちょっと違うかな。あなたの目の前で他の人に抱かれるのってあなたが良いなら経験してみたいかも。ねぇーもし私が目の前で他の人とエッチしたらどうなるの?あなたはそれを見ながら独りエッチするの?」「どうだろうな」

私は声が震えました。妻が私以外の男に抱かれる事を想像して興奮していると思っただけでドキドキしてきました。私は勇気を絞って妻に言いました。

「なぁー一度だけしてみようか?」「何を?」「3P」「えーっ!あなたいいの?」「いや、お前がしてみたいなら…」「私はちょっと興味はあるけど、あなたは良いの?他の人のおちんちん入れられちゃうんだよ、他の人の精液を私に出されちゃうんだよ、ガマンできるの?」「中に出されたいのか?」「そりゃエッチしたら中に出して欲しいと思うわよ。あなた以外の人に出されるなんて考えたらなんだか想像しただけでゾクゾクしてきちゃった。」

その言葉を聞いただけで私は勃起してきました。他のページを見ながら色々な写真を二人で見ました。

「この布団の隣でお前がこうやって他の男に裸にされて、あそこを舐められるんだよな」「そうよ、他の人に愛撫されながらアーンアーンって悶えるのよ。どうする?」

妻がいたずらっぽく答えました。

「ねぇー立ってるの」

そう言いながら妻が私の股間に手を伸ばしました。私は勃起しているのを知られたくなくて腰を引いて逃げようとしました。しかし、妻に腰を捕まえられてパンツの上からペニスを掴まれてしまいました。

「あーーっやっぱり立ってる。男の人って自分の奥さんが他の男に抱かれるのって興奮するんだね、すごーいカチカチになってる」「お前が他の男のチンポを入れられるなんて考えたら変な気分になって...今まで感じた事ない気持ちなんだけど立ってきちゃったよ」

妻は私のパンツを脱がせ、ゆっくりとペニスをしごいてくれました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | SEX告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【乱交・王様ゲーム】混浴温泉からの 4【告白体験談】

