ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】ブロンド美女からスパンキング【告白体験談】

幼少からMの気がある男です

小学生の時に川原でSM本を見つけて拍車がかかりました

とくにぶたれることへの興味は大きく、中学になったころ英語の辞書で【スパンキング】という単語を知り

そこに「(罰として、子供の)尻を叩くこと」と書かれていました

こんな単語があるほど海外では一般的なのかと感動すら覚えたのですが、同時に悔しさもありました

どうして自分はそういった国の子供に産まれなかったのか

スパンキングへの強い憧れが捨てられず、僕はある行動に出てしまいます英語の授業は海外からメアリー先生という外国人教師を招いて行っていて

先生が帰国するまでの期間に必ずひとつ英語で質問をするようにと課題が言い渡されていました

先に質問をしてくれた子のおかげで先生には子供がふたりいることがわかっていたので

僕は思いきって、怒ってお尻を叩いたことがあるかどうか聞いてみようと思ったのです

ただ授業中に聞くのはどうかと思い

質問の答えを記入するプリントを持って昼休みに先生のところへ行くと

『う~ん、放課後でもいいかしら?』と職員室を出たところで追い返されてしまいました

僕の頭に悪い考えがよぎります

お尻を叩いたことがありますかなんて普通は質問しないし、他の先生に相談されたらどうしよう


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月26日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻】俺の初体験【告白体験談】

高校3年生のとき、俺は空手部の主将であり、身長も187cmでした。

部活の帰り道に親友がナンパしようといいだして、俺は男には強いが

女にはめっぽう弱いんですが、それはひたすら隠していた。

親友にもばれないように勇気を振り絞り、女性に声をかけた。

何人にも断られあきらめかけてはいたんですけど、一人はすごく可愛くて

一人はまぁまぁってとこの二人組を発見し、声をかけるとあっさりOK

4人で喫茶店に入り、いろいろとしゃべったんですけど、その女の人は21歳で

二人とも年上。名前は覚えていません。

俺と親友は電車通学なのですが、学校の最寄駅からは逆方向なんです。

俺とその女の人とは同じ方向で、親友は悔しがりながら帰っていきました。

その女の人の降りる駅は俺が降りる駅の一つ手前で、もっとしゃべりたかったな

と思いつつ、しゃべってたら綺麗な女の人のほうがアパート寄っていく?

っていうので俺は内心どきどきで承諾しました。

アパートに入るなり、二人はひそひそ話をしていたんですけど俺は気にせず

そのひそひそ話を見ていました。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月4日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】人妻調教【告白体験談】

19で学生してた時に38の人妻と掲示板経由で知り合う。

年上だったけど失恋直後だったのもあり、特に会うつもりなくメールしてた。

色々話しているうちに、旦那の浮気で酒浸りということが判明。

冷やかしがてらちょこちょこ話を聞いていたら、

男は上司のエリート写真の旦那しか知らない、30の頃まで痴漢にあっていた、ということがわかった。

程良く良い女の気配がしたから、つかず離れずで彼女が出来てもなんとなくメールを続ける。

そのうち一度会ってみたいという連絡があったので「セックス無しでわざわざ遠くに会いに行くなんて無理」

とふざけて言ってみた。

本人まさか年下男に実際にセックスの相手にされるなんて思ってなかったようで

「どうせ会ったらセックスしたくなくなるだろう」とたかをくくって会ってみる事にしたそうな。

待ち合わせの場所に先回りして、遠くから容姿を確認してみたら

細身で清楚なまずまずな主婦登場。

チンコに相談してみたところOKだったので、会うなりタクシー呼んで乗り込む。

訝しがる運ちゃんに「一番近くのラブホテルまで」と人妻さんにメモ渡して言わせる。

真っ赤な表情で、うつむいて。パニック顔のままホテルに到着。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月31日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】かわいいアナルを見せてごらん。人妻メール調教その3【告白体験談】

『ご主人様はどうですか?麻衣と出会ってから毎日刺激がありますか?』

徐々に調教に慣れていったある日の休日に

麻衣からこんなメールが届いた。。

『今日は1人で会社にいます…』

休日は迷惑にならないようにメールをすることは

お互い控えようという約束をしていた。。

家にいるときもメールはしないように…と。

それは麻衣が既婚者だからという配慮だった

調教に没頭すると頻繁にメールのやり取りをするようになり

警戒感や安全面への配慮が疎かになりがちだ

ただこの日は1人で出勤ということもあり

麻衣も普段とは違った会社での痴態をさらすことに

前日からドキドキしてたようだった。。

休日とはいえ出勤してきたり会社に用事がある人は

まったくないということはないので場所はいつもどおりトイレにした。。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月30日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻】妻の変貌【告白体験談】

