ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【小中学生】やりたい放題やられたい放題-02- 【告白体験談】

夏休み編です

夏休みに入り 佐和子先生のマンションに泊まりに行く事になり

当時の成績 佐和子先生の、おまけで 今で言う 5と4 そこそこの成績でした

両親には 勉強をみっちり教えてもらい 通知表オール5を目指す為と 佐和子先生からも親に説明してもらい

佐和子先生のマンションに着替えを持って 7月末までの1週間の予定で

部屋に入ると 佐和子先生は 上下黒のブラとパンツで待っていた 当然 全裸にさせられ

ベッドに座っている佐和子先生の前に座らされ、足を舐めなさいと 左右の足をOKが出るまで

指一本一本 舐めさせられ ベッドに仰向けに寝かされ 佐和子先生は顔に跨りマンコを

舌が痛くなるまで 舐め続けさせられた 向きを変え お尻の穴まで舐めさせられ

ここで 初めてフェラを体験 小学生のちんこは勃起していても やっぱり小さいが 佐和子先生が

俺の上に乗り SEX 当然精子など出るわけがない 逝く逝かないというより

佐和子先生が 満足したら終りという SEXだった 気持ちが良かったのは 今でも憶えているが

こんな事ばっかりしていたら 成績が上がらないので 当然勉強もきっちり 教えてもらったが

ここにも佐和子先生の作ったルールがあった そのルールも佐和子先生が有利になるように出来ているなんて

当時の俺には 考えもしなかった 10分でこの問題が解けなかったら 往復ビンタ10発と言われ


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月30日 | SEX告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

【小中学生】やりたい放題やられたい放題-01-【告白体験談】

続き物で長くなりますが、すべて真実です

某学園の初等部 中等部 高等部、社会人になり 今現在の進行している話です

始まりは、当時 小学4年生(10歳)の俺は 新任の大学卒業したての担任 佐和子先生の事を 甘くみていました

授業は聞かず 男友達女友達と大騒ぎ クラスの中心にいてる やんちゃグループのリーダー的存在

当時は怖いもの無しって感じの やりたい放題 GWが過ぎた頃から 佐和子先生の態度が急変してきました

子供心にも解かる位 自分に対する態度が クラスの皆がいてる前で 

先生が教師になって始めてビンタしますって いきなり往復ビンタされ シュンとしていると 放課後 皆が帰った後に

残され 今まで見たことのない 目がすわった顔で 胸ぐらを捕まれ 私の事なめてるん?って聞かれ 

なめてませんって答えたが 佐和子先生の怒りはピークを超えていて

いきなり 金玉を握られ 『このまま握り潰したろか?』 潰す潰さないの、やりとりが続き

マジでびびる俺を 楽しむ佐和子先生 いきなりKISSをして 股間を触られ 

唇が離れると同時に 顔中に唾をかけられ 震えながら 立つ俺に 『びびってるん? かわいいやん』どすの利いた声で

教室からトイレに連れて行かれ (角に教室があり その横がトイレ 放課後は誰も使わない 北側のトイレ) 

服を脱げっと言われ 全裸にされた 佐和子先生もスカート パンスト パンティーを脱ぎ ブラウス ブラを外し全裸

それを見た俺は びびりながらも股間は何故か勃起している もちろん顔は佐和子先生の唾だらけ 


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月30日 | SEX告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

【アニメ】エロノートC【告白体験談】

タイム風呂敷で5歳若くなり、変態さんに幼女奴隷として貸し出されたしずかちゃんへの拷問は続いている。

《ごめんなさい、もう許して》というしずかちゃんに《しずかちゃんは何も悪くないんだから、あやまらなくてもいいんだよ。ただ拷問を受けていればいいんだよ》と男はいった。《あそこは最後に破壊するとして、まず、左のおっぱいを拷問しよう。)そういうと男は、ペンチ、はさみ、ライター、針、釘・・・をとりだした。

そして針をちいさなおっぱいにさした。

《うぎゃああああ》叫び声が響く。

左のおっぱいは針だらけだ。

次に男は

左のおっぱいに釘を差し込んだねじ式のやつだ。ぐりぐり繰りまわしていくと肉を巻き込みながら中に入っていく。

《いだああああああああ%$##$$%$#$%&%$$#$$%%&&’&’’&&%%$$##”%%%》

しずかちゃんの叫び声が絶え間なく聞こえる。

次に男は左のおっぱいの針と釘を男はライターであぶりだした。表面だけでなく中から乳房が焼けていく痛みにしずかはさらに大きな叫び声をだした。

《%$#$%%&”!#$$%%&!!”##$$%&’’’》

ただもう言葉にはなっていない。

しずかが気を失いぐったりしたところで、男はペンチで釘をいっきに引抜きだした。ねじ式の釘に肉の破片がついている。

しずかはあまりの激痛に目を覚ましさけんでいる。

《%$#$%%&”!#$$%%&!!”##$$%&’’’》


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年11月30日 | SEX告白体験談カテゴリー:アニメキャラの告白体験談

