ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【中出し】【寝取られ】接待の続きで大事なお客さんを我が家に招くことになった【告白体験談】

千葉県/田中パパさん(40代)からの投稿

—-

私は中小企業で営業課長をしている45歳のサラリーマンです。

娘も去年他県の私立大学に合格し、1人暮らしをしています。

家のローンに娘への仕送りと出費が多く、妻も昨年からパートで仕事を始めました。

私の会社も景気が良いとは言えず、ボーナスも毎年減少傾向にありました。

そんな時、営業で出向いた建築会社から大きな仕事の話が入ったんです。

部長を始め、社長にまで

「頼むぞ!会社の存続が掛っている仕事だから」

と言われ、注目の的でした。

話はとんとん拍子に進み、社長の勧めもあって相手先を接待する事になりました。

当日、部長と待ち合わせ場所の料亭に向かうと、既に取引先の方がお見えになっていました。

「すいません、遅くなってしまって」

「まぁ気にしないで・・・我々も今着いたばかりですから」

初めて見る2人と名刺交換をすると社長(緒方社長)と専務(高橋専務)だったんです。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月10日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【マニア】クラス一の美少女からいじめを受けたら、父親がその両親を借金漬けにした【告白体験談】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿

—-

前の話:金融業を営んでいた私の父、その懺悔録

金融業を始め手広く事業を展開していた私の父親は「金は力」と私に叩き込みました。

「金は力」を痛感した中学校の時のお話です。

私は入学してすぐにクラスで一番可愛い女の子に目をつけられていじめられました。

理由は、その子をちやほやしなかったからです。

その子の取り巻きのような不良に殴られました。

殴られて帰宅した夜に、私の様子がおかしかったのでしょう。

父親に問い詰められて、いじめられたことを話しました。

次の日から、父親の仕事を手伝っている男二人が私を送り迎えするようになり、殴られることもなくなりました。

二ヶ月ほどして、いじめの首謀者ともいうべきクラス一可愛い女の子、その頃には当時人気のアイドルに似ていたことから「つかさ」とあだ名されていました。

どういうわけか、つかさが

「一緒に帰ろう」

と誘ってきました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:マニアックな告白体験談

【中出し】憧れのリサ先輩を借金漬けにして、性奴隷に落とした【告白体験談】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿

—-

前回の話:クラス一の美少女からいじめを受けたら、父親がその両親を借金漬けにした

金融業を始め手広く事業を展開していた私の父親は異常な人だったかもしれません。

幼い頃から、金融、法律、経営を私に仕込み、「金は力」を私の脳髄に叩きこんだ父。

敵や自分を裏切った者には情け容赦なく、叩き潰す姿を幼い頃から、私に見せ続けた父。

父は毎晩のように女達を責め、その様子を私は覗き見て育ちました。

齢五十歳近くになり、家族も友達もいない、異常な人生を歩いてきたのはそのせいかもしれません。

それでも、その異常な人生をやめることができないのです。

昨夜も私は一人の女を責めました。

「あぁ恥ずかしい・・・・・・」

「恥ずかしいのはイヤか?」

素っ裸で尻を高く掲げてこちらに向けて、四つん這いの姿で、リサは身悶えていました。

「イヤです」

「なら、やめてもいいんだよ。自己破産して全てを失えば恥ずかしい思いをしなくて済むんだから」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【マニア】金融業を営んでいた私の父、その懺悔録【告白体験談】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿

—-

五十歳近くになって、気づいたのは友達がいないことだった。

それは子供の時からそうだった。

先祖代々の土地持ちで、手広く事業をしていた父親は金融業も営んでいた。

子供の頃、父親の部屋からは女性のすすり泣きや喘ぎ声がよく聞こえてきた。

「許して・・・・・・」

「返しますから・・・・・・」

借金を背負った女性達を父親は金の力でオモチャにしていた。

俺の母親は俺が五歳の時にガンで死んだ。

父親にとっては好都合だったのかもしれない。

自由に女性達をオモチャにできるのだから。

「金は力だ。力のない者は何もできない」

が口癖だった父親は、俺に金儲けの仕方を叩きこんだ。

幼稚園も小学校も家に帰ってから友達と遊んだことはない。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月29日 | SEX告白体験談カテゴリー:マニアックな告白体験談

