ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【中出し】シスコンの義弟と作戦を練って、寝てる義弟のデカマラを嫁にフェラさせてみた【告白体験談】

たかさん(30代)からの投稿

—-

嫁と、嫁の弟と3Pした話しです。

ここんところ嫁とはマンネリ気味で、寝取らせ願望が生まれてきた俺。

嫁が他人のチンコで乱れる姿を見てみたいが、ドロドロした関係に発展するのは嫌なので、妄想の中だけで止めてた。

そしてある時、義弟とサシで飲む機会があって、その折になんと義弟がシスコンだと暴露してきた。

義弟は実の姉、すなわち俺の嫁の事が好きらしい。

根掘り葉掘り誘導尋問していくと、嫁に異性としての魅力も感じてるとの事で、さらにぶっちゃけさせると、未だに嫁をオカズにオナニーもしているとの事。

おいおい・・・^^;

って言う俺も思春期には実の姉に欲情して、寝ている姉に擦り付けたり姉の手でオナニーしたりしてたから、義弟の話を聞いても拒否反応はなかった^^;

むしろ安全に(?)嫁を寝取らせる絶好のチャンスだと思い、なんとか義弟を交えて嫁と3Pしてみたくなった。

ただ、以前嫁と近親相姦系について話題になった時、すごい嫌悪感を示してたからハードルは高い。

しかも、嫁は義弟に対しては姉としての矜恃を未だに失わず、いつもお姉さんぶって接しているのを日頃から見ている。

そんな嫁に面と向かって実の弟との3Pを提案しても、泣かれるか激昂されるか離婚届を出されるかわかったものではない。

そこで義弟と相談した結果、次の作戦を決行することにした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【人妻】お見合いでついてきた親戚の叔母さん【告白体験談】

名無しさん(40代)からの投稿

—-

40代タカオです。

10年前のことです。当時のオレはバツ1で彼女なし!

教師の友人は、同僚先生の姪っ子との見合い話を持ってきました。

断る理由もないので承諾して会場の居酒屋へ友人と向かい、個室へ通されると既に相手方は着席していました。

見合い相手とおぼしき女性は思いっきり恥ずかしそうです。

一緒に紹介した方と、あと2名の女性がいました。何でも、心配でついてきたそうです。

母方の叔母さんと遠縁の叔母さん。友人の同僚の方は父方の叔母さんだそうです。

なんとも面白い見合いが始まりました。

見合い相手を”わたくしさん”とします。

わたくしさんは終始恥ずかしそうで、会話もままならず全て叔母さん達が交互に答えます。

オレへの質問も叔母さん達からです。

わたくしさんとまともに会話したのは家族構成ぐらい!

30にもなって、挨拶もまともにできないお嬢様はオレはNGで早く帰りたかったのですが、叔母さん達が異常に面白く、飲み会は大盛り上がり!


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月20日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【中出し】彼女が高校生の時、親戚のおじさんにレイプされたらしい【告白体験談】

てーさん(20代)からの投稿

—-

前回の話:【NTR願望】混浴で一緒になったおっさんと彼女が一晩中交わっていた

彼女であるみーちゃんの性体験シリーズ(?)になります。

まずはスペック紹介。

年齢は27歳(当時16歳の高校1年生)で黒髪ロング。

身長は160cmないくらい。体重はわからないが太ってない。

痩せすぎってわけでもない。足の肉付は個人的に好き。

美人というわけではない(どちらかといえば可愛い系)、イメージは学生で言うなら図書委員とかやってそうな感じというか雰囲気。

ちなみにパイパン。で、胸はAカップの貧乳。

今回は彼女の過去話をば。

わりとAさんやそのほか行きずりの年配の方に従順に従ってしまうというか、簡単に股を開いてしまう彼女ですが、何か理由とかないのかなぁと思って聞いてみたらこの話が出てきました。

思ったより壮絶ではあったような、なかったような。

ちなみに彼女は割りとこの時の事を覚えているらしく、どれくらい覚えてるかというと当事者の言葉を9割方忘れてないレベル。

それを思い出してもらいつつ、状況描写も補足を入れながら聞いたのを文章にしますね。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【中出し】旅行中、叔父の息子が寝てる嫁のおっぱいを触ってきたらしい【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