【近親相姦】堕ちていく、私、【告白体験談】

私は小学5年生で、義父に処女を奪われました。でも、世間で言われる性的虐待って感じではなかった。

義父は、とても優しかったし、姦通も無理せずに、徐々に慣らしてくれた。母が他界して頼れるのが義父だけって状況下だったけど、私は毎日、義父の帰宅を心待にして、玄関でご奉仕フェラが、日課だった。

あの夜までは、

ある夜、いつも通りに、玄関でご奉仕フェラ。そして、お尻を突きだしフリフリして、おねだりすると、

(マジかよ)って声が、中年2人が、私と義父の結合部分を凝視して、鼻息を荒げてる。何が何だか?な私を2人は、義父から引き離した。

ヌポッて音をたてて引き離され。

輪姦されました。この2人に、義父は麻雀の借金が、あったんです。

義父の為なら、

これくらいと、まだ愛情があった。でも、義父は鬼畜だった。毎晩、客を取らされました中3までに、中絶を2回しました。

はやくから、

家を出る決心をしていたので、学校で、先生相手に、援交して稼ぎ。中学卒業と共に、上京しました。16の女の子には、冷たい街だった。

ウリしか仕事が無くて、でも状況は違う、自由の為の対価だし、私は、童顔だから、

パイパンにして、中1って誤魔化せば、客には困らなかった。18になってプーの彼氏が出来て、彼氏名義で部屋を借りて、住所を確保して、専門学校に通い。

就職した。二十代は、5〜6人の彼氏ができたけど、

不の連鎖かな、


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:近親相姦の告白体験談

【大学生】セックスシステムの果てに【告白体験談】

俺は飲食店の店長をしている。

忙しい中、店員が減り急募したが、募集が無くて、半ば仕方無く、中国人留学生を、雇った。採用から一月後に時給を上げろと言ってきた。

しかし、片言で仕事も中途半端、

時給を上げる、理由は皆無で、

断ると、夜中に、部屋にやってきた。チェーン越しに話していたが、どうにも話しの要領が掴めないから、帰る様に促すと、泣きわめきだした。

世間体もあるから部屋に入れたら、直ぐに、

服を脱ぎだした。不味いと思ったが、採用理由が可愛くてスタイル抜群って事も手伝って、

気持ちとは、裏腹に息子はパンツを突き破る程にギンギンだ、ベットに押し倒し、キスをして胸を揉み上げ、乳首を舌で舐めながら、アソコを指で刺激すると、アンアン喘ぎだした。

喘ぎ声は万国共通だな何て思いながら、アソコを舐めようとしたが、ツンってすえた臭いに吐き気がした。

何と風呂に1週間入って無いらしい。入浴させて、体を洗い流し風呂でいただいたが、

バージンだった。

何でも、国では、中流家庭だが父親の年収は50万円程度で学費と生活費は日中留学生制度を利用して、問題ないが生活費は月に6万円で風呂なしの部屋で1日1食仕送りまでしてるらしく、残り在学2年を 愛人契約を交わした。仕事を辞めさせ、部屋も引き上げさせて、同棲して食費と月に5万の小遣いを与えた。

とにもかくにも、帰国するまで、

体をもてあそんだ、アナルセックス、アナル舐め、イマラチオ、青姦、顔射、精飲、

、ハメ撮り。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年11月28日 | SEX告白体験談カテゴリー:大学生との告白体験談

【小中学生】地震でNO,2【告白体験談】

こんにちは。面白くてまた投稿してしまいました。実は、このころ勉強をしてなくて少し順位が下がってしまいました。S君はまた学年1位なのですが2位だった私が8位になってしまいました。お母さんは軽くまた頑張れと言っただけですが、S君はとても怒っていました。今日は、俺の部屋に来て勉強だと言われたのですが、たまには、私の部屋でやりたいと思ったので私の部屋でやりました。勉強はしました。でも私のおまんこには、バイブが入っていて、問題を間違えるたびにその強さは強くなるのです。もう、だめです。私はS君に「もう駄目、はぁ、あん、S君のチンチンほしいよう」S君はにやりと笑い、このテストを合格してからね。といい私をずっと見ていました。1時間後やっと合格しやっと中出しできました。今度またやったらまたお仕置きだからと言い捨て行きました。私はまたお仕置き受けようかなと思っちゃいました。

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年11月25日 | SEX告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