妻は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。

年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。

皆さんの様に自慢と言える位の美人ではありませんが、胸はDカップ程あり

身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたい位なんです。そんな妻への不満を友人は、真剣に聞いてくれました。

ある日の事、友人と飲みながら妻の愚痴をこぼしていた時です。

「俺の友人で、女の扱いが上手いやつ居るんだけど・・・奥さんの事話してみたんだ」

「へぇ~・・でどうだった?」

「ん~彼に言わせれば、数日で淫乱な女になるって自慢げに言ってた!」

「出来る訳無いよ!本当堅物で、入れると痛いって怒るし・・・無理無理」

「一度、彼に会って話してみるか?」

「あ~いいよ。今すぐにでも・・・」 酔った勢いもあった。

「ちょっと電話してみるよ」

そんな訳で、友人の友人Aさんに会う事になったんです。

20分程して、Aさんが現れました。

凄くカッコいい感じで、体もガッチリした体育会系で、話も落ち着いた感じで信頼がおける人でした。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||

2014年7月29日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】私のこといっぱい犯してください・・・・その3【告白体験談】

俺はローターをクリに当てながらバイブを友香の入り口に軽く当てスイッチを入れた

うねうねと友香のぐちょぐちょの入り口で動く

友香はびくびくとしまくりながらそして腰をいやらしく動かしながら喘ぎ声をあげる

俺は聞いた

「ほらっ、つっこんで欲しいのか?」

「入れて欲しいです…」

友香は言った

俺はスイッチを切り一気につっこんだ

ぬるぬるのあそこは太いバイブをにゅるっといとも簡単に呑み込んだ

と同時に

「あ”ぁぁー」

と今日一番の大きな声をあげた

「まだイくんじゃないぞ」

と念を押しバイブのスイッチを入れた

友香の中でウィンウィンと動き出す


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月25日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】亀頭の恩返し【告白体験談】

大胆にも、キーワードに「SM」を選びますた。

しかしSMといっても、皮革製の鞭でしばかれたり、縄で絞められたり、ロウソクの火を浴びせられたりするわけではありません。

ソフト系SMというやつでしょうか。

男の性をもてあそばれることに快感を覚えてしまうことに、同じ年齢の彼女から教え込まれますた。

場所はラブホテルでした。

互いにシャワーを浴びた後でした。

僕はその時、海水パンツ一枚だけの丸裸の格好で待つように指示されて、バスタブを羽織ってベッドに腰掛けていますた。

そのあとで彼女が登場しますた。

スカート姿の光沢のある黒のボンテージの衣装で、風格ある歩き方で登場しますた。

女体のラインがくっきりした格好ですた。

登場して僕の前に立つと、「バスタブを脱いで」と言われますた。

脱ぐと、彼女から目をそらさずに見続けるように強いられますた。

彼女の艶めかしい姿態に、鼓動が次第に高まりますた。

とても良いタイミングで、「見たかったら、すぐ近くで見てもいいよ。でも、触っちゃ駄目よ」と言われますた。

言われた通り、近くで見させてもらうことにしますた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月24日 | SEX告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】わたしのこといっぱい犯してください・・・・その4【告白体験談】

俺はベッドの横に椅子を置き座り友香に言った

「こっち向いてやれよ」

友香は入り口をバイブで少しいじりそして中にゆっくりと差し込んでいく

「あふっ…」

吐息のような声を漏らしながら出し入れを始めた

「スイッチをいれろ!」

と俺が言うと素直にいれ続きを始めた

「友香のま○こぐちょぐちょだぞ!この淫乱女がっ!」

等と友香に言葉をかけるたびに友香は

「いやっ…言わないで…」

「見ないで…恥ずかしい…」

みたいなことを言っていた

見られながらオナニーをするのは初めてか聞くと初めてと答えていた

最初は少し恥ずかしかったのか手つきがたどたどしかったが言葉責めをしている

内に興奮してきたのか段々と出し入れが早くなってきた


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月23日 | SEX告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【フェラ・クンニ】便器ちゃん【告白体験談】

みんなの前でうんことゲロを食べた結果みんなから便女と呼ばれるようになっていた。便女は今は裸で俺の机の下で俺のちんぽをなめている。《今日1日でクラスの男子20人のザーメンを飲むこと》これが今日書いたことだ。俺の大量のザーメンを飲んだ後、次の男子の机の下に入っていった。慣れてないやつはすぐにいってしまうようだ。すぐまた横の男子の机に移動していった。