「スゴくベチョベチョになってるよ」と言い恥ずかしめながら彼女の愛液を全部飲んであげて「お尻の方はどうする?」と聞いたら「わかんない」と言ったから肛門をペロペロと始めたら急に「アァ~ン」と狂ったように声を大きく荒らげてきて フェラチオどころじゃなくなったのか 「ア~ン…ア~ン…」と悶えて喜んで感じて ついに彼女がガマン出来なくなったのか「もう…早く!」と言ってきたので ボクは落ち着いて「ゴムはどうすんの?」とクンニしながら聞いたら 「ゴム付けないで」と言われ 正常位?それともバックからにする?「じゃあ…このままバックで!」と彼女が答えた しかし初めての挿入でバックは何となく顔が見えず、失礼な感じであまり気乗りしないので 「前からにしよっか?」とキスをしながらゆっくりとナマ挿入した。「あー!温かい」「シマリがイイですねー」「オッパイも揉んでいいですか?」「キスするよー」(あぁ ヤバいヤバい!、お世辞言うつもりでセリフを色々考えて並べてバコバコして喜ばせてあげたが 結構シマリがイイのでマジで出ちゃいそう、イカンイカン)「次はバックにしようか?」お尻を持ち上げ 高さを調節してからパコパコ……オッパイも後ろからモミモミ…背中にキスして 無理な体勢からお口にチューして…丸見えのお尻の穴を親指で優しく揉んで…(ヤバい 締まってきて爆発しちゃいそう…)(入り口がユルめで奥の締りはホントに最高タイプ)再び正常位に持ち込んでパコパコ&キスをしていたら あぁ!ヤバい!出…出…「もうダメそうなんだけどドコに?」そのまま出して!「えぇっ!」(もう見た目の年齢で閉経してるのは確実だけど 私はまだ若いんだと思わせる為に…)「生理 安全日…いや、妊娠は大丈夫なの?」「うん、今日は安全日だから」「じゃあ思いっきりこの前みたいにタップリと出させてもらいますよー、奥にだけどもイイの・・・・さんホントに?」あぁ ダメだ 出ちゃ…ドクドクドクドク…出ちゃったぁ…「あぁ!ナンか温かいのがピュッピュッ出てるのがわかるー」「あぁ まだ出そう チョロチョロチョロ…」「ナマだから良く感触がわかるんじゃないの?」「あぁータップリ出させて貰いました、アリガトウございました」「良かった?」「ハイ!最高でした」二人でネットリと唇と舌を絡めてベロチュウをしてから腕枕してマッタリしていたら お母さんがお風呂で待ってるからと娘さんが言い出したから膣にティッシュで蓋をしてあげて 二人で風呂場へ…「いゃー、最高でした」「ウフフ、良かったよ~」とお母さんに二人で報告した、ボクがかけ湯をせずに湯船に入り 母親の顔の前に立ち、愛液&精子まみれのフニャ棒をお清めフェラさせた、フゥ~とため息が自然と出てしまい あっ(ションベンしたい)「オシッコ出しちゃうから」と言って口から肉棒を離して 外に向かい「ねぇ持ってちょうだい~」とシャワーで壺洗いしてる娘さんに甘えて、ニコニコしてボクの肉棒を持ってくれて排水の溝の蓋を目がけてシャ~とオシッコを出してる様子を親娘二人にじっくりと見せ付けてやったW。オシッコを出し終わり 母親の方が桶にお湯を汲み チンチンを流してくれて 娘さんの方は飛び散ったボクの小便をシャワーで流してくれていた、再び母親の方の顔の前に立ち上がりフェラさせた、尿道口にまだションベンが残ってるだろうけど 母親の方だし…イイやって思い、気にしないでフェラチオをさせたらフニャチンが再び元気になりまして(ベッドに行けばクンニだのしなくちゃならないから……それに娘よりもっとブサイクな母親の方とはキスをしてあげたくないから)じゃあココでしちゃいましょうかねー 後ろからでイイですよね?立ってパコパコしますか?それともマットを敷いてワンワンバックでしますか?じゃあ…ワンワンでと言われ マットを敷いて 娘さんにシャワーでマットを洗い流してもらい 母親をモロ見えワンワンスタイルにさせて 脇にあったローションでオマンコ&肉棒をヌルヌルにして娘さんの目の前でズブリと奥まで挿入した、(バックで挿入だと娘よりもっとブサイクな顔も見ないで済むし、下を見ればアナル&挿入中のチンポのヌルヌルまで丸見えだしねW)ウーゥー声をあげていて 娘さんにヤキモチをやかせようとボクは意地悪を思い付き「もっとコッチに来て横から見て見てよー」「ほら!ズボズボでしょう~」とか「どう?イヤラシイ?」「お母さんのお尻の穴、見えるぅ?」「さっきウチらもこうだったんだよ!」