【小中学生】地震でNO,1【告白体験談】

今日は、付き合った一日目と言うことで、母親にウソをついて二人でラブホヘ向かった。S君はほんとにドエスでSMプレイの道具を一杯持っていた。私もSMプレイをずっと憧れていたのでやっても良いとおもっていた。まず最初は、手足縛られのバイブを使い5回続けて言っちゃた。そのあと、アナルボールをやりさすがの私も気絶してしまった。そのあとはS君を気持ち良くするために、S君のものを口に入れ、おしっこや精子すべてを飲み込んだ。私のものは、S君に満たされたととても快感だった。S君は両親が出張中なので家に泊まった。ねるときは、S君のものを私の中に入れて、すごく気持ちよかった。明日はさすがに帰ったけどまたやりたいと思う。

 

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年11月25日 | SEX告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

【大学生】大学へ入学した頃【告白体験談】

私が大学へ入学した頃のことです。

下宿ではなく学生寮で生活し、友達もでき特に仲の良い友人も二人できました。

AとBです。ある日その二人と私の部屋でいつものようにエロ本などを見てゴロゴロしていると、突然Aが「おれ、死ぬまで射精する縛り方を知っとるぞ。」といいました。

私とBはどんな縛り方かすかさず聞きましたが「教えて欲しかったら縛らせろ」といいました。

私は非常に興味を持ったのですが、自分が縛られるのが嫌だったのでBに「お前がやれ」と言いました。

当然Bも私にやれと言いました。決定権はAにありました。

「お前(私)にしよう。」・・・きまりました。

「裸にされるのだろうな、縛られるのだろうなペニスも隠せないだろうな」と思い嫌でしたが男どうし風呂も一緒に入ることだし、また射精する縛り方とはどんなものか・・とも思い了解してしまいました。今から考えるととんでもなく恥ずかしい格好をさせられるのが解っていながらよく納得したなと思います。

まずAは細い紐を持ってきてハサミで50cm位にカットし、真ん中で小さな輪を作りました。

その際、勃起時のペニス径を聞かれ ワンサイズ小さい方が締って良いとのことで、輪を縮められました。

この時点でペニスを縛られるという事が解りました。

次に紐の両端をなげ縄の様に縮む輪を作りました。これは手首を入れるとのことです。

そして試しに私の手首を入れ輪を縮めると一番縮まったところで結び団子を作り、一度縮まった輪が緩むことは緩むが簡単に緩まないようにしました。

これで両手も拘束される事がわかりました。

出来上がったのは 両端の大きな輪をつなぐ中間に小さな輪がある紐でした。こんな物で大の男の自由を奪う事が出来るのだろうか、まして死ぬまで射精するというのは本当だろうか、これからどうなるのだろうか、裸で両手の自由を奪われて且つペニスまで縛られるとはどんな姿になるのだろうか。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年11月17日 | SEX告白体験談カテゴリー:大学生との告白体験談

【大学生】淳ちゃん【告白体験談】

彼女は淳ちゃんといい、僕とは大学に入学してから出会った仲だった。

見た目だけしっかり者、だけどなんだか抜けているところがとても可愛い。

セミロングの今時珍しい黒い髪、整った目鼻立ちで胸はそこそこ、

身長は168cmと少し高め、人並み程度の僕の隣にいてくれる女の子としては

とても不釣り合いで、恐れ多いほど。

それでも仲間内からは「お似合い」とか言われて、悪い気はしなかった。

そんな彼女が「雑誌のモデルにスカウトされた」と僕に自慢してきたのは、

先週のことだった。彼女の「でも、断ろっかなー」という…おそらくは僕が

「すごいね、やってみれば?」というのを期待しての言葉に、もちろん、

背中を押した。

でもそれは、彼女が他の人に無理矢理されるのを見てみたい、という

性癖を持った僕が、それ系サイトに応募して仕組んだアングルだったりする。

もちろんカメラマンとスタイリストはグルだし。さらに依頼した僕も僕だ。

当然最後は、もう行くところまで…というのが約束だった。

「モデル料入ったらごちそうしてあげる」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:大学生との告白体験談

【高校生】イッちゃうんッ♪【告白体験談】

私の名前をA、彼氏の名前をDとして話をします。

高校1年のとき私ゎDと言う彼氏と付き合ってました。

今日ゎ私の誕生日でDの家で遊んでると、

プレゼントと言ってラッピングされた箱を渡しました。

嬉しくて中を見てみると、ピアスてバイブ…とローターです…。

Dが着けてあげるといって、パンツをぬがしてバイブを中にいれてきます。

『ん…ふぅッ…あッん』ぼこぼこしててメチャ気持ちかッたです。

そのあとローターをクリトリスにセットされ、パンツをはきました。

いきなりスイッチをいれてきて…

『キャッあぅん…あぁぁぁッヤッ…』

中くらいの強さでヤバいくらい気持ちよくてイッちゃいました。

『そんなに良かった?買い物いこっか?』ッて言って歩き初めました。

人がとても多くて、

たまにスイッチをいれてきてあそこわ大洪水…

ラブホに入って風呂でフェラしてあげてあそこにゎまだバイブから動いてます。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年11月14日 | SEX告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談
20 / 22« 先頭...10...1819202122

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