夏に親戚とコテージに泊った時のこと。

我が家は私と妻(31歳)、長女(5カ月)の3人。

あとは実家の両親と、おじ夫婦とその末っ子Nくんが参加者。

ちなみに妻のスペック。

身長155センチ、体重46キロ、当時は授乳中のため、見た感じではDカップくらいはあったかも。性格は結構軽め。

コテージは山の中腹にあって、家族が泊るように部屋が4つあった。

そのコテージを1つ借りて一泊二日の予定だった。

我が家はそもそも子供が小さいこともあって参加を遠慮したが、両親の孫が見たいという希望と、Nくんが子供好きで良く面倒をみるからということで押し切られた。

妻も最近、子供の夜泣きが酷いこともあって疲れ気味で、あまり乗り気ではなかったがしぶしぶ同意。

片道3時間をかけてコテージに向かった。

コテージには先に着いた叔父夫婦がいた。

途中で両親を乗せて運転してきた俺はもうクタクタで、いきなり座敷でごろごろしていた。

すると、外で遊んでいたNくんが帰ってきた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年1月8日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【小中学生】中学の頃にオナニーしてるところを従兄に見られた・・・!【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

中学の頃、同じ学校に通っていた従兄弟にオナニーしてるところを撮影→男子に公開された。

発端はそもそも、従兄弟が私の家に勝手に上がりこみ(身内は自由に上がってもいいような田舎)、自分のベッドでオナニー中の私を目撃したところから。

いつもは布団被ってやるんだけど、その日は何故か漫画のエロワードにやたらと反応してしまって、我慢できずに制服のまましていた。

スカートは穿いてたけど、下穿きの短パンに手を突っ込んで足を開いたり閉じたりしていた私はさぞ間抜けに見えたんじゃないかな・・・。

従兄弟も、俺が手伝ってやろうか(ニヤリ)・・・いやぁ、ダメ・・・なんて展開にはならず、

「え、お前何やってんの?」

って様子でびっくりしてた(笑)

私はもちろん、恥ずかしいやら血の気が引いてそれどころじゃなくなったのやらで慌てて起き上がり、後は何を言われても

「何でもない」

で通してた(笑)

その日は結局、従兄弟は何も言わずに帰った。

何を言われるのかとびくびくしていた私は拍子抜けしたが、次の日学校に行っても何かおかしな事を言われるわけでもなかったので、見なかった事にしてくれたのだと思い、その事は忘れる事にした。

しかし数日後、学校から帰った私の部屋に、何故かいる従兄。(R君)


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月23日 | SEX告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

【中出し】箱入り娘な従妹が受験のために我が家に3日間滞在することになった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

これは私が高校2年生の時のお話です。

この年の冬、従妹(当時中学3年生)が3日間だけ私の家に滞在する事になりました。

理由は高校受験のためです。

都内にある某有名私立高校を志望していたのですが、彼女の家からだと始発に乗らないと試験開始時間に間に合わないのです。

私の家からだと30~40分もあれば行けるという事で、ウチに泊まる事になりました。

でも、始発に乗らないと遅刻するような遠方の学校に合格しても、通うのが凄く大変です。

私だったら、そんな高校は受験しません。

ただ彼女は、どうしてもその学校に行きたかったそうです。

まぁその辺の事情は置いておきます。

従妹(仮に名前を”春菜”とします)とは年に1回くらいのペースで会っていました。

ただ去年は会っていなかったので、2年ぶりの再会です。

母親から春菜が泊まりに来ると聞いた時は、

「あー久しぶりだなぁ。少しは女の子らしくなったかな?」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年12月5日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【フェラ・クンニ】ドアを開けたら受験生の義弟がオナニーしてる真っ最中だった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

主人は九州出身で、男ばかりの3人兄弟です。

去年の冬、主人の一番下の弟が大学受験のために、京都に住む私達のところへ1ヶ月ほど泊まりに来る事になりました。

弟は主人よりハンサムでしたが、私も結婚して2年目になったばかりなので、彼を男性として意識したりはしていませんでした。

何より、まだ高校生の彼が子供に見えてたし。

彼が来てから1週間ぐらい経った時、主人が入れ替わりに東京に3日間の出張をする事になりました。

夫が出張に行った日に、ちょうど彼の第一志望のK大の試験があったので、夜に夫から電話がかかって来て

「どうだった?」

と聞くので、私は

「まぁまぁだったみたいだけど、『1つつまらないミスした』って、気にしていたみたい」

と言うと、

「あいつは細かい事気にするからなぁ。『K大ぐらいならお前の実力なら楽勝だから気にすんな』って言っておいてくれよ」

なんて言っていました。

私は主人の言葉を伝えるついでに、昼間作ったクッキーと紅茶を持って彼の部屋に入って行きました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年12月2日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【中出し】【レイプ】弟が8歳も年下の若い嫁を貰い、以前から羨ましいと思っていた【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