とか 浅目にパコパコしながら娘さんに母親との交尾を見せ付けてあげた、母の方の白髪まじりのオマンコの感触は…娘さんとは違い 入口は少々ユル目で奥はガバガバの大海原タイプでした、しかし実の母親の事をガバガバだのユルいだの…けなすような事を娘さんの前で言える訳が無いから 足をなるべく閉じさせて腰を高くさせ、お尻の穴に親指を添えて、グリグリしながらバコバコしていたら多少はオマンコの穴の入り口が締まってきた、娘さんの時と違い 出せばオシマイだからデカいお尻を軽くつかんでマッサージしながら黙々とバコバコしていた、後ろ手でデカいオッパイも掴んであげた、娘さんがナマナマしいボクと母との結合部を横からガン見していたので 恥ずかしさを紛らわす為に「キスキス」と母親にバレないようにおねだりして二人でベロチュウしながらバコバコしていたら「あっ!ナンか出ちゃいそう、そろそろ出しますがいいですよね?」と聞いたら「ううん、イイよ」と ドコヘ出しましょうか?とも聞かずにお尻の穴を親指でグリグリしてあげながら母親のオマンコ入り口にドッピュ~と出しちゃった、あぁ~、内心は情けないが 娘さんの手前 仕方なく「コレで親子どんぶりですねー(笑)」と言うと「ウーゥ~ウー アァ…、よかった」と母親が…再び娘さんと顔を合わせ 母親にわからないようにチュっとキスした、フニャフニャになったのを引き抜き ワンワンスタイルの母親のオマンコを二本指でグリグリしてあげて 入り口付近で中出しした精子を指で掻き出して娘さんに見せてあげた、「ほーらイヤラシイでしょ?」(オマンコの奥で射精しちゃうと精子を掻き出して二人に見せてあげる事が出来ないと思い 浅く入り口付近で出したから指を入れたらスグに出てきてくれたワンワン状態でうなだれている母親を喜ばせてあげようと 精子まみれの二本指を見せてあげた「ありがとねー」と言いながら起き上がったから もしかしてボクにキスをしてくるかと思い キスを阻止する為に「じゃあ壺洗いしましょうね~」と言いながらシャワーを出してお尻を少し浮かせてシャワーのヘッドを絞ってガバガバのオマンコにお湯を当ててゴボゴボさせながら中をキレイにしてあげて 仲良く三人並んで再び湯船に浸かった、二人にセックスの感想をどうだったか聞いたら二人とも「良かったよぉ~」と言ってくれたのでボクは嬉しかった、しかも 親子どんぶりなんてもうこの先一生出来ないだろうし…まぁ ボクにとってはあくまでも母親の方はオマケだったが…結果的に考えると親子どんぶりでも良かったのかもと考えた、三人でマッタリと入浴してる途中 母親がオシッコをしたいと言い 湯船から上がったが もう二回戦も済ませたし二人のオマンコもバッチリ見させてもらったからオシッコを出してる所なんて見たい訳でもないからそのまま床にジャ~と放尿していたが気にしなかった、そしたら浴室中にオシッコのニオイが充満して、しかもコーヒーを飲んだ後の独特のニオイのオシッコで「コーヒー飲んだでしょ?」と聞いたら「何でわかるの?」「朝 三杯コーヒーを飲んだの」と母親が言い「やっぱりか!」(笑) 三人して大笑いしながら軽くシャワーして風呂場を出た、母親が夕方友だちと詩吟の習い事の約束をしてるらしく 残りのたこ焼きを食べながら着替えてホテルを出ようとフロントに電話したら「三人で入られたようなので1.5倍の料金になりますが宜しいでしょうか?」と言われ 受話器を持ってフロントのオバサンと話してるから親娘二人に相談も出来ず 「はいわかりました」と言い 二人に事情を話したら母親が「仕方ないじゃん 払わなくちゃならないモンは払わなくちゃ」と言い母親のカバンから財布を出し… ピンポンと呼び鈴の音が鳴り フロントのオバサンにお金を払ってくれた、三人で車に乗り 「楽しかったね~」「またパコパコしましょう」とか車の置いてあるスーパーに向かうまで話していた(笑)駐車場に着き 二人を降ろして「今日はイイ思いが出来て楽しかったです、二人のおかげです」と言い 運転席に乗ろうとした娘さんの方に小声で「また電話してもイイ?」と聞いたらウインクしながら無言でOKサインをしてくれたwww。今でもこうして連絡をたまに取り合い 母親の方とは一回こっきりだけだったが ボクの女房の目を盗んでは親子ほど歳が離れてるであろう彼女(娘さん)と月に一回はデートしてる、もちろんだが…アノ温泉にはもう絶対に行くなと言ってある(笑)。