【中出し】【レイプ】幼い容姿をした同級生を脅し、ヤンキー仲間達と輪姦して中出ししてやった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺は頭が悪く、勉強が嫌いだったので高校は地域でも一番バカが集まる高校へ入学した。

頭の悪い高校には大概ヤンキーか単純に頭の悪いやつ、女もヤンキーかギャル、そして頭の悪い女が集まる。

そして入学してしばらくすると大体仲間のグループが決まってくるのだが、やはり似た者同士が必然と集まるようになった。

俺もどちらかといえばヤンキー気質なところがあったので、大体クラスのワルと群れてる事が多かった。

そして俺たちが高校3年生になった時の事だ。

同じクラスの女子に菜月という女がいた。

この女は身長145センチくらいしかない痩せ型、まあ顔はどちらかと言えば可愛い顔つきで、とても高校生とは思えない、まるで小学生のような風貌だった。

菜月はあまり明るい方ではなく、勉強もできなくてとにかく鈍臭い。

そんな性格が、クラスのギャル系女子からは凄くウザがられていた。

そんな菜月は度々クラスの女子からイジメを受けているようだった。

俺は当時まったく興味がなかったから別になんとも思っていなかったのだが、ある日仲間との会話で信じられない噂を聞いた。

「おい、あの菜月が援交したらしいぞ?」

「は?マジで言ってんの?あんなお子ちゃまがか?」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】裏路地でレイプを目撃し、覗いてたら犯人に見つかった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

去年の夏の頃、大学帰りにいつもの道を歩いてたら女の人の悲鳴が聞こえた。

そこは駅からの近道で、人気のない裏道で地元の人しか知らない。歩いて近づくと、

「やめてぇ!いやぁ!」

と草の垣根の奥から聞こえてきた。

そっと覗いてみたら、街灯の光で僅かに女性の足が見えた。

目が慣れると女性の足と男の下半身が見えて、男が腰を動かしていた。

マジかよ!と見てたら、必死に抵抗する女の首を絞めながら

「叫んだら首おるぞ」

と脅し、

「いやっ!」

と苦しそうに声を上げてる女。そして男は激しく腰を動かすと

「やめてぇ!出さないで!」

と叫ぶ女を引っ叩くと大人しくなった女に


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月11日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【フェラ・クンニ】学校帰りの中学生を待ち伏せして後ろ手錠を掛け、廃工場内で犯した【告白体験談】

東京都/名無しさんからの投稿

—-

俺は、世間で言うところの炉理だ。

ただ、気の弱い俺は普段は、電車で通勤時にセーラー服を見かけたときなども、降りるときに混雑のドサクサにまぎれて尻をひと撫でするくらいしかできないチキン野郎ではあるが、もっと触りたい、できればおっぱいやらまんこを生で触りたい、触るだけでなく舐めてみたい。

ちんこをしゃぶらせたい、できれば生で交尾し、種付け(中出し)と注に対する欲望が日々募り、ついに大願成就を果たすべく、某地方都市(田舎)に遠征を決意した。

某地方都市といっても数年前までは仕事の都合でその近所に住んでいたこともあり、ある程度土地勘のある土地を選んだ。

決行にあたって中学校の位置や、民家や畑の場所やその死角、道路の交通量や通行人などや、廃工場や壊れかけた農小屋などの実際に注を襲い連れ込む候補となる場所などを再度事前にリサーチ。

いざ勇気を出して、夏のある日に決行となった。

その日は朝から猛暑といえる暑い日で、そのため畑仕事をする人などもほとんどおらず、外で行き交うほとんどは部活で中学校に通う中学生くらい。

あとは、一人で部活に行く、または帰る生徒をうまく捕獲できるかどうかだけとなった。

午前中は、いいターゲットがいたと思ったら不幸にも近くに通行人がいたり友達連れだったり、不細工に限って一人だったりと失敗続きだった。

午後に入り、部活帰りのターゲットを発見。

ただ、友達連れのためそう簡単にアタックを決行することは出来ない。

難しそうだなと思いながらも、もろタイプのターゲットだったため、気づかれないようにとりあえず尾行してみることにした。

第1連れ込みポイントの農小屋を通過し、第2連れ込みポイントの廃工場に差し掛かろうとしてた時、幸運なことに友達と別れてターゲットは一人となった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月2日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【中出し】【レイプ】3年前に寿退社した清楚なT子を風俗街で見かけた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺は朝のモーニング割引きで一発抜いてから営業に行こうと考え、会社から飛び出してヘルス街にやってきた。

