ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 エロシーン 【告白体験談】

その晩、富田が食事に連れて行ってくれたのは焼肉店であった。



焼肉店と言ってもそれぞれの席が個室になっていて、店内には大きな揃ったワインセラーまで完備しているという高級焼肉店だ。



アルコールは取らなかったが、富田と山井は本当によく肉を食べる。



一皿何千円もする高級肉を次々と口に放り込んでいく2人の食欲に、果歩は驚きの表情を見せていた。





そして食事を終えると、3人は富田のマンションへと向かった。





山井 「ご馳走様でした富田さん、いやぁマジ美味いっスねぇあの店。」



果歩 「ほんとに美味しかったです。でもまたご馳走になっちゃって…。」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月9日 | SEX告白体験談カテゴリー:寝取られの告白体験談

【初体験】オタ後輩 【告白体験談】

俺は10人程在籍してるオタサークルに所属していた。

ぶっちゃけ女子と話すのは苦手中の苦手だが、オタっぽい男子とはかなり話せるので、俺は二年の初めのサークル勧誘のビラ配りをさせられていた。

オタっぽそうな男子に狙いを絞って配っていくと、声をかけられた。

振り向いたら、俺より2〜30cm引くそうな子がそこにいた。

俺は175cmなので、かなり小さい。小学生くらいの背丈である。

「ここって…どんなサークルっすか…?」

「あっ、机出ししてるから、寄っていく?」

「いえ…ここでちょっと聞くだけでいいんで…」

軽く説明したら小さくお辞儀をして、去って行った。キャスケット帽子を深く被り、ダボダボなパーカーを着ていたが、髪の長さと声からして、女子なのだということは分かった。

そして、その女子がサークルにやってきた。



新入生達と会話するのも、俺である。上級生たちはコミュ障だからって俺に押し付けてきやがる…この女子、妙に俺と作品等の趣味が合う。俺達は一気に話しこんでしまった。

明るく話す内に、その女子のスペックはある程度分かった。

仮名N、一年浪人で夏で二十歳になる。149cm(長い間150cmを越えられないらしいw)、周りにオタ友達がいない田舎からこちらの大学に来て、そういう交友関係を作りたかったらしい。

話す中で帽子を取った顔を見たが、可愛い可愛くないというより、すごい童顔なのである。ランドセルを着せて小学校に侵入させても問題ないレベルww


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||

2014年1月11日 | SEX告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【学校】秘部はトロトロの準処女【告白体験談】

5年ほど前、掲示板で若くて馬鹿そうな書き込みに誘ってみた。



挿入なし、キスなし、お触りと手コキで条件合意して待ち合わせに行くとどう見てもJCだ。家の近くなのか、スウェット上下で来た。



髪は黒いがヘタな化粧でヤンキーに憧れてる感丸出し。初回は条件どおりで車中ですませたら○○が欲しくなったのか、2回目もリクエストされた。



2回目に会ったときは同じ条件だったが、化粧してこない条件にしてホテルにいくことにした。ヤンキーなので言葉遣いは悪く、偉そうな態度がきになるが、顔は結構かわいかった。



1回目のときの手マンが効いたのか、抵抗なく触らせてくれる。秘部はすでにトロトロだった。



シャワーも浴びずに服を1枚1枚脱がしていき、車中ではよく見えなかった身体は上物だ。身長150ないくらいで、細身、胸はBくらいだが、乳首が全然発達していなくて肌色。吸うと先っちょがちょっと膨れて硬くなる程度。



アソコもきれいで、処女ではないが、彼氏一人しか経験ないっぽい。が、本人はいっぱいやってるようなことを言う。 いかにも背伸びのヤンキーだ。



手マンで相当感じていたが、きれいなピンク皮に包まれたクリに吸いつくと両足を痙攣させながらイッてしまった。ちょっと甘いJCのジュースを心行くまで味わった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年9月20日 | SEX告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【人妻】同窓会で再会したM子のお尻を舐めさせてもらった【告白体験談】

この間同級会があったんだけど、1次会の昔話でよくM子の靴の匂いかいでたよと冗談交じりに言った。

「あはは!うちの旦那と同じ!あはは!」

と笑ってた。

隣同士で飲んでて太ももをチラチラ何回か見ていたら、M子が耳もとで

「足好きなの?直接足の匂い嗅いでみる?」

って言われた後、

「どこの匂いが好きなの?どんな事したいの?性癖教えてくれたら何かしてあげる」

そう言われて脇の下とお尻の穴舐めたいと言ったら、M子は凄くびっくりして

「今日は凄く暑くて汗かいてるけど大丈夫なの?」

「ウンいっぱい舐めたい」

と言ったら、やらしいズボンの上からナニをモミモミしてきて、

「半立ちだね。ここも見せてくれたらどこでも舐めさせてあげる」

と言われた途中でばっくれて二人でトイレに入った。

最初にパンツとズボン脱いで、M子がさわさわしてきた3分位して

「最初脇舐めさせて」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||

2013年7月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