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | SEX告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【逆レイプ】37歳童貞【告白体験談】

愛知県在住の37歳です。

恥ずかしながらこの年で童貞です。

自分よりずっと年下の10代の女の子に笑われながら、小バカにされながら、優しく童貞を奪われたいです。

色々教えてあげてもいいよって女の子、連絡待ってます。

挿入までしなくても舐めさせて頂けるだけでも満足です。

舐め犬として僕を使ってやって下さい。Astronomicalobservation xxne.jp

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||

2017年12月22日 | SEX告白体験談カテゴリー:逆レイプの告白体験談

【友達】混浴温泉で全裸オープン【告白体験談】

だいぶ前のことだが、親友のA子、私、それと付き合っていた男性2人と、混浴の大ジャングル温泉に行った。今はその温泉、混浴ではなくなったと聞いたがそれから行ってないのでよくは知らない。私とA子は普通のタオルを腰に巻いて横で結び、両腕で胸を隠しながら多くの湯船をまわった。湯に入る時と、お湯が流れている滑り台があり、滑ってみた。急な傾斜ではなかったが、バランスを崩し、へんな格好になり、タオルが外れてお乳もヘアもまるだしになって下に滑り降りた。A子が「なまじ隠そうとするからいけないのよ。はじめから隠さなければいいのよ」と言ってタオルを私に渡し、スッポンポンで滑り台の上に上り、そのまま滑ってきた。私も連れ合いの男性にタオルを渡し、同じようにお乳もヘアも丸出しで滑ってみた。連れ合いの男性はタオルを腰に着けたまま上手に滑っていた。私とA子二人がスッポンポンで何度も滑るのを楽しんでいたらいつの間にか大勢の男性が集まってきた。私達の連れ合いの男性は照れくさくまた恥ずかしくなったのか、少し離れた所に立って見ていた。私とA子も他の多くの男性に見詰められ、また小中学生のような子供も混じっていたのでこれはいけないと思い、滑るのをやめた。タオルは連れ合いの男性に渡してあった。集まってきた男性の前を、何も隠さず全裸オープンで、連れ合いのところまでゆっくり歩いて、タオルを受け取り腰に巻いた。滑っている時のみでなく、連れの男性の所へ行く間も大勢の男の人に私達の全裸ヘアヌードを観賞させてしまった。男性にヌードを見られるのは恥ずかしいけれどいやではなくちょっと楽しいと思った。この連れの男性が私達の今の夫で、今も混浴仲間で、4人であちこちの混浴温泉めぐりをしている。ヘアをちらりと見せたときの男性客の反応が面白い。でも湯からあがる時は何も隠さないスッポンポンの全裸ヘアヌードをお見せしている。私は混浴温泉で他の男子のおちんちんを見ることにはあまり興味が無いが、A子は他の男性のおちんちんを見るのも好きだそうだ。

SEX告白体験談関連タグ

|||||||

2014年12月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】勿体無いほど美形の人妻 変貌②【告白体験談】

結局その夜は他のカップルは来ません。私達とオーナー、オーナーの彼女達と乱交して遊びました。と言ってもほとんどS子一人を皆で嬲る・・・といったプレーですが・・・。アナルでもイクS子を、オーナーと私が両穴ファック。

女性人2人がペニスバンドを付けての両穴責め・・・私が口に挿入、オーナーはS子のアナル、女性がぺ二番でオマンコ等・・・ありとあらゆる変態プレーに興じて、S子は半狂乱状態でのイキ捲り。

一段落してオーナーに聞いてみると、彼女たちはオーナーが経営する数軒のスナック従業員で、

一人がオーナーの彼女、もう一人は彼女の友人との事。そんな彼女達とすっかり意気投合したS子。

彼女達は2人で同じマンションに住んでるらしく、S子も来ない?なんて誘われてます。S子も一人で私を待つ生活より、県庁所在地のマンションに住んだ方が色々と楽しそう・・・なんてまんざらでもない様子。

私の顔色を窺ってましたが・・・

私達はしばらくそのクラブに通いましたが、県庁世在地とは言え所詮ローカル。

他のカップルが来店する事は少なく、私達はより強い刺激を求めて都会のクラブに行ってみる事にしました。

やはりマンションの一室でシステムもほぼ同じ。

金曜日の夜が一番多いとの事です。

ドアが開くとやはり真っ暗、玄関横の小部屋に通され主宰者から説明を受けます。一通り説明を受けた後主宰者がこう言いました。〝大丈夫なんですか?”〝何が?”と聞くと〝彼女さんスゴイ美人だし、みんなからヤリまくられますよ・・・もちろん拒否しても構いませんが・・・”私は少し不安になりS子を見ると、S子の目は爛々と輝いています。

沢山の男達から犯され輪わされ、体中にザーメンを浴びる・・・S子の妄想。

シャワーを浴びバスタオルを巻いて部屋に入ると、すでに5組の先客が居ます。部屋は12畳ほど、暗めの真っ赤なライト・・・S子が入ると一斉に注がれる男性陣の視線・・・私達は空いたスペース寝ころびました。周りを見渡すと年齢層は20代から40前位まで。

既にカップル通しでプレーを始めている者も居て、女性の喘ぎ声も聞こえます。

私たちの両隣のカップルもプレーを始めたようで、〝クチャクチャ”と舌を絡め合う音が・・・私の隣では男性が舌を絡めながら女性の下腹部に手を入れています。女性はすでに濡れていたようで、〝クチャクチャ・・・”と卑猥な音が下腹部から・・・S子の隣は女性。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻】かわいいアナルを見せてごらん。人妻メール調教その3【告白体験談】

『ご主人様はどうですか?麻衣と出会ってから毎日刺激がありますか?』

徐々に調教に慣れていったある日の休日に

麻衣からこんなメールが届いた。。

『今日は1人で会社にいます…』

休日は迷惑にならないようにメールをすることは

お互い控えようという約束をしていた。。

家にいるときもメールはしないように…と。

それは麻衣が既婚者だからという配慮だった

調教に没頭すると頻繁にメールのやり取りをするようになり

警戒感や安全面への配慮が疎かになりがちだ

ただこの日は1人で出勤ということもあり

麻衣も普段とは違った会社での痴態をさらすことに

前日からドキドキしてたようだった。。

休日とはいえ出勤してきたり会社に用事がある人は

まったくないということはないので場所はいつもどおりトイレにした。。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月30日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【フェラ・クンニ】俺の初体験【告白体験談】

俺の初体験は大学を出て2年目の6月の半ばの会社の休みの日に、俺の職場で働いているパートさんだった。俺は大学を卒業して、生まれ故郷から2時間半位の地方都市に配属になった。あまり口上手でない俺は友人もなく、同僚とのそれほど親しくしている人はいなかった。そんな折、一緒に働いていたKさん(しばらくして知ったのですが、俺より一回り程年上で、なんでも離婚したバツ一だと同僚から聞いた。小柄ですが、明るくて、今まで俺の近くにいた女性では一番口をきいてくれ、内心素敵な人だと思っていた。正直、一人マスをする時、Kさんの裸身を想像しながらしてしたのも事実だった。そんな折、彼女から「今度の休み、なにか用事あるの?暇なら私の住まいに来ない。こんなおばさんでもよければ、家庭料理作ってあげるわよ」とやさしく言ってくれた。どうせマンションにいて弁当を買って缶ビールを片手に飲むしかなかった俺は、ラッキーと思い快諾した。

行くと○○コーポの2階の小さな住まいだった。バス。トイレと4.5畳くらいの台所と6畳位の部屋が2部屋あるようだった。

11時過ぎにお邪魔すると彼女はやさしく笑顔で迎えてくれた。仕事中と違い、細めのジーンズに白いセーターを着て長い髪を肩まで垂らしていた。「もうじき用意出来るから・・・」と鼻歌を歌いながら居間に料理を運んでくれた。俺の嗜好を知ってかのようにビールも出してくれて「今日は一緒に飲もうよ」と言った。おいしく食べ、飲んでいると「あっ、そうそう、私一人でいる時、独身時代からよくビデオを見ていたの。私バツ一だって知っているでしょう?離婚した時、私が持って行ったビデオデッキやテープ持って帰って来たんだけど、その中に前の旦那が買っていたものだと思うけど、それが1本入っていたの。コレとと手渡された。、見るとタイトルは「白昼の人妻」と書かれ、裸の女性の写真があった。彼女は「見てみる?」と俺の返事も聞かずデッキにテープを入れた。少しすると若い人妻が一人ベットで全裸になってオナニーをしているシーンが出て来た。隣のKさんを見ると丁度目が合ってしまった。「どう?こんなビデオ、男性はよく見るんでしょう?」と。俺は正直こんなビデオ見たことなかったし、アダルト本を買って、妄想しながらマスをかくパターンだった。Kさんはビデオを見ながら「私の離婚原因聞いてくれる?・・・24歳で結婚したの。相手は運送会社の運転手で、長距離を専門にしていたの。最初はやさしかったけど、次第に家に帰ることがなくなって来たの。聞くと好きな女性が出来た。・・・て。そうこうしているうちに全然帰って来なくなって。結局離婚することになったの。離婚まで9カ月だったの。と思い出すように遠くを見つめ、目頭を押さえた。ごめんね、いらないこと言ってしまって。」と。又二人は黙ってしばらくビデオを見ていた。俺は次第に興奮していくのが判った。あそこもおおきくなって来た。Kさんが口をきいた。「彼女はいないの?でも会社の中にはいないみたいね」と。俺は「こんな性格だから気軽に知らない女性に声も掛けられないし、彼女などいないよ。」と言うと、「女性との関係を持ったことはあるの?」と