先日弟の嫁、麻緒が来た。

おふくろの着物をやるから、と以前から話してた着物を受け取りに実家に1人で来ていた。

弟の嫁はまだ22歳。弟は末っ子で30歳。

8歳も年下の若い嫁をもらって羨ましいと以前から思っていた。

ちなみに俺はもう46歳になる・・・。

弟の嫁は清純を絵に描いたような女で、地元女子高を卒業して地元の小さい会社に勤めていた。

純粋と言うか世間知らずで、人を疑う事を知らない本当に可愛い女だった。

こういう女を奴隷にしたらいいだろうなぁ・・・そう思いながら下半身を勃起させていた。

麻緒に、着物の他に漬け物や毛布など色んなものをたくさん持たせてしまい、とても持って帰れる量じゃなくなったので、俺は自分のおふくろと嫁に言って、ここから町まで30分ほどかかる町まで車で送っていく事にした。

夕方になっていたので峠に入った時はもう外は真っ暗だった。

俺は助手席に座っている麻緒の細くて白い脚をチラチラ見ながら弟の話とか夜のセックスの事も聞いてやった。

早く子供作れと説教すると

「頑張ってはいるけど、出来ないんです」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年11月29日 | SEX告白体験談カテゴリー:中出しの告白体験談

【おっぱい】【母娘丼】大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した【告白体験談】

東京都/トモさん(20代)からの投稿

—-

叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。

叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。

都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。

大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。

まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでいて胸の大きな叔母が大好きだった。

自分の容姿が標準以下であることに気づいていなかった頃、そんなボクは結婚したばかりの叔母に纏わりついて

「一緒にお風呂に入りたい」

とせがんでみたり、叔母の腰に抱きついてみたりしては叔父に冷ややかな目を向けられていたのが子供心にも分かっていたのだけれど、叔母は嫌がりもせずにボクをお風呂に入れてくれていた。

大きなおっぱいで、色白の叔母は子供の目から見ても本当に綺麗だった。

一緒に湯船に浸かりながら無邪気なふりをして叔母のおっぱいに触ったり、背中から抱きついてみせたりした。

極めつきには、黒い草むらを目の当たりにした時には股間が何だかもぞもぞしていた。

しばらくして従妹が産まれて、それからも10年くらいは近所に住んでいた叔父一家だったが、その後、叔父の仕事の関係でボクの田舎とは別の地方に引っ越してしまった。

叔母に会えなくなったのは残念だったけど、ボクはボクで大学に入ってから実家から足が遠のいて田舎に戻ることも滅多になかったので、それからはすっかり疎遠になってしまった。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】密かに恋心を抱いてた若い叔母と従妹の3人でお風呂に入ることになった【告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

オレが小6の時、父方の祖母が末期ガンで入院した。

いよいよ危ないという知らせを受けた翌日、学校を休んだ1人っ子のオレは、両親に連れられて車で5時間ほどの父の実家へと向かった。

それから3日間ほど、両親は父の兄弟や親類と共に寝ずの看病をしていた。

その間オレはというと、父の実家周辺で暮らす親戚のうちを転々としていたが、顔馴染みの叔父叔母やいとこ達と過ごす事に何の抵抗もなかった。

だが、祖母の危篤状態という事で皆一様に表情は暗かったのを覚えている。

当時オレは発育が遅く、まだ小4と言ってもおかしくないほど小さかった。

しかしオナーニだけは覚えが早く、当時は既に友達が万引きしてきたエロ本を借りては親の目を盗んでシコシコしていた。

女体に対する好奇心も人一倍あったと思う。

そして3日目の夜、その日は父の弟の家に泊まる事になった。

内心オレは小躍りしたくなるほど喜んだ。

なぜならそこには親戚中でも評判の美人で若い奥さんがいるからである。

オレにとっては血縁のない叔母であるが、小さい頃からとても可愛がられた。

そしてオレは、その叔母の美しさと優しさに恋心にも似たものを抱いていた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年10月20日 | SEX告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