(じゅるじゅるんんんじゅるる)卑猥な音が聞こえる。20人のザーメンを飲み終わったのは昼休みだった。便女をトイレに呼び

犯した。そしておれは、今日の本当の命令を告げた。

(俺はインターネットで日本中の変態の拷問をさがした。それを今日から1つずつ便女に試していくから楽しみにしていろ、毎日夜23時から1時の2時間だ)

便女は何か叫んでいたが聞く気はない。

そして夜、おれはどこでもドアで便女の家に行き便女を歯医者に連れ出した。裸で診察台に乗せノートに《いまから2時間口を閉じることはできない》と書いた。これで口は拷問が終わるまで開いたままだ、

おびえる便所のきれいな奥歯をおれは削りだした。(きゅいーん)という耳さわりな音とともに歯が削れて行く。

3分ほどで神経が出てきたのだろう

便女が叫びだした(うがああああああああああ、うぎゃあああああ)口が閉じれないためうめくような叫び声だ。

一度手を止めて休憩した。痛みは持続させるより断続的に与えるほうが効き目があるし、休まないと俺の手も疲れる。10分ほど休憩して再び削りだしてやった。(うぎゃああああ・・&%#$”&%$#!”#$%&%$#&&%$#$%&%%$$$%%&&&&%%%$$$%%%&&&%%%$$%%&&&&&&)この言葉にならない叫び声が俺は大好きだ。

休憩

削り。(うぎゃああああ・・&%#$”&%$#!”#$%&%$#&&%$#$%&%%$$$%%&&&&%%%$$$%%%&&&%%%$$%%&&&&&&)

休憩

削り。(うぎゃああああ・・&%#$”&%$#!”#$%&%$#&&%$#$%&%%$$$%%&&&&%%%$$$%%%&&&%%%$$%%&&&&&&)

何回か繰り返したとき便女は白目をむき痙攣しだした。俺は歯を削りながら便女にまたがり、犯した。その後タイム風呂敷で歯を治し部屋に戻して眠らせた。


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月22日 | SEX告白体験談カテゴリー:フェラ・クンニの告白体験談

【人妻】妻を常務に預けてしまった(5)【告白体験談】

 妻を常務に預けてしまった(5) 妻の雅美は、旅行から戻って常務を愛しているように思えた。雅美も悩んでいた。幾ら財産が貰えるからと言って常務の子供を妊娠することに少なからず抵抗を持っていた。旅行からはピルも服用していなかった。その後のセックスは生で行い膣の中に出している。妊娠は時間の問題のように思えていた。「雅美、俺のDNAを後世に残してくれ、お願いする。癌が進行している。雅美とセックスできる期間も残されていない」

 常務が涙を零しながら雅美に訴えた。その涙には抵抗できなかった。

「私、常務の子供を産みます。妊娠させてください」

「妊娠するように頑張ろう」

 二人は、抱きあって身体を重ねていた。常務も生きて来た証を残すために最後の奮闘を御粉っていた。 私にも常務から内線があった。常務の部屋に入ると常務が土下座した。

「君には不服かもしれないが雅美が妊娠することを許してくれ。俺の残された命は僅かしかない。俺の血の繋がった子孫を後世に残して置きたい。俺が愛している雅美に産んで貰いたいのだ」

「雅美は、承知したのですか」

「雅美は、承知してくれたが主人が心配だと言っていたので—–その代り、俺の全財産を君達に相続する」

「—-常務、椅子に座ってください」「解ってくれたか—ありがとう。ありがとう—-もうすぐに弁護士が来る」

「弁護士が—-」

「俺の財産を君達に譲渡する段取りをしてくれる弁護士なのだ」 ドアがノックされた。

「高見と申します。常務、身体は大丈夫ですか」

「医師からは恐らく半年と言われた。俺はいつ死んでも良くなった。この間、話したように雅美が妊娠したら私の財産を雅美夫婦に譲渡するようにして貰いたい」

「譲渡すると譲渡の税金が50%になります。ここは雅美さんに書類上だけ離婚して貰い、妊娠、出産まで待ちます。配偶者は財産の1/2を相続する権利が発生します。無駄に税金を支払うこともないです」

「ご主人、私の話に納得して貰えますね」


このSEX告白体験談を読む »

SEX告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月21日 | SEX告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