聞くから「残念ながらまだ一人もいないよ」「ふーんそうなんだ。じゃあこんなビデオ刺激的ね」と聞くから「そう・・でも一度見たかった」と言うと「どんなタイプの女性が好きなの?」と俺の目を覗き込むようにして聞いて来た。俺は正直に「Kさんみたいに小柄で・・・やさしくて明るい人」と答えた。「そうなの?ありがとう。でも私みたいなおばさんであることを抜きにしてね」と言うので「そんなことないですよ。すごく素敵な人だと思っていました」と。もう2人で大ビール3本開けていた。

Kさんはしばらく俺の目を見つめた。俺は心の中で・・・俺がマスをかくときKさんを想像しながらしているのを見抜かれると思い、目を外した。Kさんは「じゃあ、私のこと思いながら、したことある?」とズバリ聞かれてしまった。お酒が入っていたからか、こんなビデオを見たからか判らないけど「・・・正直・・そうです」と答えてしまった。Kさんはしばらくビデオに目をやっていたが、立ちあがって、隣の部屋に行った。しばらくして出て来たKさんは、短いピンクのナイロンの透け透けの服?を着ていた。膝小僧の上までしかない。下に黒のブラとお揃いのお尻が丸出しの黒い紐状のパンティーがはっきり見えた。

俺はもう胸がドキドキでなにも言えない。Kさんは俺のところに来て黙って俺の手を取り隣の部屋に連れて行った。そこは彼女の寝室のようだ。ポツンとベットが置かれていた。目で合図するかのように俺をベットに座らせると。穿いていたファスナーに手をかけ足元から脱がしてくれた。上はシャツいちまいだったからすっぽり逃がせて、パンツに手をかけ一気に足元へ落とした。もうその時は俺のぺニスは戦闘状態だった。それを見た彼女か「あらあら、やはり若いわね。と言うと片方の手でそれを握り「仰向けになって・・・私がしてあげるわ・・」と言うとかぶさるようにして俺のペニスを口に含んだ。なんとも口にすることが出来ない気持ちのよさだった。少しすると俺は射精感が近づいたのが判る。それを感じたのかKさんは「もう・・・出るの?いいわよ、いっぱい出して」と言うと再度口に含むと俺のペニスを口から出し入れいた。・・何度も何度も射精した。終わった後Kさんは自分でピンクの着ているモノ、ブラ、パンティーと脱ぎ全裸になった。Kさんは「これが女性の裸よ。おばさんの裸だけど・・・」と胸を俺の顔の前に突き出した。俺は夢中でその胸を触り、口をはわした。Kさんは自分であおむけに寝た。Kさんの身体の中心部には黒々とした陰毛があった。俺はそこに顔をやると、Kさんは両脚を開き脚を高く上げた。股間に顔を突っ込みがむしゃらにそこを舐めた。Kさんは俺の後頭を抱くように身体に擦りつけるようにした。しばらくするとKさんは俺のいきりたったペニスを握りと枕の傍からなにか取り出した。「コレ避妊用のゴムよ、妊娠するといけないからつけるね」