呼び込みの声を聞き流しながら今日の店を選んで歩いていると、まだ午前中とはいっても俺と同じような連中が何人か店を選んでいる。

そこで、顔見知りの女を見かけた。

3年前に会社を寿退社した、営業2課のT子だ。

他人の目を避けるように俯き加減に急ぎ足で左から横切るように右の路地に入った。

この清楚な雰囲気が出ている女には不釣り合いな裏路地を歩いて、数メートル先の高級ヘルスにボーイに頭を下げながら店の中に消えていった。

昔、何度も残業と嘘をついてT子のロッカーから制服やストッキングを取り出し匂いを嗅ぎながらオナニーをしたものだ。

その精液を制服の裏地に塗りつけたり歯ブラシに付着させ、昼休みに給湯室で磨く姿を想像してさらに勃起するという俺の憧れのズリネタだった。

3年前、学生時代から付き合った男と結婚しすぐに子どもができたと噂で聞いていた。

結婚式で見たT子の花嫁衣装。

今でも頭の中で、バックから突き上げるようにレイプしている俺。

よし、今日の相手はもう決まった!

T子に抜いてもらおうと店に飛び込むと、金額なんか気にすることなく今入った女の子を指名したいとボーイに伝えた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月30日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【フェラ・クンニ】チンコを同級生に見せたいという欲求のせいで面倒なことになった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

『ちんこを見せたい。それも同級生に』

それが始まりだった。

露出癖に気づいた俺は、高校内での露出法を考えた。

偶然を装う以外に方法はない考え抜いて、ある方法に至った。

うちの高校では体操着に着替える時、女子は更衣室、男子は教室で着替える事になっていた。

多くの男子は女子がまだ教室に残っていても平気で着替えるし、女子も気にしない。

そこが狙い目だった。

ある体育の授業前、俺の横の席にいる美里に見せる事にした。

ぺんぎんのような体だが、愛嬌のある娘だった。

その娘が床にある鞄から体育着を取り出す時に、俺は制服のズボンを脱いだ。

美里が顔を上げるタイミングを見計らってハーフパンツを穿くように足を上げる。

トランクの隙間からちんこを覗かせたのだ。

美里はびっくりしたように視線を下げた。そして下げた目線をゆるゆると上げ、俺の股間をもう一度見た。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年12月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【フェラ・クンニ】教え子の中学生にイカされて目覚めてしまった【告白体験談】

中学校教員さん(20代)からの投稿

—-

当時、私は音大を卒業し、音楽を担当する教師として公立の中学校に勤めていました。

音大に入学した当時は、ピアノで身を立てていくことを夢見て一日中大学の防音室でひたすらピアノを弾き続ける生活をしていました。

ピアノ一本を生業の糧として生きていく、そんな夢が叶うのはほんの一握りの才能ある人間に限られていることはわかっていましたが、私は何度かコンクールでも入賞し、自分がその一握りの人間に入っているのだと信じていました。

青春のすべてをピアノに捧げた私でしたが現実はそんなに甘くはなく、結局は手元に残ったのは、音楽の教師の免状だけでした。

大学を卒業して勤め始めた学校は特に問題となるような生徒もおらず、三年目には合唱部の顧問も任されるようになりました。

そんな頃、先輩教師であった夫と結ばれて、それなりに幸せな新婚生活と充実した教師生活を送っていました。

夫は初婚でしたが私よりも20歳も年上で、教師としてもベテラン中のベテランで、新米の教師であった私が面倒を見てもらううちに自然とそのような仲になったのでした。

私の初めての人は夫でした。

夫の家にお邪魔をして、学校行事の打ち合わせをしていた後、自然に抱き合って気がつくと唇を合わせていました。

私は頭の中が真っ白になり、一枚一枚身に着けているものを脱がされていくのを抗うこともせず、気がついたら全裸にされていました。

私は胸が小さいのがコンプレックスで、腕で胸を隠していましたが、夫はそんな私に、

「可愛いよ、もっとちゃんと見せて」

そう言って優しく私の腕を胸から引き剥がすと、ゴツゴツとした掌で私の乳房を包みました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談
1 / 1812345...10...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