というとするりと俺のぺニスにゴムをつけ股間に誘導してくれた。するりと入った。なんとも言えない快感だった。Kさんは「好きに腰を動かせて・・」と弓なりに腰を上げた。そして射精した。しばらく終わった後二人とも仰向けになって息を整えた。「どうだった?所体験の感想は?」と聞くので「最高だったよ」と。その後二人シャワー室へ行った。まじまじと見る彼女の裸身はきれいだった。いつの間にかもう俺のペニスは勃起していた。彼女はそれを握りいっぱいのソープをつけて洗ってくれた。バスタオルで肌を拭いた後、二人とも裸のまま居間に行った。俺をソファーに座らせ、Kさんは俺の前に立ち、「よく見てよ。女性の裸ってこんなものよ。そしてここが今貴方のおちんちんが入ったとこ」と片脚をソファーに乗せてあそこを見せてくれた。その後、後ろ向きになって、腰を突き出し、どうこのポーズの方が、見えやすい?」とアナルまで丸見えだった。

もう俺のぺニスははちきれそうだった。彼女はそんな俺のペニスを見ると俺が座っている太ももに手を置くと後ろ向きになり俺のぺニスを握りゆっくりと腰を下した。やわらかくて温かい彼女の中に俺の勃起したペニスは吸い込まれた。そのままの姿勢でしばらくいた。俺は後ろ向きの彼女を後ろから両方の手で胸を揉んだ、初めて彼女のくちから言葉が発せられた。「すごいわ、もう2度も射精したのに、こんなに元気になって。私のあそこは貴方のものでいっぱいよ。久しぶりだわ。気持ちいい。あなたのおちんちん最高よ。・・・」と。それから夜遅くまで全裸の二人は、抱きあったり、又してもあそこに出したり入れたり、口に含んだりした。翌朝、Kさんに会うとにやりと笑った。誰もいないところでは私の股間を軽く触り揉んでくれた。「今度いつくる?ほしくなったらいつでもいいのよ。・・・私は毎日ほしい・・・」と小さな声で言った。その日、マンションンに着くやメールが入った。Kさんからだった。「さっき、かっこいいこと言っちゃったけど、これから来て、抱いてほしいの。昨日のように・・・貴方のおちんちんがほしい。もう濡れ濡れよ・・・」と。俺が彼女のコーポに行き、ドアを開けるとなんとKさんは

全裸だった。居間に通されるとすぐに俺のズボンとパンツを足元まで脱がせ、口に含んだ。「もう駄目。すっかりとりこになってしまったわ。私の事。貴方の性欲処理でいいわ。おしっこをする便器であってもいいわ。はやくしたい・・・」と。そこで俺のペニスは爆発した。その晩Kさんの希望で69の体位を教えてもらい、お互いの陰毛が邪魔になるからとお風呂に行き、お互いに陰毛をすべて剃り落とした。剃っている間おれは十分に女性のあそこを見ることが出来た。彼女も必要以上にあそこを見せてくれたんだと思う。

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月15日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【友達】4カップルで、脱衣麻雀【告白体験談】

夏に俺と女房を含む4カップルで温泉に出かけた時、

4組のカップルで脱衣麻雀やった時の話を。

まずは登場人物の紹介。

友人Aはこないだ結婚したばかり、彼女(27)は小雪似の細身の色白美人、胸はBかCくらい。

友人Bは婚約中、彼女の麻紀(25)はロリ顔、幼児体型の小柄な大人しめの女の子。

友人Cは6年前に結婚した子持ち、奥さんの由美は年上の32、少しぽっちゃり系。

俺は結婚3年目、女房の藍(26)は細身で巨乳Fの持ち主。

2泊3日の旅行の初日夜、温泉に入って飯もくい、Aの部屋で酒も散々かっくらって

盛り上がりも一段落した頃、Aが「麻雀かりてやらね?」といいだした。

女房連はブーたれていたがおまえ等も参加しろ、というと

ルールもわからんくせに集まり始めた。

「じゃあ脱衣麻雀な?」

と突然Aが言い出すと、それまでの飲みで下ネタ話してた影響もあってか

「エ〜」とか「ヤダー」位の反対しかない。これはイけるなと思い、

男衆はルールを決めることにした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